実は私が本物だった

実は私が本物だったネタバレ27話最新話と感想!来ないで!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」27話のネタバレと感想をまとめてみました!

サロンへ参加することにしたキイラ。

開催者のアラベラはキイラに嫌な記憶があり、とても嫌そうです。

実は私が本物だった27話のネタバレと感想を紹介します!

実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ27話最新話と感想!来ないで!

絶対に嫌!

サロンの開催者であるディアク家の公女アラベラは、キイラが参加すると聞いて慌てています。

兄ミカエルからは、急にキイラが社交活動を始めた理由を探ってきなさいと言われますが、アラベラは開催を取りやめた方がマシだと返しました。

 

ひどく嫌がる妹に対しミカエルは、皇室にとってパルビス家が扱いにくい存在であるため、中止はできないと諭します。

パルビス家は中立的な立場ではありますが、精霊士一族に加え、私兵も保有しているので、邪険には扱えず警戒も怠れないのです。

それでもアラベラは過去にキイラと話した記憶から、どうしても嫌だと言って譲れません。

見下されている

アラベラは前回の新年会で、ひとりたたずむキイラに話しかけました。

挨拶をしただけで恐ろしい目で睨まれ、その時点で嫌な気持ちになりましたが、アラベラはなんとか会話をしようといろいろな話題を振ります。

しかし社交をしていないキイラは何も分からず、どんな話題にも薄い反応です。

 

ついにはうるさいと言われてしまい、アラベラは怒ってその場を去ったのでした。

キイラはその会場がうるさいと言っただけなのですが、アラベラはそんなことはわかりません。

 

屈辱的な扱いが忘れられず、絶対に嫌だと言うアラベラに、ミカエルは自分にはそんな態度ではなかったと返します。

その言葉にアラベラは、自分だけが無視されたのかとさらに怒り、自分は結婚すれば身分が下がるから見下されているのだと憶測を口にしました。

仮に見下されているのならそれも把握しなくてはならないと言われ、自分を無視した相手の本心を探るために近づかなくてはならない状況に、アラベラは不満そうです。

監視報告

宮廷では、ロバートが大公にキイラの舞踏会での行動を報告します。

エディンバラ侯爵との対面と、エイデンとの決別が主な出来事で、大したことはなかったようだと大公は安心しました。

 

ロバートはエディンバラ侯爵との対面は問題ないのかと聞きますが、祖父と孫が互いを避ける方が不自然とし、特に追加の捜査は命じられません。

それよりも、キイラが今度はサロンへ参加することの方が、大公にとっては驚きでした。

エイデンをきっかけに社交を始め、エイデンと離れてさらに社交を深めようとしているのかと、頭を抱えます。

 

直接話を聞くため、キイラを呼ぶように命じました。

どんな用件で呼ぶかと聞くロバートに、結婚相手を探す口実が通用したのかの報告を受けたいと伝えるよう指示します。

素直になれない大公に、ロバートも少しあきれ顔です。

実は私が本物だった27話感想

キイラが参加するサロンの開催者アラベラは、キイラと面識のある公女でした。

その時にキイラから受けた屈辱が忘れられず、開催を渋ります。

 

アラベラはキイラをとても嫌っていますね!

アラベラの視点から見れば、嫌う理由も納得できます。

キイラは本当に友達を作るのに向いていない性格だったみたいですね。

 

兄に説得されてしぶしぶ開催を決めましたが、サロンでは改めて仲良くなることはできるでしょうか。

キイラは表情を柔らかくし、アラベラはキイラの本心を探るように接すれば、関係は改善する気がします!

 

大公はキイラの監視報告を受け、特に問題はないと判断したようです。

関心もなかったくせに、サロンへ行くと聞いてまた呼び出すなんて、ちょっと気持ち悪いなと思ってしまいました。

愛情を返せなかったのだから、キイラのことはもうそっとしておいてあげてほしいです!

実は私が本物だったネタバレ27話最新話と感想!来ないで!まとめ

今回は、「実は私が本物だった」27話のネタバレと感想を紹介しました!

キイラ参加に慌て恐れるアラベラ。

キイラは初めてのサロンで、アラベラと仲良くなることが出来るのか、今後の展開が気になります!

実は私が本物だったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!