実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ48話最新話と感想!大叔母様との対面

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

大叔母様の邸宅に到着したふたり。

コゼットは着いたそばから嬉しそうににこにこしています。

実は私が本物だった48話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ48話最新話と感想!大叔母様との対面

邸宅に到着

邸宅に到着したコゼットを見た大叔母様は、大公が女の子に生まれていたらこんな顔だったかもしれないと思うほど瓜二つだと驚きます。

まだ戸惑っていると正直に打ち明けつつ、ここにいる間はゆっくりしていってと優しく言ってくれました。

二日くらいの滞在だと伝え、話の続きは夕食の時間にすることになり、大叔母様と別れます。

 

コゼットは到着したときからテンションが高く、庭園の花が綺麗だったと楽しそうに話しかけます。

本当におしゃべりだと呆れていると、ベアトリーチェの精霊石は見たことあるかと聞かれました。

精霊石についてなぜ知っているのかわからず動揺しかけますが、平然を装ってそれがどうかしたのかと返します。

精霊石への関心

パルビスの唯一の公女として育てられたのだから、当然見たことがあると思ったと言われますが、キイラは見たことがありません。

コゼットは信じず、精霊石を身に付けると精霊術が使えると言う話は聞いたことがあるでしょうと笑みを浮かべます。

誰でも精霊士になれるのならパルビスが優遇されるはずがないと返し、よほど関心があるのねと笑みを返しました。

 

コゼットは精霊石が一度も公開されていないため、特別な力が秘められているかもしれないと言います。

それなりの理由があるからだと突き放しますがコゼットは諦めず、触ったことはあるのかと質問をやめません。

キイラは苛立ち、無駄口を叩いている暇なんてないでしょうと冷たく返します。

マナーを身に付けて

キイラは哀れむような笑みを浮かべ、自分だったらテーブルマナーの勉強で忙しかったと思うと挑発します。

本物の公女になりたいのなら相応のマナーを身に付けるようにと言い、怒りで顔を魔訶にするコゼットを置いて去っていきました。

ひとり残されたコゼットに、エミリーが部屋に案内すると駆け寄ります。

 

コゼットは抱きつき、自分は平民出身でマナーを身に付けていないから仲良くなれないのかもしれないと涙を浮かべます。

そんなことはないと慰められながら、キイラが不安に負けてしまうタイミングを焦らず待つのだと自分に言い聞かせていました。

部屋に戻ったキイラは、コゼットの思い通りには絶対にさせないと改めて心に誓います。

実は私が本物だった48話感想

キイラとコゼットは大叔母様の邸宅に到着しました。

コゼットは精霊石に強い関心があるようです!

 

コゼットはキイラと仲良くなりたい姿勢を貫き、性格の良さをアピールすることを諦めていないようですね。

大叔母様も今のところ平等に接してくれています。

沢山話しかけられるだけでも面倒なのに、無視すれば挑発してくるなんて、本当に面倒くさくてキイラが可哀想です!

 

またコゼットは精霊石に強い関心があるようですね。

身に付ければ精霊術が使えるという発言は、キイラは信じていないふりをしていますが、心の中には残るでしょう!

万が一本当だった時のため、調べておこうと思うかもしれません。

 

キイラが精霊石を調べ始めた時が、コゼットが狙っている隙なのであれば、この話はエサでしょう。

自分自身を信じられなくなった時に確証を求めるというのはその通りだと思いますが、冷静にその時を狙っているコゼットは恐ろしいです。

キイラにはエサに引っかからず、自分を信じぬいてほしいですね!

実は私が本物だったネタバレ48話最新話と感想!大叔母様との対面まとめ

今回は、「実は私が本物だった」48話のネタバレと感想を紹介しました!

精霊石に関心を寄せているそぶりを見せるコゼット。

彼女のここでの目的はいったい何なのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!