アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ46話最新話と感想!ネラの思惑

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」46話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリスが作ったライターのおかげて、難航していた会議がスムーズに終わりました。

マリアンヌはアイリスが優遇されているのが気に入らず、憎悪がますます大きくなっている様子です…。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」46話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ46話最新話と感想!ネラの思惑

アイリスの大敵

リザ皇妃のところまで案内されるアイリス。

リザ皇妃の侍女から、招かれているのはアイリスだけでは無き事を知ります、

リザ皇妃の応接間に案内されたアイリスが目にしたのは、リザ皇妃とハワードの実母であるグライフ伯爵夫人でした。

 

過去では、アイリスはハワードの子を身ごもっていました。

しかし、反逆者の子など許せないといい、誕生するのを阻止した人物だったのです。

そこから死にものぐるいで逃げだした記憶は大きく、グライフ伯爵夫人を見るだけでお腹が痛くなるアイリス。

 

しかし、今のアイリスはリザ皇妃に気に入られているため、変に手出ししてこないだろうと考え、自分を落ち着かせます。

リザ皇妃はイリヤ皇妃を好んでいませんでした。

 

そんなイリヤ皇妃の実家は、ヴァレンシアガ公爵家に次ぐ名門侯爵家。

グライフ家は元は子爵家で名門ではないので、フォレスト家の由緒正しい血筋を必要としていました。

リザ皇妃は、アイリスに術師なのか尋ねます。

 

術師だと答えるアイリス。

するとリザ皇妃は、自分好みに仕立て上げれば、この子はどんな宝石よりも価値があると満足そうな表情を浮かべました。

家族になるのだからいつでも力になると、アイリスの手を握るリザ皇妃を見て、グライフ夫人は面白くなさそうでした。

抗議再び

リザ皇妃が自分の父に、躾がなっていないと手紙をだしたことに抗議しにやってきたマリアンヌ。

リザ皇妃は、アイリスに会うまではこちらの味方だったのにとほかの令嬢たちも茫然としていました。

 

何度も文句を言いに来るマリアンヌに対し、リザ皇妃は怒鳴ります。

カマンディ令嬢に、パッヘルベル令嬢と名指しすると、見慣れない令嬢が混ざっていました。

ネラは微笑み、アイリスの従姉妹で、姉妹のように仲良くしているネラ・ミサーラだと微笑みます。

ネラの再会

仲がいいのに、フォレスト侯爵令嬢を批判したのかと聞かれるネラ。

ネラにとって、アイリスも友人の令嬢達も大事な人なので心配だったと答え、謝罪をします。

 

リザ皇妃は、これと言って処罰を与えるでもなく、謝罪を受け入れて終わりました。

その後、マリアンヌはリザ皇妃に怒鳴られたことで悔しくてたまらず、他の令嬢達も気落ちしています。

 

ネラは、皇妃様は聡明な方だから心配しないでとフォローしました。

アイリスは言葉足らずだから誤解しないで欲しいとアイリスのことを気遣うネラに対して、他の令嬢たちはネラに好印象を抱き、持ち上げます。

そこへ皇室警備隊長となったアナキンが通りがかると、ネラは、お兄様、と突然アナキンに呼びかけ、会いたかったとべったり抱きつくのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ46話の感想

最近ネラは登場しないなと思ったら、久々にネラが登場しました。

相変わらず、人を利用するのが上手く、しぶといです。

 

恐ろしい女性ではありますが、これもある意味ネラの才能なのでしょうか。

ネラの次の企みは、アナキンを利用することのようです。

しかし、アナキンはアイリスのことが大好きなので、ネラのことを撃退するんじゃないかなと期待しています。

 

一方アイリスはにとって、元姑のグライフ夫人は辛い過去を思い出させる相手でしたね。

臨月の彼女に対しての仕打ちとは思えません。

妊婦に暴力は女性だろうと敵ですね!

 

しかし、現在のアイリスは、名門侯爵家の令嬢な上に、貴重な術師なので、夫人がいくらアイリスのことが気に入らないとしても、過去のような残虐なことはしてこないのではと思います。

幸いリザ皇妃に守られているようですしね。

でも、このままハワードと早期に結婚させられる展開が待っているのでしょうか。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ46話最新話!ネラの思惑のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」46話のネタバレと感想をご紹介しました!

リザ皇妃に呼ばれたアイリスは、過去にひどいことをしてきた相手、グライフ夫人に会いました。

その一方でネラはアナキンと久しぶりの再会を果たし、べったりと抱きつくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!