陛下、今度は殺さないでください

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ26話最新話と感想!瀕死のラペルト

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「陛下、今度は殺さないでください」26話のネタバレと感想をまとめてみました!

夜、ラペルトは悪夢を見てうなされていました。

トリーに起こされて呼ばれたラリエットは、自分の薬を持って急いでラペルトの元へ駆けつけます。

ですが、家族が後に苦しめられることが頭をよぎり、薬を渡すことをためらってしまうラリエットでした。

「陛下、今度は殺さないでください」26話のネタバレと感想をご紹介します!

⇒陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ一覧へ

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ26話最新話と感想!瀕死のラペルト

苦しむラペルト

トリーは、動こうとしないラリエットを心配して、大丈夫かと声をかけます。

ビックリしたのだと誤魔化すラリエットは、いつからラペルトがこうなのかと尋ねました。

どうやら悪夢は以前から見ていたようですが、こんな風に熱を出したり呼吸が浅くなったことは初めてとのことでした。

 

話を聞いて、額に手を当てると確かに熱く、高熱があります。

ラリエットは、解熱剤を額に塗り込みました。

その行為で目を覚ましたラペルトは、ラリエットの存在に気がつきます。

 

ラリエットは医者を呼ぶ事を確認しますが、ラペルトは返事をせず、ラリエットにここから出ていくように命令します。

同じく聞き流すラリエットは、本当は飲み薬だと知ってる解熱剤を、母から貰ったもので、使い方が合っているか分からないと言いながら塗り込み続けました。

下手な演技で飲み薬に気が付いたフリをして、今度は薬草をラペルトの口に押し込みます。

 

吐き出すのを想定していたラリエットは、ペッと出したものをキレイにキャッチして、また押し込みます。

イラつくラペルトに、どれだけ怖い夢を見たのかと声をかけました。

出ていく命令を聞かないラリエットを、トリーを使って出ていかせようと声をかけようとした時。

 

ラリエットが遮るように、トリーに急いで水を持ってくるようにお願いします。

急かされて、慌てて水を取りに行ったトリーを確認して、ラリエットは薬草を自分でも食べて見せました。

毒薬ではないと分かると、ラペルトも渋々薬草を飲み込むのでした。

 

弱った姿を見せてもいいのだと伝えるラリエットは、情けなくもなく、自分も怖い夢を見ると優しく話します。

その夢の内容は、目の前の相手に家族を苦しめられる夢でしたが…。

 

今日、自分が助けてあげた事を覚えておいてと思います。

そして、家族を生かせて欲しいと願うのでした。

眠るラペルト

何日も寝ていなかったラペルトは、薬で楽になってくるとすぐに眠りにつきました。

戻ってきたトリーに、今晩は自分がついて診ると話します。

トリー以外側に誰もつけないラペルトでしたが、トリーに今日は例外だと説得します。

 

トリーを気遣って眠るように伝えると、顔を赤らめて、感謝を伝えて出ていきました。

二人きりになったラリエットは、ラペルトを見て、瀕死で危ない状態でも自分を信じなかったラペルトの事を考えます。

正体を知っているベルーア家の父を信じていないのだと理解出来ます。

 

ですが、ルペルト(今はラペルト)を潰せるほどの秘密を握ってはいますが、父は何かを企てるような人ではありませんでした。

そういう事情もあって、アメリア叔母さんはベンティボルト大公を狙って嫁いだのかということも気になり、父や叔母さんに会わなければと考えます。

知識不足で頭を悩ませながら、目の前の怪物に任せるしかないのだと思うのでした。

 

ラリエットは、寝ているラペルトに、自分を信じて欲しいと声をかけます。

殿下を裏切らないからと、心からお願いするのでした。

同じ夢

ラリエットは、また同じ夢を見ていました。

大人の姿で、高いところから街の景色を見ながら、隣にいる男性にベルーアが好きだと話します。

男性と一緒にいることで、すぐにこれが夢だと気がつきます。

 

隣の男性はラリエットに微笑みかけて、そっと手を繋いできました。

その手の感覚がとても小さくて、ラリエットは混乱し始めます。

何かおかしいと思いながらその手をにぎにぎとしていると、おい、声をかけられて、その声にも違和感を感じます。

 

その違和感に途端に意識が覚醒して、バッと目を覚ましました。

目の前には、ラペルトの顔がありました!

ラリエットは、ラペルトのベットでくっつくように添い寝をしていたのでした。

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ26話感想

ラペルトがラリエットをいつまでも距離を取るのは、秘密を知っている父を本当に警戒しているからのようですね。

命を落としそうになっても、薬を素直に飲まなかったり、出ていかそうとしたり、警戒の嵐でした。

ですが、全く信用していない訳ではないようにも少し感じました。

 

ラリエットは途中あんな状態でも嫌がらせをしていましたが(笑)、あれで黒い気持ちが落ち着けたのならよかったと思います。

見捨てずにちゃんと助けてあげることが出来てよかったです。

今後の運命的に、どちらがよいのかは言い切れないかもしれませんが。

 

今日の恩を、ラペルトはどう感じるのでしょうか⁉︎

せっかく助けたのに、最後はとんでもない状態になっていたし、素直に恩を受け取ってくれないかもしれません(笑)

 

ですが、とても気になった夢の相手!

あの2人は、未来のラリエットとルペルトなのでしょうか⁉︎

前話では姿がよく分かりませんでしたが、今回は男性の髪型や髪の色が少し見る事が出来ました。

 

おそらく金髪で、そしてラペルトのような気がします!

今のところ、全く恋愛の素振りがなかったように思いますが、ここに来て遂に⁉︎

そういう展開になっていくのか、続きの展開がとても楽しみです!

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ26話最新話と感想!瀕死のラペルトまとめ

今回は漫画「陛下、今度は殺さないでください」26話のネタバレ・感想をご紹介しました。

ラペルトは、瀕死ながらもラリエットを警戒していました。

ですが、ラリエットの介抱によって、一命を取り留めます。

翌朝、目を覚ましたラリエットは、いつの間にかラペルトと添い寝をしてしまっていたのでした。

⇒陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!