悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ32話最新話と感想!ウサギの正体は?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

突風とともに入ってきたウサギ。

このウサギは一体なんなのでしょうか?

「悪役のエンディングは死のみ」32話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ32話最新話と感想!ウサギの正体は?

喋るウサギ

ペネロペは膝に乗っているウサギを2度見します。

ペネロペの部屋は2階なので、ウサギが風で飛ばされてきたのかと思いました。

 

ウサギにどこから来たのか問いかけます。

すると、依頼が完遂したとウサギがしゃべりました。

 

急にしゃべり出したウサギにペネロペはびっくりします。

白ウサギ商会で待っていますという言葉を最後に、ウサギは消えました。

 

白ウサギといえば、ヴィンターです。

ノーマルモードでもヴィンターは白ウサギを使ってイヴォンと連絡をとっていました。

 

「奇妙な魔術師ヴィンター・ベルダンディ」のエピソードが始まると、システムメッセージが表示されます。

イエスを押して、ヴィンターのお店にワープすることにしました。

ヴィンターの店へ

ペネロペはドアを叩こうとしましたが、叩く前に勝手にドアが開きます。

誰かに監視されているかもしれないと思い、ビクッとしました。

 

お店の中には誰もいません。

椅子に座ろうとした途端、地震のようなゴゴゴという音が鳴り響きました。

奥の扉から音が鳴っているようです。

 

近づくと、「魔術師の秘密を暴きだせ」という隠しクエストが出てきました。

クエストを受ければ、隠し部屋に入ることができるようです。

 

ゲームクリアの第一歩になるかもしれません。

必須クエストじゃないためやるかどうか迷いましたが、最終的にはイエスを押しました。

ヴィンターの隠し部屋

隠し部屋は、建物の外観からは想像できない広さの部屋です。

しばらく進むと、先ほどと同じようなゴゴゴという音が鳴り響きました。

 

奥の方から人の声が聞こえてきます。

ヴィンターの声ではなく子供の声でした。

声の聞こえる方へ行き、壁からこっそり覗きます。

悪役のエンディングは死のみネタバレ32話感想

白いウサギの正体はヴィンターでした!

確かにヴィンターは白いウサギの仮面をかぶっているので、少し考えたら繋がりますね。

 

ウサギの鳴き声だけなら良いんですが、人間の言葉を喋るなんてホラーです。

あんな可愛い姿なのに、声は男性の声でしたので、可愛さが半減…。

 

このゲームの世界には、本当に魔法が存在しているんだと思わせる展開でした。

あんまり魔法が出てくることがないので、あることを忘れちゃいます。

 

それにしても自分から呼んだくせに、店に行っても誰もいないなんて!

現実世界だったらクレームに繋がりかねませんね。

 

誰もいなかったために、ペネロペは隠し部屋に入ってしまいますが、よそ者が入って良いところなんでしょうか…?

隠し部屋のクエストをクリアすれば、ヴィンターの秘密を知れるんですね。

魔術師の秘密というのは少し、気になります。

 

いよいよ、次の話でヴィンターと接触できるのでしょうか?

ヴィンター自身は秘密を安易には知られたくはないとは思うのですが…。

隠し部屋からはヴィンターではなく子供がいるようですが、どういうことなんでしょうね!

悪役のエンディングは死のみネタバレ32話最新話と感想!ウサギの正体は?まとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」32話のネタバレ、感想をご紹介しました。

 

白いウサギはヴィンターからのメッセンジャーのようです。

ヴィンターの新エピソードが開始され、お店の前にワープしました。

お店の中で隠し部屋のクエストで、部屋の中に入ったところで32話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!