実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ38話最新話と感想!コゼットに混乱する人々

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」38話のネタバレと感想をまとめてみました!

コゼットをその場で受け入れなかった大公。

前世と違う対応に、キイラの頭は混乱します。

実は私が本物だった38話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ38話最新話と感想!コゼットに混乱する人々

怒るジーク

大公はキイラに後で執務室に来るよう命じ、その場を去ると、場は一旦落ち着きました。

なぜ自分の誕生日にわざわざ来たのかとふたりを睨みつけるジークに、ふたりはいつか感謝するでしょうとにやりと笑います。

ジークは苛立ちが隠せず、頭がおかしくなるから早く行こうとキイラを急き立てます。

 

コゼットからまた会いましょうと笑顔で手を振られ、キイラは決めるのはあなたではないと冷ややかに返し、その場を離れました。

場所を変えてもずっと怒っているジークを見て、すぐに大公がコゼットを受け入れた回帰前はどうだったのだろうと思い返します。

目立つために自分の誕生日を利用されたことも、キイラに失礼な発言をしたことも許せないようでした。

 

キイラの頭の中には、大公の態度が回帰前と違ったことが気にかかります。

はっきりと記憶が残っている態度にも見えませんが、いったいどうなっているのかわかりません。

エレズの不可解な反応

キイラが会場に戻ると、エレズがため口で挨拶をしに来ました。

軽い態度でへらへらと近づく睨みつけつつ、普段は首都にいないと聞いたと返します。

普段は確かに首都にはおらず、キイラと会った翌日には首都を経つ予定だったと話すのを聞いて、回帰前のこの日はこの場にいなかったことを確認します。

 

会場の雰囲気がどこか変だと言うエレズに、コゼットを指さすと、エレズは過剰に怯えて嘘だと呟きました。

知り合いなのかと聞くキイラに、しどろもどろになって否定しますが、その態度は明らかに怪しいです。

誰なのかと聞くエレズに、大公の実の娘だと主張している人だと答え、キイラが偽物で自分が本物だと言っているのだと伝えます。

不吉な存在

エレズに伝えながら、キイラはやはりコゼットの存在の怪しさを感じていました。

なにかコゼットの過去に関する情報がほしいところですが、平民の夫婦が山奥で育てたとされており、何も見つかりません。

エレズはキイラの耳の戸に口を寄せ、魔法士としての直感ですがと囁き、かなり不吉な感じがするから気を付けてくださいと伝えます。

 

急な距離の近さに驚くキイラは、言われなくてもそうするつもりだと返します。

自分のすべてを奪おうとしているキイラを見据えながら、気を付けない理由がないと心の中で改めて考えるのでした。

実は私が本物だった38話感想

コゼットを見てなぜか怯えるエレズ。

キイラは改めてコゼットに警戒心を強めます。

 

コゼットは自分がキイラの座を奪えると確信しているような、余裕に溢れた態度でしたね!

大公に受け入れてもらえなかったにも関わらずとても堂々としており、農民の出には見えません。

見た目が似ているだけではここまでの自信は持てないと思うので、やはり誰かが仕向けたスパイのような存在に見えます。

 

エレズがコゼットを見てひどく驚き怯えていたことも気になりますね。

明らかにエレズはコゼットに心当たりがある様子だったので、すぐには言えない事情があるにしろ、何かしら知っているのでしょう!

エレズのことは信頼したいので、隠し続けずきちんと教えてほしいです。

 

大公と言いエレズと言い、態度が不思議な人が多く、隠されている謎はまだまだ多そうです。

なんとかすべてを奪われないよう、キイラは手探りでも立ち向かわなくてはなりません!

実は私が本物だったネタバレ38話最新話と感想!コゼットに混乱する人々まとめ

今回は、「実は私が本物だった」38話のネタバレと感想を紹介しました!

不可解な態度をとる大公やエレズ。

コゼットは前世のようにうまく受け入れられてしまうのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!