今世は当主になります

今世は当主になります41話ネタバレ最新話と感想!警告されたビエーゼ

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『今世は当主になります』41話のネタバレと感想をまとめてみました!

反論に来たビエーゼは、ルーラックから最後の警告を受けます。

追い詰められたビエーゼは妻からルーラックのテストに立ち向かうように促されるのでした。

今世は当主になります第41話のネタバレと感想を書いていきます!

今世は当主になりますネタバレ41話最新話と感想!警告されたビエーゼ

ルーラックの怒り

ビエーゼは、自分が長男でありベレサックが自分の息子であることを強調します。

ギャラハンにビエーゼの事業が奪われ、ルーラックがギャラハンの服の商売までも手助けしたことが気に食わないのです。

ルーラックは、服の事業に対するビエーゼの評価の悪さに疑問を投げかけました。

 

所詮平民相手の事業と答えるビエーゼに、ルーラックは誰でもできるならお前もやれと命じます。

ロンバルディの力を借りず、自分の力だけで正々堂々とルーラックに言われ、ビエーゼはたじろぎました。

ビエーゼは、はした金にあくせくせず、皇室との親交を深めてもっと大きなものを手に入れようとしているのだと主張しました。

 

ビエーゼには、皇室と親交を深めてロンバルディも帝国の一部であることを示そうという意図があったのです。

ルーラックが皇室のけん制で抑制を受けているため、ルーラックと家門のために力を尽くしているのだと。

ルーラックは手にしていた書類を握りしめ、ビエーゼの言葉を繰り返すと書類を手放しました。

 

ビエーゼに、皇室とではなくアンゲナスと親しくしていると指摘するルーラック。

衝撃を受けるビエーゼに、ルーラックは現皇帝がビエーゼを重用しているかどうかを質します。

言い返せないビエーゼに、ルーラックはギャラハンでなければアンゲナスとの事業はロンバルディの財産の喪失につながっていたと告げました。

 

その裏には皇后がいます。

ルーラックは机をこぶしで叩きつけると、アンゲナスがいまだにロンバルディに首を突っ込んできていることを取り上げます。

血筋に執着するアンゲナスのことを血筋に執着する家系と怒りで言い捨てると、ルーラックとビエーゼの間に険悪な雰囲気が漂いました。

 

ルーラックは静かにビエーゼに伝えます。

息子だからこそ努力する姿に失敗を大目に見て信じてきたが、最後の警告だと。

ロンバルディの奨学会とビエーゼが宮殿に行くのが重なっているその日までに、ロンバルディの家門とアンゲナスのどちらを選ぶかを考えろと。

 

ビエーゼは衝撃で、すでに皇后と話が済んでいるのにどうしたらいいのだと震えます。

妻の甘美な囁き

寝室のベッドで、爪を噛み顔を青ざめて、勘当されたらどうしようとつぶやいているビエーゼ。

妻が肩に手を添えると、ルーラックがいくら冷酷でもビエーゼを追い出したりはできないと言います。

ビエーゼは反論しようとしましたが、妻はにっこりと笑うとビエーゼの手に自分の手を重ねます。

 

ルーラックがギャラハンの話を持ち出した理由を聞くと、ビエーゼは反射的にえこひいきだと叫びました。

妻は、ルーラックの本心は平民の卑しいお金を稼ぐ商売でも、家門の力を借りずに自力で事業を行った姿勢が大切なのではと指摘。

またビエーゼに触れると、今まで逆らわなかったけれどビエーゼの主導的な姿を見たがっているに違いないと囁きかけるのです。

 

ぶつぶつとつぶやくビエーゼの頬に手を当てると、信念を貫くことを示すルーラックからのテストだと妻は言い聞かせます。

納得を表すビエーゼに、妻はベレサックが従者となった記念に皇后陛下が開いてくれるパーティでもあると言い、ろうそくを吹き消しました。

子どもたちが喜ぶに違いないと。

ティアの目覚め

ティアが目を覚ましました。

ギャラハンがティアに声を掛け、半日ほど寝ていたことを伝えます。

ティアは体を起こしますが、騒ぎはどうなったのだろうと不安げな表情でした。

 

ギャラハンはティアに話します。

ベレサックが木刀でティアを殴ったが、ティアがベレサックをかばおうとしたとギリウとメイロンから聞いたと。

ボールが当たったのに、とティアはビックリ。

 

ギャラハンがティアを抱きしめますが、大人たちの誤解を理解します。

ベレサックが木刀を振り上げた瞬間を双子たちは目的していたためでしょう。

抱きしめられながら、ティアは得したとドキドキします。

今世は当主になります41話感想

ルーラックの怒りが最高潮でした。

なにごとにも公平な態度のルーラックではありますが、ロンバルディの家門を預かるものとしての矜持は健在です。

皇室に対して、アンゲナスに対して、ルーラックの態度は明らかになりましたね。

 

そのため、皇室におもねるような態度を示しているビエーゼに対して、今までは見守っていたものの、ここに来て怒りが爆発。

残念ながらビエーゼは、権力に目がくらんでしまい、ルーラックの本心でありロンバルディの誇りを見失ってしまっています。

もちろん時代の変化とともに変わるものもあるとは思いますが、皇帝や皇后のありかたを見ていると、取り入ったからと言って大切にしてもらえるような様子は期待できないでしょう。

 

ビエーゼがさらに残念だったのは、皇室に近い妻の存在でした。

今までのストーリーからも派閥の様子は出てきていましたが、ビエーゼを裏から操っているのは妻の存在が大きいかもしれませんね。

この物語の根底には家系や家族というつながりがあると思うのですが、ギャラハン以外は結婚相手にそういったしがらみが付いて回っています。

 

ティアは目覚めましたが、状況が事実とは違う理解をされていることに気が付きました。

とはいえ、ボールをぶつけたのもベレサックの故意だったので、そんなに変わらないのじゃないだろうかと私は感じています。

今世は当主になりますネタバレ41話最新話と感想!警告されたビエーゼ

今回は漫画「今世は当主になります」41話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ビエーゼが皇室に擦り寄ろうとしている姿に、ルーラックの怒りは最高潮に達し、ルーラックはビエーゼに最後の警告を言い渡します。

すっかり動揺してしまったビエーゼに、妻はギャラハンのように自分の力を使って事業を成功させて、ルーラックのテストに立ち向かうように囁きかけるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!