サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ41話最新話と感想!回帰前のキイラ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」41話のネタバレと感想をまとめてみました!

キイラを心配し続けたジョゼフ。

その想いはなかなか伝わりません。

実は私が本物だった41話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ41話最新話と感想!回帰前のキイラ

キイラの動揺

物語は一旦回帰前に戻ります。

コゼットが現れたことで、キイラはとても神経をとがらせていました。

先日行った討伐作戦で破損してしまった遺跡について、復興作業を開始したことをジョゼフが報告します。

 

皇室からの圧迫もあるため急がなくてはならず、ジョゼフは人手を増やすために、騎士団からも追加で投入する予定だと伝えました。

キイラから来月中に完了する日程で進めるよう言われ、短すぎる日程に抗議しかけますが、自分のことを見くびっているのかと返されてしまいます。

初めはコゼットを警戒していた人々が支持側につき始め、ジョゼフはこうも簡単に公女を裏切るのかと複雑な気持ちを抱えていました。

 

報告が終わったなら戻るよう言われ、ジョゼフは我に返ります。

帰り道キイラの部屋を見上げながら、大丈夫なのかと心配する気持ちはなくなりません。

心配するジョゼフ

騎士団の訓練を終え、ジョゼフは剣を磨いています。

コゼットの出現により、キイラは強制的に団長の職からも退かされてしまい、訓練場に姿を見せなくなっていました。

平静を装ってはいるが不安だろうと、ジョゼフはキイラの状況を心配しています。

 

バインベルクの主張はキイラの人生を否定するようなものであり、自分の存在を疑われるのは辛いことです。

考え込んでいると草むらから音が聞こえ、覗いてみるとキイラが一人で訓練をしていました。

手が滑ってしまし手の甲からは血が流れ、目には涙を浮かべています。

ふたりの関係

ジョゼフは見ないふりをすることなどできず、慌てて駆け寄ります。

かすり傷だから大丈夫だと驚くキイラに、涙を浮かべていたと言いかけると、キイラの頭の中には貴族たちが母や自分の存在を疑う声が響いてきました。

 

キイラの表情はこわばり、自分に同情しているのかとジョゼフを睨みつけます。

あなたが思っているほど弱い人間じゃないと激昂するキイラは、他人の助けなんかいらないと怒鳴ります。

落とした剣を拾い、ジョゼフに出来ることは手合わせをすることだけだと剣を構えました。

 

ジョゼフはその剣幕に驚きつつ、弱い人間だと思った事は一度もないと返します。

自分はキイラの騎士であり、自分が仕える相手が誰よりも強い人であることはよくわかっていると微笑みました。

その言葉にキイラは落ち着き、本心かどうかは剣で証明してもらうと微笑み返します。

実は私が本物だった41話感想

物語は回帰前に戻り、ジョゼフから見たキイラの姿が描かれます。

ジョゼフはキイラのことをずっと心配し気にかけていました。

 

思ったよりもキイラはジョゼフから心配されていました!

最期まで信じてくれていたことは知っていましたが、こんなにも傍でずっと気にかけてくれていたとは思いませんでした。

これに気が付かない程余裕が無くなっていたのは、相当追いつめられていますね。

 

ジョゼフがこんな様子なら、キイラが気づいていないだけで、もっと多くの人がキイラを心配していたのではないでしょうか。

ジークやロゼから見たキイラの様子も気になりますね。

心配してくれている人が多かったのは嬉しいことですが、それでも処刑されてしまったのは悲しいことです。

 

今回の人生では、キイラも周りの人からの心配に気が付けるほど余裕があります。

前回の教訓を生かし、なんとか処刑を免れてほしいです!

実は私が本物だったネタバレ41話最新話と感想!回帰前のキイラまとめ

今回は、「実は私が本物だった」41話のネタバレと感想を紹介しました!

ジョゼフからの心配に気が付かないキイラ。

前回の人生がどれほど違うものなのか気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!