悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時ネタバレ8話最新話と感想!銀の騎士ユジン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女が恋に落ちた時」8話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回サブキャラを守るための行動に移った主人公。

まずはユジンに会いに行きますが

悪女が恋に落ちた時8話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ8話最新話と感想!銀の騎士ユジン

皇女の護衛騎士ユジン

主人公はありがたいと言いながらユジンの手を握りますが、ユジンは焦りを隠せません。

軽蔑したよな視線を向けて来るユジンに、主人公は屈せず行きたいところがあるから一緒に行ってほしいというのでした。

 

皇宮は広く、たくさん見る場所もあるので一緒に見て時間を過ごせば、ルペルシャ皇女のことを受け入れてくれるのではと思ったのです。

命令ではなく意思を聞いてくる主人公に、ユジンは命令したらどうかと言います。

そんなユジンに主人公は、ユジンが自身(ルペルシャ皇女)のことを嫌いで、不快に思わせたくないからお願いしていると返すのでした。

 

ユジンはルペルシャ皇女の護衛の騎士でありながら、こうも露骨な態度なのは皇女宮から追い出してほしいからです。

ユジンは銀の騎士という称号を持ち、また自由騎士でもあります。

皇族であるルペルシャ皇女に失礼な態度を取ろうと、お咎めを受けることはない地位の騎士なのでした。

 

悩むものの、その願いが不快なことや自分以外の護衛もいるなどと食い下がらないユジン。

それでも主人公は、ユジンと行きたいと言うのでした。

そして、ユジンが好きだとも。

もちろんイケメン大好きの主人公なので、顔が好きの意ですが。

 

ユジンは自分に嫌われていると知っていながらも一緒に行きたくて、更には好きだとも言ってくる主人公に悲しい告白だと言いながら、一緒に行くことを承諾しました。

ユジンが皇宮に来た理由

そんなユジンがなぜこの皇宮にいるかというと、それはアイリック公爵に会うためでした。

帝国からさまざまな特権を与えられましたがそんなものには全く興味がありません。

 

ユジンは自分と同等に張り合う人を探して皇宮を訪れたものの、ルペルシャ皇女の護衛にされたのでした。

到底納得がいかないユジンは、ルペルシャ皇女の方から追い出して欲しかったのです。

しかし、嫌われていると知りながらもお願いしてくるルペルシャ皇女のことを面白いと思い、一緒に行くことにしたのでした。

方向音痴の主人公

主人公は極度の方向音痴です。

それはどれだけ知っている道であっても、看板が変わってしまえば迷うほどに。

 

そんな主人公を心配してメイド長のエマは、リニと一緒に行くよう提案します。

そんな心配をしてくるメイドたちに主人公はユジンと行くから大丈夫だと伝えました。

あんな無礼な人と行くなんてと固まるメイドたちに、主人公は自分が誘っていくのだから心配しないでと言います。

 

そんな主人公にエマは、方向音痴がとても心配だけどユジンが一緒なら安心だと言うのでした。

主人公はメイドたちに行ってくると言い出かけるのでした。

ただ好きだから

小さな花や木々が咲き乱れ、人気のない広い場所とエマが言っていたと説明する主人公。

そんな主人公に、なぜここに自分と来たかったのかとユジンは聞きます。

そして好きだからなどとはぐらかさないようにとも。

 

主人公は本当に好きなだけだから難しく考えないようにと言いますが、ユジンは嫌われていながら好きになれる人などいないと言うのです。

そんなユジンに主人公はここにいるといい、ユジンを呆れさせるのでした。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ8話感想

ユジン、無事に一緒に行ってくれました!

少し距離が近づいたと思いたいですね。

嫌われていてもただひたすらに(顔が)好きだという主人公。

さすが小説のファンであり、イケメン大好きです。

 

方向音痴の人って、本当めちゃくちゃすごい人いますよね。

この主人公ほどではないですが、周りにも結構います。

 

そんなことよりユジンが会いたいアイリック公爵とは誰なのでしょうか。

その人に会ってユジンは何をするつもりなのでしょうか。

主人公はユジンを守ることができるのでしょうか。

まだまだ気になることがたくさんです!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ8話最新話と感想!銀の騎士ユジンまとめ

今回は「悪女が恋に落ちた時」8話のネタバレと感想を紹介しました!

ユジンに会いに行った主人公は、行きたいところがあるとユジンを誘います。

そんなユジンはルペルシャ皇女を嫌っているため拒否しようとします。

しかし嫌いだと知っていながらも食い下がらない主人公を面白いと思い、付き合うのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!