実は私が本物だった78話最新話ネタバレと感想!仮説が真相へ

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」78話のネタバレと感想をまとめてみました!

コゼットの行動を見たキイラは、バラバラだった仮設から真相へたどり着きます。

実は私が本物だった78話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

実は私が本物だった78話最新話ネタバレと感想!仮説が真相へ

交渉決裂

コゼットが精霊石を壊す行為を行ったことで、キイラは交渉決裂と告げます。

そしてコゼットにとって精霊石がとても重要だということが分かったキイラ。

コゼットは自分のミスを後悔しますがもう遅いです。

 

コゼットはキイラへの怒りを抑えきれない様子であり、卑怯者と言ってキイラに手を出そうとしますが、すぐに返り討ちに合います。

キイラは自分の公女の座を守るために動くことを宣言して、その場を後にしました。

コゼットの真の目的と正体

キイラはコゼットについて考えをまとめます。

コゼットの反応を見て、コゼットが今まで慌ただしく動いていた理由は周りの人に気に入られるためではなく、精霊石が目的だったとはっきりしました。

精霊石が壊れたら世界には再び大混乱が訪れてしまいますが、パルビス大公家と祖父のエディンバラ侯爵を恨んでいるバインベルク一族ならやりかねないと思います。

 

無茶苦茶な話ではありますが、バインベルク一族が禁じられてきた暗黒の魔法で魔族と契約を結んだと考えると、全てつじつまが合います。

そして魔族から契約の代償として戦争の再開を要求されたとしたら、結界を破るために精霊石を手に入れる必要があり、そのため閣下と瓜二つのコゼットがパルビス家に入り込んだのでしょう。

コゼットの正体は暗黒の魔法で救ったロエナの娘であり、キイラの腹違いの姉であると確信しました。

そのせいでコゼットは閣下にそっくりな顔であり、精霊術も使えるのだと、バラバラだった仮説の整理がつくのでした。

ピアスのヒビ

キイラは真相を理解することができ、コゼットに会いに行って正解だったと考えます。

キイラはふと、窓ガラスにうつった自分の姿を見ると、以前エレズから貰ったピアスにヒビが入っているのに気が付くのでした。

実は私が本物だった78話感想

ついにキイラはコゼットの目的や正体を知ることができました。

ロエナは子を産めないという濡れ衣を着せられ葬られてしまったのだから、パルビス大公家やエディンバラ侯爵に恨みを持つのは分かります。

 

しかし、キイラが恨みを買うようなことをしたわけではありません。

バインベルク一族がやろうとしていることは、パルビス大公家だけでなく世界全体を破滅に追いやってしまいます。

腹違いではあるものの姉妹なのだからキイラとコゼットが仲良くできたら平和的だと思いますが、バインベルク一族は魔族と契約したのなら、今さら仲良くなんてできないのでしょう。

 

コゼットがキイラに手を出そうとした時、コゼットの手から暗黒の魔法のようなものが漏れている描写がありました。

コゼットは暗黒の魔法の力を少し使ってキイラに攻撃をしたのかもしれません。

キイラが心配でしたが、キイラは容易くコゼットを返り討ちにしました。

もしかしたら、キイラが身につけているエレズのピアスの加護が働いたからキイラが守られ、ピアスにはヒビが入ったのかもしれませんね!

実は私が本物だった78最新話ネタバレと感想!仮説が真相へまとめ

今回は「実は私が本物だった」最新話78話のネタバレと感想を紹介しました!

バインベルク一族の企みを、キイラは阻止していけるのでしょうか、今後の展開に注目です!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!