今世は当主になりますのネタバレと感想を最新話まで更新中

今世は当主になります

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「今世は当主になります 」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「今世は当主になります」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「今世は当主になります」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「今世は当主になります 」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

「今世は当主になります」の韓国名は이번 생은 가주가 되겠습니다 で英語名はI Shall Master This Familyです。

今世は当主になります のネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話
43話 44話 45話
46話 47話 48話
49話 50話 51話
52話 53話 54話
55話 56話 57話
58話 59話

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

今世は当主になります のあらすじ

今度こそ家門を守ってみせる!と転生した少女が誓う物語。

 

フィレンティアは才能があり、当主の元で懸命に働くも婚外子だったために冷遇され、すべての努力は評価をされないでいました。

愛する父親は死に、当主も死に、ランブル帝国随一の家門であるロンバルディ家は滅亡してしまいます。

家門の滅亡を知った日に酒を飲んだフィレンティアは、馬車に轢かれて死んでしまうのでした。

目を覚ますと7歳の自分に戻っていることに気が付きます。

 

今度こそは愛する父親と家門を守るために、自分が当主になってやると決めたフィレンティア。

そのためには回避せねばならない蘇る前に起こったあれやこれやの事態に備えて準備をしていく必要があります。

前世では見えていなかった真実も今世では少しずつ見えてきて――。

また過去を変えるキーとなる人物である第2皇太子との関係も気になるところ。

 

蘇り前の過去を変えるために、少女が挑戦をしていく姿がほほえましく応援したくなる物語です。

今世は当主になります の登場人物

フィレンティア・ロンバルディ

物語の主人公。蘇り前は、婚外子の子どもとして身を粉にして家門のために働くも家門の滅亡によりショックを受けて、馬車に轢かれて死んでしまう。7歳の子ども時代に生まれ変わり未来を変えようと奮闘し始める。

ギャラハン・ロンバルディ

フィレンティアの父親。ティアの母親と駆け落ちをしてティアを授かるも、彼女が死んでしまい、ロンバルディに戻ってきた。商才があるのだが、優しすぎて前に出られない。しかし、今世では娘ティアを守るために決意し才能を開花させる。

ルーラック・ロンバルディ

現ロンバルディ当主。厳格だが、公正な評価を下す。ティアにはほだされてしまい、甘い面を見せる。亡くなった妻をこよなく大切にしていた一面も持つ。

ビエーゼ・ロンバルディ

ルーラックの長兄。傲慢な性格。ロンバルディの繁栄のためと皇室との関係を深めようとする。

ララネ

ビエーゼの長女。大人しく物静かだが、アイディアにおいてはティアも一目置く。

ベレサック

ビエーゼの長男。ララネの弟。傲慢で攻撃的な性格。カッとすると実際に物理的に手を出してしまう。

ローレルズ・ロンバルディ

ルーラックの次男。ビエーゼの弟。ビエーゼの顔色をいつも伺っているような性格。

アスタリウ

ローレルズの長男。ビエーゼに引っ付いてティアに悪さをする。

クレニ―

ローレルズの次男。アスタリウの弟。まだ小さい。

シャナネット

ルーラックの長女。ビエーゼ、ローレルズの妹。冷静沈着だが、優しい女性らしさも持つ。ギャラハンを心の中では応援している。夫ベスティアンとは仲が良いように見えるが・・・。

メイロン

シャナネットの息子。双子。今世ではティアに懐きまくっている。

ギリウ

シャナネットの息子。双子。今世ではティアに懐きまくっている。

ベスティアン・スルス

シャナネットの夫。スルス家からロンバルディ家門に入った。シャナネットとラブラブにみえるが、一方で双子の子どもたちにはスルス家はロンバルディが大嫌いと言っているようだ。前世では離婚をしているので、何かの関係が・・・?

デュレリー皇帝

現ランブル帝国皇帝。権力に対して調子がいい。

皇后

デュレリー現皇帝の正妻。苛烈な性格をしておりひとをなんとも思わず攻撃する悪女。自分の息子、第1皇子を洗脳のようにして育て、腹違いの第2皇子を毒殺しようとした。

アスタナ

第1皇子。傲慢な態度が目につく。ティアに変な執着を見せる。母親である皇后の言いなり。

アンゲナス・デュラック

デュラック組合の頭。皇后の親戚にあたる。商談でビエーゼと組もうとしたが、ギャラハンと組んで成功した後、ギャラハンから情報を得ようと画策したがその後の関係は断られることに。

ペレス

第2皇子。母親は早くに毒殺されている。離れの森で隔離されて育ち、皇后から毒を盛られても何とか生き延びて来た。ティアにとっての未来を変えるためのキーパーソンであるが、ティアとの出会いで彼も変わっていく。

ケイトリン・ブラウン

皇室騎士の剣術を創り上げた名家ブラウン家の娘。ルーラックの皇室のスパイをしており、ポイラック宮殿の侍従長、侍女長を兼ねる。

カイラス・ヘリング

ブラウン家の一門ヘリング家の息子。ペレスの剣術の師。

エスティラ

ロンバルディの主治医であるオマリー博士の弟子のひとり。才能が溢れておりオマリー博士は彼女を利用している。メルコーン薬を作りティアを助けた。トレンブルーという蘇り前に父親が亡くなった病気の特効薬を作った人物。彼女の才能をさらに開花させ父親を助けるため、ティアはエスティラをアカデミーへと送った。

アルベオ・ジャン

天才彫刻家。今世でティアが出会った時はまだ大工。未来ではロンバルディの彫刻家として「世界樹」という作品で世に名を知らしめる。

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

今世は当主になります の結末を大胆予想!

ティアはみごとロンバルディ家の破滅を逃れるだけではなく、ロンバルディを過去最大に反映させるでしょう。

第2皇子ペレスと結婚し、ペレスが皇帝となって帝国を二人で治める、というのも王道でいいでしょうが、個人的にはペレスとティアが二人で世界中を旅しに出ていくというのもいいなと思いました。

剣技があるペレスですし、商才があるティアなので、何も持たずに旅に出ても食べていくのにはちっとも困らなそうですし、二人には窮屈に囲まれて生活する姿がいまいち浮かびません。

 

そこに至るまでには、おそらくいろいろな事件は起きるものと思います。

ビエーゼは当主になるのを諦めず狙っているでしょうから、アンゲナスと組んだりして反撃の機会を待っていそうですよね。

しかし、それをクレリバンと組んだギャラハンが退け、ルーラックがギャラハンが次なる当主と指名するのではないでしょうか。

ティアは当主にならないパターンもあってもいい気がします。

 

全く読めないのがベスティアン・スルスです。

シャナネットと離婚した事実がティアの蘇り前にはありましたが、今世ではどうなるのでしょうか?

ただ今までの物語の流れを呼んでいると、ベスティアンはビエーゼに加担しそうな感じですよね。

そのせいでシャナネットとの関係に亀裂がはいるとするとありえそうな感じです。

 

何より皇后です。

皇后は自分の息子アスタナを皇帝にしたくてしかたがない状況です。

ところがポイラック宮殿にペレスが住まい始めたことで手が出せなくなっています。

だけど決して諦めているわけではなく、虎視眈々と機会を狙ってきていたはずです。

こちらもビエーゼたちと組んでなんらかを仕掛けてくるのではないでしょうか?

 

と、いろいろと推測をしてきました。

しかしタイトルは「今世は当主になります」なので、それを忠実に守るとすると、次の結末が無難かもしれませんね。

皇后が、アンゲナスやビエーゼと組んで仕掛けてきたことに対し、ぺレスやティア、ルーラックが対抗。

ギャラハンはエスティラのおかげで死を逃れることなります。

ロンバルディの勢力は確固とした力を得、ティアは当主になるという夢を叶えました。

ペレスはロンバルディ家に入り、ティアを夫として支えながらも皇室騎士たちに剣技を教えるなどをしています。

 

最初の予想は、あくまで個人的な希望なので、タイトルに即した結末予想をしてみました!

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

今世は当主になります の原作や作品情報

今世は当主になります の原作や作品情報です!

漫画タイトル 今世は当主になります
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週  金曜日(ピッコマ)
出版 D&C WEBTOON Biz
原作の作者 原作: Kim Roah

作画: Mon(Antstudio)

ピッコマの漫画のネタバレの一覧はこちら!その他の漫画のネタバレも掲載しています!

error: Content is protected !!