今世は当主になります72話最新話と感想!ボムニアの入手

今世は当主になります

『ピッコマ!』で連載中の恋愛漫画『今世は当主になります』72話最新話のネタバレと感想をまとめてみました!

ティアがペレスから本。

その中に記載のあった「ボムニア」は、以前エスティラバームに利用していた粉末と同じ物なのでしょうか。

『今世は当主になります』72話最新話のネタバレと感想を書いていきます!

⇒今世は当主になりますのネタバレと結末予想ページへ 

今世は当主になりますネタバレ72話最新話と感想!ボムニアの入手

気付いたエスティラ

ティアの指示通り薬草学を見直していたエスティラは、ボムニアが必要だということに気が付きました。

ティアの書斎の前で待つことにして、ポイラック宮殿から帰ってきたティアに急いでそのことを知らせます。

それと同時に南部ではもう開花が終わっていること、乾燥させた粉末では効果が落ちてしまうということを伝えると、泣き出してしまいました。

 

ティアはそんな彼女の手を取ってポイラック宮殿では今年ボムニアが2回咲いたみたい、先程も見てきたからまだ間に合う、となだめます。

しかし、ペレスに手紙を出そうと準備し始めた瞬間、大きい雷とともに大雨が降り出してしまいます。

外の様子を見て、この雨では間に合わないかもしれないと考えたティアは、目の前が真っ白になるのでした。

取り乱すティア

ティアは取り乱しながら、急いでポイラック宮殿への馬車を手配するよう伝えます。

そこへ駆けつけたギャラハンにも、宮殿に薬草があるの、この雨で枯れてしまう前に取りに行かなきゃ、と縋り付きます。

 

メイドのラウリルはティアを落ち着かせようと優しく肩に触れ、使者を向かわせた方が早いです、手紙になんと書けば良いか教えてください、と言いました。

そして、クレリバンはロンバルディで1番早い馬を手配してくれるのでした。

 

クレリバンはいち早く自分に知らせてくれたこと、そしてボムニアを取りに行こうとするティアを優しく止めてくれたことで、ラウリルに感謝をします。

ラウリルは当たり前の事をしただけです、と少し照れながら言って、食事も取らずに使者の帰りを待つティアを心配に見つめるのでした。

ボムニアを届けてくれたペレス

ペレスと見たボムニアの花壇はもう枯れかけていて、そこにしか花が残っていなかったらどうしよう、と悪い方向に考えてしまうティア。

ずっと窓の外を見ていると、ようやく馬に乗った人がやって来ました。

美しい黒髪がフードから見えて、もしかしてと思ったティアは、玄関へ急ぎます。

 

そこに居たのは、やはりペレスでした。

彼はティアが来たことに気がつくと、彼女の前で箱を開け、根まで付いている満開に咲いたボムニアの花を渡してくれるのでした。

今世は当主になります72話感想

エスティラもボムニアの花が必要だということに気づいたようですね!

しかし、間に合うかもしれないというタイミングの大雨でティアは取り乱し、周囲も戸惑ってしまったようです。

そんな中でティアに優しく声をかけて、クレリバンを呼ぶといった、正しい判断をしてくれたラウリルに感謝です!

 

そして、わざわざペレスが届けに来てくれたのですね。

重厚そうな箱に良い状態のボムニアが入っていて、雨の中、咲いている花を探すのも自分でやってくれたのかな、と思うと健気さに心を打たれます!

 

周囲の協力もあり、無事にボムニアを入手することが出来たティア。

これでギャラハンの病が治ることを願っています!

今世は当主になりますネタバレ72話最新話と感想!ボムニアの入手

今回は漫画『今世は当主になります』72話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ボムニアが必要なことに気がついたエスティラと、取り乱しながらもポイラック宮殿へ使者を向かわせたティア。

ボムニアを持ってきたくれたペレスのおかげで、ギャラハンの病は治るのでしょうか?

⇒今世は当主になりますのネタバレと結末予想ページへ 

error: Content is protected !!