悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時ネタバレ32話最新話と感想!面接に来たイビエン令嬢

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女が恋に落ちた時」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

イビエン令嬢のために、使用人の求人を出した主人公。

悪女が恋に落ちた時32話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ32話最新話と感想!面接に来たイビエン令嬢

面接の結果

その求人の面接の最終日です。

エマが選んだ最終面接者の中に、無事にイビエン令嬢がいました。

面接中、主人公は、自分のことを補佐したい理由を聞きました。

 

その質問に答えたのは、イビエン令嬢だけです。

最終面接に残るのは、女だから無理だと思ったこと。

そして、同性だからこそ、ルペルシャ皇女の役に立てるかもと思ったと答えました。

 

主人公は、さらに、ルペルシャ皇女の噂について思っていることを聞きます。

イビエン令嬢は、噂は信じないと答えました。

その言葉を聞いた主人公は、他の面接者を帰らせ、イビエン令嬢だけを残します。

そして、あなたに決めたとイビエン令嬢に伝えました。

イビエン令嬢の契約書

早速、契約書を作ろうと主人公は言います。

契約は、イビエン令嬢に有利なように作るとも言いました。

出来上がった契約書を見たイビエン令嬢は、主人公に詰め寄ります。

あまりにも待遇が良すぎて、訂正して欲しいというのでした。

 

食い下がらないイビエン令嬢に、主人公は、その分結果で返してと言います。

すると、イビエン令嬢は了承しました。

そんなイビエン令嬢を見て、リニが熱い人だと呟きました。

14歳の記憶

主人公に、ルペルシャ皇女の14歳の記憶が戻ります。

ルペルシャ皇女は誕生日に、犬のリシャの小屋をもらっていました。

 

そして、プレゼントについていた手紙を読みます。

すると、ルペルシャ皇女はエマに、リシャを小屋と一緒に誰かにあげるようにいうのでした。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ32話感想

イビエン令嬢が、無事に合格しましたね。

面接する前から、イビエン令嬢に決まっていたようなものですが

面接でも、主人公の質問に答えたのはイビエン令嬢だけでしたから、文句なしの結果ですね。

 

待遇がよすぎて訂正してほしいと、主人公のところにイビエン令嬢が来ましたが、どんな待遇なのでしょうか。

思わず訂正してほしいと言ってしまうような待遇、されてみたいです

リニが熱い人だと言っていましたが、まさにその通りですね。

何事にも全力感が、イビエン令嬢からは伝わってきます。

 

そして、ルペルシャ皇女の14歳の記憶を取り戻しましたね。

犬と犬小屋を、誰かにあげて欲しいとルペルシャ皇女は言いましたが

手紙には、一体なんと書かれていたのか気になります。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ32話最新話と感想!面接に来たイビエン令嬢まとめ

今回は悪女が恋に落ちた時32話のネタバレと感想を紹介しました!

最終面接にイビエン令嬢がやってきます。

主人公は、イビエン令嬢を無事に採用しました。

ルペルシャ皇女は、14歳の誕生日に手紙を読み、子犬を手放すのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!