アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ14話最新話と感想!封筒の中の真実

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」14話のネタバレと感想をまとめてみました!

封筒の中にはどんな情報が書かれているのでしょうか。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」14話のネタバレと感想を紹介していきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ14話最新話と感想!封筒の中の真実

封筒の中

アイリスがずっと気になっていた情報が封筒の中にあります。

金髪の青年に促され、アイリスは封筒に手を伸ばしました。

やっと情報をつかむことが出来ると、封筒の中を確認すると、中には小切手が入っていました。

 

通常の依頼ではないと着手金は返すと金髪の青年は言いました。

四人衆の行方については、全員帝都にいるとのこと。

行方についてはアバウトに答えますが、身分については教えてもらえませんでした。

 

四人衆と早く接点を持ちたいと考えていたアイリスにとって、理想的な答えではありません。

求めていた答えを聞けず、困るアイリス。

金髪の青年曰く、真実は明日に分かるようです。

 

情報を提供してくれたので、アイリスは約束通り小切手を受け取ってほしいと渡します。

しかし、小切手は受け取ってもらえませんでした。

その代わりに、何かあったときは助けてほしいと言い、アイリスはその頼みを受け入れました。

ベラ・ミサーラ夫人の生い立ち

ベラ・ミサーラ夫人。

彼女は名ばかりの地方貴族出身で、何不自由なく生活を送ることが出来ました。

 

しかし、それほどお金に裕福ではなく、美貌もそれほど美しいというわけではなかったので、困らない程度の生活はできたものの、充実してはいませんでした。

どことなく劣等感を感じており、満たされていなかったのです。

 

結婚することによって、彼女の運命は変わるだろうと思われていましたが、相手も自分と同じような身分の男性だったため、生活はあまり変わりませんでした。

18歳で結婚し、その翌年には娘が誕生しました。

 

それから20年間献身的に妻としての役割を全うしてきましたが、夫から愛されることはなかったのです。

夫に大切にされない結婚生活を送ってきて、彼女の心は不満でいっぱいでした。

求める愛

愛されずに退屈な結婚生活を送ってきたミサーラ夫人。

夫の兄である侯爵夫婦がこの世からいなくなったことをきっかけに、義姪のアイリスが相続した相当な額の遺産に目がくらんで、彼女を利用することを思いつきました。

 

ベラは愛を得るために、アイリスの資産を食いつぶしながら、傭兵の男と不倫をするようになりました。

夫は自分のことを愛していない。

その寂しさを埋めるために、他の男に愛を求めていました。

 

しかし、ベラが愛を求めていた男もまた、ベラのことは愛してはなかったのです。

ベラのお金が目当てだったので、ベラが求める愛をウザがっていました。

 

男は1千キャスラ必要だとベラを騙し、ベラは工面すると約束します。

男はベラからお金を巻き上げたら、さっさと関係を終わらせようと考えていました。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ14話感想

金髪の青年はアイリスに情報が入った封筒を渡すのかと思っていましたが、まさかの小切手でした。

でも、明日には分かると言っていたので、貴族の集まりがあるのでしょうか。

 

これでようやく、金髪の青年はアイリスに身分を明かすことになるのでしょうか。

真実を知ったアイリスはどんな反応をするのでしょうか。

 

小切手は返金されましたが、アイリスは受け取ってほしいと言います。

その時に、何かあったときには力を貸してほしいと言い、小切手を受け取らなかったのですが、これってこの先強力な助っ人になってくれる可能性大なのではないでしょうか。

 

後半はミサーラ夫人について書かれていました。

ミサーラ夫人は、アイリスにとって復讐のターゲットの一人です。

すごく性格が悪い人物でもありますが、彼女自身もたくさん我慢してきたのだと思うと、なんとも言えない気持ちになってしまいました。

 

復讐するという形ではなく、根本を解決して改心させたうえで、何かしらの処置を考える方向でもいいのでは…。

いい方向でスカッと解決出来たらいいですね。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ14話最新話!封筒の中の真実のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」14話のネタバレと感想を紹介しました!

封筒の中身は小切手でした。

四人衆の行方については帝都におり、明日にでもわかると言います。

調べるまでもないことから着手金を返金するとのこと。

 

それでも受け取ってほしいと小切手を渡すと、何かあったときに協力してほしいと頼み、受け入れることに。

ミサーラ夫人は、生活には不自由しなかったものの、裕福な暮らしををすることはできず、結婚後も夫には愛されず、退屈な日々を過ごしていました。

 

義姪のアイリスが相続する財産を知り、彼女を利用し資産を食いつぶし、他の男で愛を満たそうとしていたのですが、男もまたお金が目的だったのです。

不倫相手の男は金を巻き上げて関係を断ち切ろうと考えていました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!