アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ101話最新話と感想!あれから3か月後

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」101話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝の前で裁きを受けることになったネラは、みんなの前で弁解しますが、アイリスはネラを追い詰め、オスカー大公に泣きつきます。

しかし、オスカー大公は、かつて愛を誓い合ったローズとは似ても似つかないとずっと怪しく思っており、ネラに重い刑を与えるのでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」101話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ101話最新話と感想!あれから3か月後

3か月の間の出来事

皇宮にいる夢をみるアイリス。

そこには、小さな薄紫の髪の少女と金髪の少年がいます。

 

迷子になって泣きわめく少女を少年がおぶって家族を捜しに行く…。

その光景に、何か懐かしさを感じていました。

 

目が覚めたアイリスは、予星館にいました。

皆と集まっている最中。

話の内容は、アイリスが伝染病を防ぐことができたと、ダニーはやたらとアイリスをたてるので、他のメンバーにダニーはからかわれ、みんなで談笑していました。

 

あれから3ヶ月経ち、マリアンヌはまだ目覚めることがありません。

3ヶ月の禁固刑を言い渡されたネラ。

しかし、大公妃の力で釈放され、自粛と休養のため遠い土地で暮らすことになりました。

 

しかし、またネラが何をしでかすか分からないので、油断はできません。

大公妃の権力は思った以上に強力なものだと実感したアイリス。

アイリスの復讐を成功させるためにも、大公家との立ち向かう権力を得る必要があり、そのために、この3ヶ月で東部で流行した伝染病問題を解決したのでした。

 

これで、国内外に認められる功績を作ることができたと考えるアイリス。

これをきっかけに衛生観念が改善されることで、再度伝染病が発生してもある程度押さえることができると思っていました。

アイリスが見た夢の内容

ふと、イアンの横顔をみると、アイリスはさっき見ていた夢の中の出来事を思い出します。

アナキンに、自分は幼い頃に皇宮に行ったことはあるかと尋ねるアイリス。

 

するとアナキンは、幼い頃なら何度か行ったと答えました。

幼いころのことはほとんど覚えていないアイリス。

しかし、金髪の少年と遊んでいた記憶だけは思い出すことが出来ました。

リザ皇妃の立ち位置

時間になったので、アイリスは皇帝に会いに皇宮へ向かいます。

陛下の両脇には、イリア皇妃とリザ皇妃が立っていました。

エルガルト伯爵家の公子の命を救ったのは本当かと尋ねられるアイリス。

 

周囲の貴族は事実だと思っていなかったのか、ヒソヒソとアイリスの悪口を言いますが、アイリスは、公子の病を治したのは自分だと認めたことから、周囲の目が変わり、アイリスを国の宝だと言ってたたえました。

皇帝に、褒美は何がいいか尋ねられ、アイリスは老朽化した本殿を改築を願い出ました。

 

金庫がある地下通路があるのにとリザ皇妃は動揺し、顔を青くしながら自室に戻っていきます。

イリア皇妃の家門であるラーガス侯爵家は、リザ皇妃に対抗し、いつもイアンを支持していました。

そんな中、フォレストもイアンと仲良くなり、さらにオスカー大公令嬢のことでカマンディ侯爵のリザ皇妃に対する信用を失ったことから、リザ皇妃の立ち位置に変化が訪れ、3侯爵がイアン側についたのです。

 

不利な状況になっていくリザ皇妃は、リザ・グライフ子爵令嬢だった昔のことを思い出しました。

現皇帝クラウドが皇帝になるとわかっていて、彼が即位した直後にルイ皇子を先皇である兄を失った彼に、子供という新しい家族を与えたのです。

 

皇帝の夜遊び相手が成り上がったのではないと言うリザ皇妃。

皇帝が自分を選んだのではなく、自分が皇帝を選んだのだと、リザ皇妃は侍女に語るのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ101話の感想

3か月経ってもマリアンヌはまだ目覚めないのを見ると、相当すごい衝撃で転落したのでしょうね。

それとも頭の打ちどころが悪かったのでしょうか…。

わがままの度が過ぎるところは欠点でもありましたが、ネラほど性格が悪ではなかったマリアンヌ。

 

イアンに対する執着がなければ、アイリスとマリアンヌは良き友人になることが出来たのでしょうか。

マリアンヌが回復したら、ネラに対してどんな思いを抱くのでしょうか。

大公の養女となったネラでしたが、大公に見放されて今度こそ終わっていくと思っていました。

 

しかし、かなり大公妃に気に入られているようですね。

さっさと釈放されたことに対してはビックリしました。

今は離れたところで暮らしているようですが、いつ何をしてくるか分からないので、警戒が必要です。

 

大公はネラに対してひどい処分を下しましたが、その処分を覆すだけの権力を、大公妃が持っているとなると、アイリスの復讐は前途多難な状態になってきました。

ネラが養子にならなければ、アイリスの作戦はもっとスムーズに行うことが出来たのでしょうか。

 

伝染病を解決したら、ダニーが手のひらをひっくり返したかのようにアイリスになつくようになって笑ってしまいました。

皇帝からの評価も更に上がり、褒美に本殿の改築を願い出るあたり、アイリスは頭がいいなと思いました。

本殿を改築することで、誰かが金庫を見つけるのではと考えたのでしょうか。

 

前途多難にも感じられますが、イリア皇妃の後ろ盾があるのは心強く思います。

追い詰められたリザ皇妃は、先皇がいなくなった事を利用してクラウドを皇帝にしたような口ぶりに感じました。

成りあがりと認めないところも、リザ皇妃のプライドの高さが伺えますね。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ101話最新話!あれから3か月後のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」101話のネタバレと感想をご紹介しました!

3か月の間で、マリアンヌはまだ目覚めず、ネラは大皇妃の権力によってすぐに釈放され、アイリスは伝染病を治す功績をたたえました。

リザ皇妃の立ち位置が危うくなる中、自分がどのようにして今の地位まで上り詰めたのかを語りだすのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!