アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ41話最新話と感想!アイリスのおもてなし

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」41話のネタバレと感想をまとめてみました!

マッカートニー公爵の心を掴もうと、ピザを振る舞うアイリス。

ピザの感想はどうなのでしょうか。

マッカートニー公爵の心を掴むことに成功するのでしょうか。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」41話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ41話最新話と感想!アイリスのおもてなし

母親の味

アイリスが料理を用意したと聞き、素敵なプレゼントだと、レイセンの貴族たちは喜ぶのですが、ピザを目にしたときは少し険悪なムードになりました。

しかし、マッカートニー公爵は、これはと言って突然立ち上がり、躊躇なくピザを口にしました。

 

母の味だと、涙を浮かべながらどんどんとピザをほおばるマッカートニー公爵。

リタの義兄が作っていた料理だから、公爵邸でも食べられていたのは間違いなかったようだ。

 

アイリスはそう確信し、微笑みました。

ローヘンハイムの令嬢がマッカートニー公爵婦人の味をどうして再現することが出来たのかと、他の貴族たちは驚いています。

リザ皇妃も驚いていました。

 

公爵夫人しか知らないはずのレシピをアイリスが知っていることで、ローヘンハイムにも本当の術師が現れたのかと、周囲は騒然とします。

公爵は母の味を再現することが出来るアイリスに、感動したと言いました。

アイリスは、自分も早くに両親を亡くし不安と恐怖で辛い思いをしたことを話し、閣下はご立派だと言います。

 

アイリスとの出会いに目を潤ませて感激するマッカートニー公爵。

レイセンの貴族らもアイリスのもてなしに満足し、リザ皇妃も鼻が高い様子。

そうして歓迎会は穏やかにを終えました。

ソリアの候補者

翌日、ソリアの候補者が皇帝に集められ、アイリスのピザのうわさは早いうちから広まっていました。

ピザはリザ皇妃のお気に入りだから褒めてもらったに違いない。

アイリスが術師だと噂されているが、そんなのはデタラメだ。

 

令嬢たちからアイリスの悪口があちらこちらから聞こえており空気は最悪でした。

そこへメリカ令嬢が現れ、アイリスを和ませます。

その場にはカマンディ侯爵令嬢もいました。

 

皆アイリスには攻撃的だが、カマンディ侯爵は他の貴族に投資という賄賂を送っていることもあり、派閥の違うカマンディ侯爵令嬢には従順に対応していました。

いたるところで広められているアイリスの悪口にも、本人は気にすることもなく、メリカと楽しくお茶をしています。

標的

アイリスに敵対心を送っていても、アイリスが侯爵家と言うこともあるので、皇宮で大きく騒ぎ立てることはできません。

他の令嬢たちはアイリスに対し、不満そうな様子。

 

しかし、あのままにしておくとアイリスはどんどん調子に乗るのではと、他の令嬢はカマンディ侯爵令嬢につけ口をします。

イアンとアイリスの兄が親友なこともあり、幼い頃からイアン一筋で有名なカマンディ侯爵令嬢にとっては、アイリスは憎むべき標的だったのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ41話の感想

やはりピザの見た目が貴族にとってウケが悪かったですね。

でも、アイリスにとって貴族に気に入られるものを作ったわけではなく、対象としていたマッカートニー公爵に気に入られたので、結果オーライですね。

 

リザ皇妃も鼻が高く、これでアイリスの強い味方となってくれることでしょう。

ソリアまで後もう少しですが、この展開を見るとアイリスがソリアに決定する展開が見えていて少し物足りない感じもします。

最後に、アイリスにとって予想外な展開が訪れるか、強力相手と出会うかなど、手ごわい展開が起こってほしいです。

 

アイリスに有利に進みすぎている展開が続いているように感じました。

とはいえ、これからアイリスはどんなことを発想し、実行するのかを考えるのかを見るのは楽しいです。

他の令嬢からすると、アイリスのことが気に入らない存在としてますます孤立しそうですが、アイリスにとってほかの令嬢のことは眼中にはなさそうです。

 

メリカ令嬢もいるので、見方が一人いれば心強いですよね。

次はカマンディ侯爵令嬢と何かありそうな展開を見せてくれるのでしょうか。

イアンのことがずっと大好きだったので、アイリスが標的になるのは流れとしてはそうなりますよね。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ41話最新話!アイリスのおもてなしのまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」41話のネタバレと感想をご紹介しました!

アイリスが作ったピザは、貴族の印象としては険悪な空気になるほどでしたが、マッカートニー公爵は目を潤ませながら感動しました。

アイリスが優位に立ったことで、他の令嬢たちには気に入らず、中でもカマンディ侯爵令嬢はアイリスを憎むべき標的にするのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!