実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ20話最新話と感想!初めてのデート!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」20話のネタバレと感想をまとめてみました!

待ちに待った初デートにるんるんのキイラ。

田舎娘を演じているつもりですが、どうしても身分の高さが出てしまいます。

実は私が本物だった20話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ20話最新話と感想!初めてのデート!

首都のレストラン

エイデンは首都で1番人気のレストランに連れて行ってくれました。

首都でしか食べられないものばかりだと言い、田舎娘をもてなそうとしています。

キイラはロゼからリアクションが大切だと言われたことを思い出し、美味しいや初めてと伝えますが、どこか棒読みになってしまいました。

 

それを見たエイデンは本当に初めてかと聞き、キイラはもちろん初めてだと答えます。

しかしナプキンを店の人に渡す手馴れた様子など、下の者の扱いになれた余裕のある態度に、エイデンは違和感を覚えました。

何者

キイラはそんなことには気づかず、来週の水曜は空いていないかと誘います。

その日エイデンは別の女の子との予定があったため、友人との読書会があると言って誤魔化しました。

断られてしょんぼりするキイラを見て、今日は1日過ごせると言うと、キイラは飛行船で首都を見たいとリクエストします。

 

エイデンは心で舌打ちし、飛行船は運行時間が決まっており、搭乗口までも遠いと断ろうとしました。

するとキイラは、迎えに来るよう手配したから大丈夫だと言います。

ものすごい音がして、ちょうど飛行船が到着しました。

エイデンは何が起こっているのかわからずパニックです。

舞踏会計画

皇室の持ち物を自由に使うキイラに、とんでもない身分の人だったのではとエイデンの顔は真っ青です。

具合が悪いのかと心配するキイラに、久々の高いところに緊張すると返すと、何かあれば守ると言われました。

エイデンはキイラと距離を置くことを決めます。

 

遠くから見ていたジークたちは、初めて見るキイラのとびきりの笑顔に呆然としていました。

ジョゼフは自分の胸が痛んでいる理由がわかりません。

 

ガドナーが来週の舞踏会に向けて、キイラにエイデンの正体を気づかせるための計画を提案します。

尾行チーム、報告チーム、キイラの行動コントロールチームにわかれることにしました。

3つ目の1番難しい役割はジョゼフが率先して引き受けます。

 

デートから帰ってきたキイラを出迎えたのは、綺麗にドレスアップしたジョゼフでした。

ジョゼフは頬を赤らめながら、来週の舞踏会に一緒に行ってくれないかと誘います。

実は私が本物だった20話感想

キイラは初デートを満喫しました!

育ちの良さを隠せないだけでなく、やっぱり飛行船を借りてしまっていましたね。

 

考えが足らなかったのか、恋に浮かれて気づかなかったのかわかりませんが、エイデンの引き具合が面白かったです!

悪い男なのでこれで良かったかもしれません。

キイラは寂しがるでしょうが、もう二度と接触してこないで欲しいです!

 

ジョゼフが勇気をだして誘っていましたね。

作戦を実行するために1番良い方法ですが、きっとそれだけではないでしょう。

ドレスアップした姿がかっこよすぎて、初めて読んだ時に誰だかわかりませんでした!

ジョゼフのエスコートなら舞踏会も安心できると思います!

 

キイラは身近に素敵な人がいることにいつ気づくのでしょうか。

ふたりのじれったい距離感に、読んでいてソワソワしてしまいます!

実は私が本物だったネタバレ20話最新話と感想!初めてのデート!まとめ

今回は、「実は私が本物だった」20話のネタバレと感想を紹介しました!

初デートを満喫して帰って来たキイラに、舞踏会のエスコートを申し出るジョゼフ。

来週に迫った舞踏会は誰と参加するのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!