実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ6話最新話と感想!新たな人生

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」6話のネタバレと感想をまとめてみました!

ギロチンの刃が落ちた瞬間、ベッドで目を覚ましたキイラ。

夢だったのか、死後の世界なのか、事態が全く読み込めません!

実は私が本物だった6話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ6話最新話と感想!新たな人生

どういうこと?

目を覚ましたキイラは大混乱です。

夢だったのかと思いますが、ギロチンの刃が落ちてきた感触が首に残っています。

あまりにも生々しい感覚に、命を奪われたのは夢ではないと確信しました。

 

夢ではないのなら、ここは死後の世界なのだと納得します。

駆けつけてくれたメイドのロゼを見て、一緒に罰を受けたのかと焦りますが、ロゼはきょとんとして悪い夢でも見たのかと言いました。

ジークの誕生日の準備で疲れたのですねと言われたキイラは、弟のジークまで死後の世界にいるのかと驚き、部屋を飛び出します。

 

牢に入れられたキイラの元に来たジークが、一緒に逃げようと言ってくれた記憶が蘇りました。

ジークとの再会

寝巻き姿のまま宮廷中を駆け回り、やっとジークを見つけます。

そんなキイラの慌て具合を見たジークはびっくりしてしまいました。

こんな姿を父に見られたらと言ったジークの言葉に、ここは死後の世界では無いのかと尋ねると、ジークもロゼと同じようにきょとんとします。

 

寝ぼけているのだと思い、ロゼに部屋へ連れ帰るよう言いました。

メイドたちが集まってきてキイラを心配します。

 

キイラは彼女たちに見覚えがありましたが、記憶よりも少し若いようです。

ジークに日付を聞くと、なんとキイラが18歳の年でした。

父からの解放

キイラは過去に戻ったことに気がつきます。

しかし誰がなんのためにしたのか、他にも過去に戻った人がいるのか、なにもわかりません。

そもそも過去に戻ったことも受け入れられずぼんやりしていると、心配したジークがどうしたのかと声をかけます。

 

自分が命を落とす夢を見たと答え、あまりにも生々しかったからジークも同じように死後の世界に来てしまったと思ったのだと返しました。

するとその言葉を聞いたジークやメイドたちが、気にすることはないと励ましてくれます。

 

ほっとしたキイラは、ジークを朝ごはんに誘います。

ジークは素直に喜びますが、ゆっくり食べられないと肩を落としてしまいました。

キイラの日課だった、毎朝おめかしして父へ挨拶する時間が迫っていたのです。

 

生前の自分を思い出し、1度もあたたかく接してもらえなかったのにバカみたいと思います。

本当に過去に戻ったのなら、自分を愛してくれる人に時間を割きたいと考え、挨拶はやめると答えました。

その日の晩、大公も悪夢にうなされ目を覚まします。

実は私が本物だった6話感想

目を覚ましたキイラが最初に心配したのは、弟のジークのことでした!

 

キイラの弟は初登場です!

生前最後まで味方でいてくれた存在がいたのですね。

まずはその事実にホッとしました。

 

何年前に戻ったのか明記されていませんでしたが、目を覚ましたキイラの周りには弟以外にも味方がたくさんいるようです。

死後の世界かと慌て、命を落とす夢をみたと言うキイラのことを、ジークやメイドたちが取り囲んで心配し慰める様子は新鮮でした。

ずっと父の愛だけを求め、報われない人生を過ごしたと思っていたので、本当に良かったです!

 

新たな人生のスタートだと感じたキイラは、父から愛されたい気持ちと決別することが出来ましたね。

もっと早くからしていればあの結末にはならなかったでしょうが、親への感情を切ることも難しいのかもしれません。

キイラの二度目の人生は明るくなること間違いないでしょう!

実は私が本物だったネタバレ6話最新話と感想!新たな人生まとめ

今回は、「実は私が本物だった」6話のネタバレと感想を紹介しました!

目を覚ましたキイラは、自分が過去に戻ったことに気が付きます。

父という鎖も外れ、どうキイラが軽やかに生きていくのか、今後の展開が楽しみです!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!