ゴミ捨て場の皇女様

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ10話最新話と感想!引っ越したくない

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ゴミ捨て場の皇女様」10話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回、お風呂への入り方が嫌で暴れたエストレラ。

落ち着いて、陛下と会話をし始めました。

ゴミ捨て場の皇女様10話のネタバレと感想を紹介していきます!

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ10話最新話と感想!引っ越したくない

冬になるまで

以前、この城で一緒に暮らそうとエストレラを誘った陛下。

改めて聞きますが、エストレラは引っ越したくないと言っています。

もうすぐ冬になるからだめだと言うのです。

 

冬になれば今よりももっと寒くなり、エストレラがいた城に一人で暮らすには大変になると説得しようとしました。

それでもエストレラは、ダメと言います。

嫌ではなく、ダメだというエストレラにどうしてダメなのかと聞いても、エストレラは答えようとしません。

 

ここで嫌われるわけにはいかないと陛下は考え、冬になるまでの間ここで過ごすのはどうかと提案しました。

そして、それまでにあの城を工事し、冬を過ごせるようにすることも伝えます。

エストレラは喜び、ひとまずこの城で過ごすことにしました。

 

シオンと会話をするエストレラに陛下は、シオンがなんと言っているか聞きます。

エストレラは、料理がおいしいから陛下の言う通りにするよう言っていることを伝えました。

それを聞いた陛下は、よかったと言います。

 

その言葉にエストレラは少し焦り、冬にはあの城に戻るとまた言うのでした。

陛下は改めて、冬までに工事を終わらせることを約束しました。

初めてのクッキー

目が覚めて、ノランやシオンと戯れているエストレラのもとにシリンとベラがきました。

エストレラは嫌がり、二人に出ていってと言います。

シリンとベラは目を合わせ、二人でクッキーとミルクをエストレラに見せました。

 

食べたことがないというエストレラに、ひとつどうですかと差し出します。

するとエストレラはお皿ごと奪い取り、一気に食べ始めました。

喉に詰まらせるエストレラを見て、シリンとベラは焦ります。

そして慌ててミルクを差し出します。

 

そのミルクを受けとったエストレラは、動物が水分を取るときのようにペロペロとミルクを飲みはじめました。

それを見て、シリンとベラは驚いてしまうのでした。

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ10話感想

冬になるからダメなのですね

こっちの城で暮らせば何不自由なく過ごせるのにと思ってしまいます。

 

前回、最後に出てきたあの人が関係しているのですよね、きっと。

エストレラが友達と言っていた人ですよね。

あの人は冬にしか出てこない感じですが、どういう人なのか気になりますね。

 

エストレラは、初めてクッキーを食べたそうです。

初めて食べたらそれはもうおいしいですよね。

一気に食べてしまうのもわかりますね。

 

ミルクの飲み方は、動物としか暮らしてなかったらきっとそうなってしまいますよね。

他にお手本となる人がいないのですから

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ10話最新話と感想!引っ越したくないまとめ

今回はゴミ捨て場の皇女様10話のネタバレと感想を紹介しました!

エストレラは冬になるからここには引っ越せないと言う。

そんなエストレラに陛下は、エストレラがいた城を工事し冬を過ごせるようにすると約束しました。

エストレラは、シリンとベラが持って来てくれたクッキーを、初めて食べるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!