実は私が本物だったネタバレ66話最新話と感想!粉々になった神物

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」66話のネタバレと感想をまとめてみました!

火事が発生し避難するロゼ。

その間にミナが神物をたたき割ります!

「実は私が本物だった」66話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

実は私が本物だったネタバレ66話最新話と感想!粉々になった神物

火事発生

あたりは焦げ臭いにおいに包まれ、シスターらが早く逃げるようにと指示して周ります。

ロゼはキイラの無事が気になりますが、シスターらからはわからないと言われ、急いで部屋を出ました。

 

キイラは庭に避難しており、ふたりは互いの無事を確認して安心します。

内堂の洗濯室で火事が発生したらしく、神官らの神力で火の手を食い止めていると聞きました。

 

安心したロゼは、神物を祈祷室に置いてきてしまったことに気づき焦りますが、身の安全が第一です。

キイラは燃えるものではないから大丈夫だと宥め、事態の収拾後に確認しに行くことにしました。

秘密の悪事

誰もいない内堂で、ミナがこっそりキイラの祈祷室に忍び込みます。

周りを確認し、神物を床にたたきつけて粉々にすると、急いで部屋を出ました。

コゼットを苦しめたあの女が、祭祀を台無しにした罪に問われるだろうと、笑みを浮かべています。

 

コゼットに言われたあるものも燃やさないとと思った時、シスターのヘレンから何をしているのかと声をかけられました。

ヘレンは何かをいぶかしんでいますが、風にあたりに来たのだとごまかします。

今回は見逃してほしいとお願いし、急いでコゼットの祈祷室に戻りました。

冷静に考える

事態が収まり祭祀がもうすぐ始まろうとしたとき、ふたりは祈祷室に戻って着っ増した。

粉々になった神物を見たロゼは青ざめ、自分のせいだと責め始めます。

誰かが意図的に割ったことは明らかで、キイラは大人しと思ったらやっぱりと舌打ちしました。

 

壊れた神物を元通りにするのは不可能で、同じものを探す時間もありません。

犯人に見当は付きますが、責任は担当者のキイラが取ることになるはずなので、対策を考える必要があります。

涙を流すロゼに、今から自分が言うことを上手くやるようにと頼みました。

実は私が本物だった66話感想

やはりコゼットがキイラを蹴落とすためにしかけてきましたね!

ミナに悪事を押し付けるのも卑怯ですし、神物を粉々にするのは罰当たりにもほどがあります。

いくら自分が優位に立ちたいからとはいえ、祭祀の重みをまるで理解していなくて残念な人です!

 

それはミナも同じで、コゼットサイドには本当にまともな人がいないなと思いました。

シスターに見逃してほしいと頼み、媚びるように笑っているのを見て、とても腹が立ちます!

悪事がバレてどんな酷い目に遭ったとしても、可哀想とは思えません。

 

しかしこのままではキイラが責任を取り、今後祭祀に関わることが出来なくなってしまいますね。

そうなれば、本物か偽物かに関わらず、キイラが公女として生きるのが難しくなるでしょう!

 

前世とは違う現実になり問題が発生するのは、確かこれが初めてな気がします。

時間がない中で、対策として何を思いついたのか気になりますね!

 実は私が本物だったネタバレ66話最新話と感想!粉々になった神物まとめ

今回は、「実は私が本物だった」66話のネタバレと感想を紹介しました!

コゼットの計画で粉々にされてしまった神物。

キイラはこの事態にどう対応するのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!