アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ105話最新話と感想!呪いの力

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」105話のネタバレと感想をまとめてみました!

イアンと仲良くメッセージのやり取りをしていたアイリスでしたが、イアンのからかうような発言に、ブロックをしてしまいました。

ある日、皇帝から呼ばれたアイリスは、イアンが皇帝になれないのは、皇帝になると絶命してしまうからだと言われるのでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」105話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ105話最新話と感想!呪いの力

皇室に伝わる呪い

イアンが皇帝になれば絶命してしまうと聞かされるアイリス。

それは、皇室に伝わる呪いだと言います。

皇室の呪いについては、歴代皇帝が墓まで隠し続けてきた弱点でもありました。

 

10年も経たないうちに崩壊されたのは、リザ皇妃が手を出したせいではないようです。

クラデニスを助け彼を初代皇帝にした、メデイアの話を知っているかと皇帝はアイリスに問いました。

メデイアは大陸に残った唯一の魔術師の末裔。

 

帝国を守護する4人の勇士の一人と呼ばれるほど、優れた能力を持っていました。

帝国の勇士は3人ではなかったかとアイリスが疑問に思います。

すると、クラデニス皇帝が、メデイアの死後、二度と名を呼ばれないように皇帝が命を下し、歴史書からも消したことが理由でした。

 

国の功臣であるメデイアを殺さなければならなかった理由について、メデイアが帝国以前の国に奉仕した者や神を信じない者、彼女に忠実でない者を嫌がったことからだったのです。

帝国の民とは認めず、大勢の人を殺したことから、決断を迫られるクラデニス。

そして、メデイアは死ぬ間際、皇室に呪いをかけたのでした。

発動の条件

メデイアがかけた呪いには発動条件がありました。

クラデニスがメデイアと同じくらい血を流したときに呪われると叫んだそうです。

 

しかし、この呪いのよって、暴政や享楽に溺れるものはいなくなり、長い時を経ても帝国は存在時続けることが出来たのです。

クラウド皇帝もまた南部戦争を許可され、その手に沢山の血がつきました。

南部戦争で勝利したことをきっかけに、ウィンハイト公国の勢いが増したのです。

 

イアンに対立する派閥がのさばる中、もし無理にイアンが即位すれば、自分より多くの血を流すことになったと話す。

イアンが成人しても譲位しなかったのは呪いが原因な様子。

そして、皇帝は既に呪いを発動していると言います。

 

クラウド皇帝は全てを終わらせてからイアンに譲位しようと考えていました。

ラーガス侯爵はイアンが皇帝になることを反対していたので、イリア皇妃をイアンの後見人にします。

そしてラーガス侯爵と牽制しあうようにリザ皇妃を置いたのでした。

 

ラーガスとフォレストが力を合わせればカマンディ侯爵を牽制することができましたが、その時にフォレスト侯爵に悲劇が起きてしまったのです。

先代皇帝がイアンとアイリスの結婚を勧めた理由についても、呪いについてと関係していたため、全く知らなかったアイリスはただ唖然としました。

 

イアンのことを思ってのことだとクラウド皇帝は話し、アイリスは先代皇帝は皇帝を愛しておられると伝えます。

皇帝は、呪いのために魔法を使う者もいて、その中には時間を巻き戻す能力を持つ者もいたことを話すのでした。

アイリスの瞳

予星館に戻ると、アイリスはさっそくイアンとアナキンから、記憶がない5歳以前の話を聞きます。

アイリスの瞳が赤いことについて、アイリスの母ローズが、アイリスに記憶を消す薬を飲ませたことが原因だと、イアンは打ち明けました。

皇室の禁書区域にある本から作られた薬を飲まされ、瞳の色を隠すためのコンタクトも、その時点で作成されていたようです。

 

アイリスの人生が壊されないように、アイリス本人には打ち明けずにいました。

心配なあまり、アイリスがすべてを知ることを反対するアナキン。

しかし、自分の生まれについてと、赤い瞳をしたオスカー大公のことをアイリスは考えるのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ105話の感想

今までよりも、よりファンタジーな設定が出てきました。

時を戻す能力者がいると言っていましたが、もしかしてアイリスが転生したことと何か関係があるのでしょうか。

 

アイリスが過去に転生したのかは、なんとなく理由がありそうに感じます。

力をつけたはずのイアンが命を奪われてしまったと言われているシーンがありましたが、呪いが理由なようですね。

 

リザ皇妃など、対立する派閥を始末していたことから、呪いにかかってしまったと言うことでしょうか。

アイリスの母親は、アイリスのためを思って記憶を失う薬を飲ませたようですが、アイリスの過去について気になります。

アイリスの過去が、今後の展開の中でキーになりそうですね。

 

ネラの瞳の色を変える技術の時も、禁書が出てきましたが、禁書って何なのでしょうか。

次から次へといろいろな設定が出てきて、ストーリーはまだまだ続いていきそうな感じがしましたが、どんな展開が待ち受けているのか気になります。

アイリスの秘密についても興味深いですが、イアンについても気になります。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ105話最新話!呪いの力のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」105話のネタバレと感想をご紹介しました!

クラウド皇帝から、皇室の呪いについて聞かされるアイリス。

さらに、5歳以下の記憶についてイアンとアナキンに訪ねるアイリスに、イアンとアナキンはそれぞれに複雑な思いを抱えるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!