悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時ネタバレ17話最新話と感想!ユジンとアイリック公爵

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女が恋に落ちた時」17話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回、イケメンたちに会いに行こうと決めた主人公ですが

悪女が恋に落ちた時17話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ17話最新話と感想!ユジンとアイリック公爵

現れたイケメンたち

主人公はいろんなところを探し回るも、ユジンとアイリック公爵を見つけられません。

落ち込む主人公の元に、ユジンとアイリック公爵が来ます。

興奮してめまいを起こす主人公を、ユジンが支えました。

アイリック公爵も心配し、大丈夫かと聞いてきます。

 

主人公は大丈夫と答え、なぜ二人が一緒にいるのかと聞きました。

ルペルシャ皇女を助けるためであり、今から少し付き合って欲しいとアイリック公爵は言います。

そしてどこかへ向かうのでした。

初めて休暇を取ったアイリック公爵

主人公は、アイリック公爵をチラ見しながら、以前は協力しないって言ってなかったかなと思います。

そんな視線に気づいたのか、アイリック公爵が主人公の方を見て照れるのでした。

そんな二人を見てユジンは思わず笑ってしまいます。

 

そもそもなぜ二人が力を合わせるのか、主人公は疑問でした。

二人の性格がかなり違うため、小説の中ではありえなかったのです。

 

さらにアイリック公爵がルペルシャ皇女のために、休暇を取ったというのも信じられませんでした。

小説ではアリエルのために初めて休暇を取るはずなのです。

主人公が休暇を取ったことをアイリック公爵に聞くと、またアイリック公爵は照れた様子を見せました。

 

自分も休暇がどんなものかはわかってると言うのでした。

冗談?と思いぽかんとする主人公とは反対に、ユジンは爆笑します。

今まで一度も休暇を取ったことがなかったアイリック公爵に、主人公は休暇を知っていたのは意外だと言うのでした。

皇帝に相応しい人

改めて、今まで二人は何をしていたのかと主人公は二人に聞きます。

すると、ルペルシャ皇女の病気の進行を遅らせるための方法を探していたと言いました。

副作用のない薬を作ったから心配しないようにと、アイリック公爵は言います。

 

そんなアイリック公爵に主人公は、ふと疑問を抱きました。

ユジンはともかく、アイリック公爵はなぜそんなに親しくないルペルシャ皇女のためにそこまでするのかと

そう質問した主人公に、アイリック公爵は、あの時皇女様が絶望したり恐れたりする様子を見せなかったと答えます。

 

恐れることは特に何もなかったからではと主人公は言いました。

そんな主人公に、アイリック公爵は皇女様が皇帝になればいいと言うのです。

思っても見なかった返答に主人公は焦ります。

 

もしこの言葉が皇太子の耳に入れば、きっと皇太子は怒り、ルペルシャ皇女に手をかけるのです。

絶対そんなのはだめ!と主人公は考え、そんなことはありえないとアイリック公爵に断言しました。

そして自分は自由に生きることを求めていて、助けてくれるのはありがたいけどその望みは叶えられないと伝えます。

 

けれどアイリック公爵も引こうとはしません。

その気がないのならしょうがないけれど、皇太子よりもルペルシャ皇女の方が皇帝に相応しいと言うのです。

そんなアイリック公爵をユジンが止めました。

 

殺伐としながらも、アイリック公爵はとりあえず諦め、今のは忘れて欲しいと言います。

このやりとりで、アイリック公爵は皇太子のことを心から嫌っていると、主人公は確信したのでした。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ17話感想

イケメンたちが現れてくれましたね。

小説では仲が悪かったはずの二人が協力して薬を作っているなんて

今後も仲良くしてくれればいいのですが。

 

アイリック公爵は、アリエルのために初めて使うはずだった休暇をすでに使ったり、ユジンはルペルシャ皇女を守りたいと思っていたり

もはやかなり小説とは違う関係性ですよね!

小説がどのようになるのか気になってしょうがないです!

 

アイリック公爵は、皇太子のことがめちゃくちゃ嫌いなのですね。

二人の間に何かあったのでしょうか。

ルペルシャ皇女に皇帝になって欲しいと言うくらいですから、そう思わせる何かがあったのですよね。

その辺も気になりますね。

次も楽しみです。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ17話最新話と感想!ユジンとアイリック公爵まとめ

今回は悪女が恋に落ちた時17話のネタバレと感想を紹介しました!

ユジンとアイリック公爵を探していた主人公。

そこへ二人が現れ、付き合って欲しいと言います。

二人は、病気の進行を遅らせる薬をつくっていたのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!