アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~ネタバレ114話最新話と感想!喜びからの非常事態

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~」114話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝から2つの報酬を聞き入れてもらったアイリスはアナキンを騎士団長にし、イアンとの婚約を認めてもらいました。

しかし、イアンとの婚約についてかなり荒れたのでした。

「アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~」114話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~ネタバレ114話最新話と感想!喜びからの非常事態

皇帝が倒れる

アイリスとの婚約が決まったイアンは、いつも以上にとても上機嫌でした。

それは、ほかのメンバーを苛立たせるほど…。

 

そんなところに、皇帝が倒れたとの連絡が入り、慌てて皇宮へ向かうイアン。

アイリスも同様に駆けつけました。

 

イリヤ皇妃から、昼に突然具合が悪くなったことを聞きます。

薬や点滴にも問題ないとの事。

アイリスは、皇帝の呪いのせいかと一瞬疑います。

 

しかし、戦争ほどの血が流れないと急には発動しないことから、呪いは関係ないと考えました。

そうなると毒を盛られた可能性が考えられます。

しかし、医師たちには断言できないほどの毒の種類は多さに、何との言えない状態です。

 

陛下は信用できる者しか傍におかなかったので、誰かが裏切ったと考えられました。

これでルイが皇帝代理になりました。

しかし、イアンとアイリスの結婚が決まったことから、リザ皇妃が焦ったのかもと考えられました。

裏切り者は誰か

アイリスはイリヤ皇妃の許可をもらい、皇帝の体を調べることにしました。

調べていくと、左足の甲にただれがありました。

 

昔からある傷で、脂っこいものなどを食べるとその部分が膨れるのだと話すイリア皇妃。

アイリスはスマホで検索しながら調べていくと、足の甲から毒を注射された可能性にいきつき、皇帝の体に触れることができる人物に絞られました。

 

医師以外は二人の皇妃と侍従長だけ。

しかし、侍従長は皇帝が信頼している人物でした。

アイリスはしばらく皇宮に滞在し、皇帝を看ることにします。

 

テリーにも頼んで、点滴の成分を調べてもらいました。

すると、ほんの少し違和感のある成分・睡眠薬の一種を発見します。

アイリスは裏切りものが誰かを知るのでした。

裏切り者の正体

その頃、アイリスらに監視されている皇医エスロットは、リザ皇妃に連絡することができず動揺しています。

リザ皇妃はばれないように、アイリスやイアンが皇帝に接触しても黙ってみているだけでした。

 

エスロットは、注射したことがばれないように、足の甲の皮膚炎の部分を注射したのでした。

しかし、まさかアイリスがあれほど早く気づくことは予想外だったのです。

頭を抱えるエスロットのところに、皇宮侍女のアンナがやってきます。

 

そして、罪を明らかにしなさいと言いました。

侍従長はごねて言い逃れようとします。

しかし、数人の侍女を連れたアイリスがやってきて、許可はもらっているから捜索すると言うのでした。

アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~ネタバレ114話の感想

仲間からウザがられるほど、イアンはにこにこしているのはなんとなく予想が出来ましたね。

アイリスのことが大好きなので、嬉しいんでしょうね。

 

ですがアイリスとイアンの結びつきをよく思わないリザ皇妃が、さらにとんでもないことをしでかしました。

リザ皇妃は追い詰められているせいか、最近は大きく動きすぎです。

 

追い詰められると何をしでかすか分からない人たちがこの物語には多いなと思いました。

バレなければいいとは言っても、皇帝に手を出したのだから、バレたら今度こそただではおかないだろうと思います。

そして、その正体も思ったよりも早くに見つかりましたね。

 

アイリスがすごいこともあると思いますが、スマホってすごいなと、少し関心してしまいました。

ただリザ皇妃につながる証拠が見つかるかどうかは怪しいところ。

エスロットが裏切れば話は別なのでしょうが…。

 

今回は、睡眠薬の一種と言うことで、致命的な毒ではなかったようです。

睡眠薬も間違えれば毒になってしまうのですが…。

早急に解決できるといいですね。

アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~ネタバレ114話最新話!喜びからの非常事態のまとめ

今回は「アイリス~スマホを落とした貴族令嬢~」114話のネタバレと感想をご紹介しました!

アイリスとイアンの婚約が正式に認められ、イアンは上機嫌だったのですが、皇帝が倒れると言った緊急事態が発生します。

誰か裏切り者がいると断定したアイリスは、さっそくその裏切り者を突き止めるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!