実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ17話最新話と感想!嵌められた

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」17話のネタバレと感想をまとめてみました!

怪しい雰囲気が漂うカジノ。

キイラは何も気づかず楽しんでいます。

実は私が本物だった17話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ17話最新話と感想!嵌められた

ご馳走してあげる

キイラたちは伯爵の待つVIP席に通されます。

心配そうなジョゼフにキイラは、みんなにご馳走するお金は残すと答えました。

キイラの手にあるお金を見たガドナーが、これでご馳走してくれるのかと聞くと、残りのお金が夕食代だと返します。

 

夕飯に充てられた大金を見たジョゼフたちは、金箔でも食べるのかとびっくりです。

キイラはカジノをとても楽しんでいるようで、ずっとにこにこしています。

初心者を狙う罠

部屋に入ると、伯爵がキイラにとても運が良いと聞いたと声をかけます。

ポーカーをやろうと言われ、キイラはわからないから何でもいいと答えました。

 

1ターン目、伯爵は余裕の笑みで手札を出し、ストレートと言います。

ストレートの意味も分からないキイラが手札を見せると、なんとフルハウスでした。

 

スタッフに強運の持ち主だと褒められ、顔を悩ませる伯爵を見て、自分が勝ったことを初めて察します。

伯爵はニヤリと微笑み、本気を出すと言いました。

 

そこからは伯爵の連勝です。

後ろにいたウォルフォードとガドナーは、金持ちの初心者を狙う手口だと確信します。

しかしキイラは何も気づかず、負けても楽しんでしまっているのでそんなことは言えません。

手持ちのチップがなくなりそろそろ帰ろうかと思った時、伯爵が袖からカードを出していることに気が付きました。

小説の展開!

ズルされていたことを知り怒ろうとした瞬間、どこからか若い男が現れました。

伯爵の腕をひねり上げ、机に押さえつけます。

レディーが嵌められているのを見逃せないと言われ、キイラは夢見心地です。

 

警備を大声で呼んだ若者は、キイラの元に跪き、手の甲に口づけをします。

美しいレディーと言われたキイラの頬は真っ赤で、小説で読んだ運命の出会いに違いないと確信しました。

 

ジョゼフとジークに帰ろうと促されますが、若者にお茶でもどうかと言われ、短い時間ならと行ってしまいます。

取り残されたジークの怒りはピークです。

キイラを誘い出したウォルフォードを蹴りまくりますが、キイラはすっかり若者の虜になってしまいました。

実は私が本物だった17話感想

案の定嵌められてしまったキイラです!

 

勝っても負けてもたかられてもずっと楽しそうなキイラは可愛かったです。

可愛かったのは良いのですが、キイラの世間離れしたちょろさにはびっくりです!

 

いったいどこまでが嵌められているのでしょうか。

突然出てきた若い男が口説くため、伯爵もグルになっていたのだとしたら、相当危ない展開です!

ヤクザの手口でそういったものがあることを思い出してしまいました。

 

どこに連れ去られてしまってもおかしくないのに、ジョゼフは何をしているのでしょう!

危機感持ってついて行かないといけなかったのに、一番しっかりしているのは幼いジークなのは、もうどうしようもないですね!

 

楽しい記憶が悲しい記憶にならないことを願うしかありません。

騎士3人にはしっかりしてほしいです!

実は私が本物だったネタバレ17話最新話と感想!嵌められたまとめ

今回は、「実は私が本物だった」17話のネタバレと感想を紹介しました!

嵌められてしまったキイラ。

助けてくれた若者について言ってしまって大丈夫だったのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!