実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ15話最新話と感想!小説の世界

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」15話のネタバレと感想をまとめてみました!

舞踏会にカジノと、楽しい予定が沢山のキイラ。

舞踏会への参加は、メイドの間でも話題になっているようです。

実は私が本物だった15話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ15話最新話と感想!小説の世界

魔塔とのつながり

舞踏会へ行くことを決めたキイラの元へ、講師のショア子爵夫人が訪れます。

経験のないキイラのために大公が手配したのでした。

 

時間を戻す魔法の手がかりを見つけなくてはなりませんが、監視されている中魔塔にコンタクトを送るわけにもいきません。

講習を受けながらどうするべきかと考えていると、ショア子爵夫人が呼ぶ声が遠くから聞こえてきました。

キイラがこれまでほとんど社交界に参加してこなかったことを思い出し、夫人の息子も魔塔にこもってばかりで、社交界に興味を示さないとため息をつきます。

 

キイラはその言葉を聞き逃しません。

最近魔法に関心を持つようになったと言い、会ってみたいと持ち掛けると、夫人は嬉しそうに交流の場を設けると答えました。

これで魔塔とのつながりが出来そうです。

仲良くなるチャンス

講習を終えたキイラが歩いていると、メイドのエミリーが震えながら声をかけてきました。

手にはロゼから渡すよう指示された小説があります。

周りのメイドたちが心配そうにこちらの様子をうかがっていることに気が付き、キイラはこっちへ来てと呼びました。

 

メイドたちと仲良くなるチャンスだと気が付き、集まったメイド3人に本の内容について尋ねてみます。

メイドたちは恐る恐る口を開き、平凡なメイドが皇太子と結ばれて妃になる話だと説明してくれました。

 

キイラはまさかと疑う素振りを見せますが、小説の世界なのでと言われます。

そしてキイラなら小説の世界の男性と巡り合う機会が沢山あると言い、メイドたちは興奮気味です。

その言葉に、全くの別世界の話ではないのだとキイラは気が付きました。

迎えが来た!

打ち解けてきたメイドたちは、舞踏会に参加するのは本当かと聞きます。

パーティー用のドレスや宝石を見てみたいと言われたので、ロゼと選んでくれないかと頼んでみました。

 

そのお願いにメイドたちの表情は明るくなります。

空気が和らいだことを感じたキイラは、仲良くなれたことに嬉しそうです。

 

舞踏会で誰にも話しかけられなかったらどうしようと呟くと、一人で行くものではないから大丈夫と返されます。

その言葉を聞いて、キイラは誰も誘っていないことに気が付きました。

 

騎士にお願いしたらどうかと言われますが、そこまで親しくないと返します。

すると後ろからジョゼフやウォルフォードが現れました。

 

カジノへ行くためにお迎えに来てくれたのです。

散歩だとごまかし、キイラはメイドたちに言ってきますと挨拶を告げ、楽しそうに出かけていきました。

実は私が本物だった15話感想

キイラはメイドたちと少しだけ打ち解けることが出来ました!

 

舞踏会への参加は、魔塔とのつながりや、メイドたちとの関係改善にもつながりましたね!

大公が招いた夫人の息子という点が引っかかりますが、重要な情報は得られそうです。

これまでキイラが知っている事しかなかったので、接触できれば大きく物語が展開するかなと思います。

 

メイドたちは初めこそ震えていましたが、後半はとてもリラックスしていました!

お願いまでするなんて、距離の縮まり方が早いですね。

確かに舞踏会用のドレスはひと目見てみたいです。

華やかな世界に憧れるメイドたちは多そうなので、この調子で打ち解けていけそうです!

 

メイドたちと話す楽しさも知ったキイラは、良い方向へ向かっているでしょう。

前世のメイドたちは腹が立ちましたが、今回は味方になってくれるかもしれません!

実は私が本物だったネタバレ15話最新話と感想!小説の世界まとめ

今回は、「実は私が本物だった」15話のネタバレと感想を紹介しました!

ジョゼフたちに連れられ、カジノへ出発したキイラ。

無事に帰ってくることはできるのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!