悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ10話最新話と感想!聖女は矛盾している?

スポンサーリンク

前回は、アマリリス帝国の社交パーティーで、エルザネスとレンの陰口を夫人らが言っていたところで終わっていたのですが、今回はロベリア王国の社交パーティーでの夫人らのやりとりから始まります。

以前まではロベリア王国ではエルザネスの陰口を言う夫人らばかりでしたのが今回はどうなのでしょうか?

 

今回の悪女は変化するネタバレ10話と感想では、リリエルに対して矛盾を感じるかと思います。

そんな悪女は変化するネタバレ10話と感想をお伝えいたします。

悪女は変化するネタバレ10話最新話!聖女は矛盾している?

ロベリア王国の社交パーティーで、夫人らが近頃ロベリア王国の社交パーティーに活気がないことについて話していました。

その原因について夫人らは話していたのですが、それはエルザネスがアマリリス帝国に行ってしまったことではないかと考えられました。

 

エルザネスはロベリア王国の社交パーティーで質の高い活躍をしていたのを夫人らも知っていたのです。

その話の流れで、夫人らの話題はリリエルの話題になり、どうやら近頃リリエルを誉めそやす話もされなくなったようです。

 

リリエルはチャリティーイベントのとき食品の担当をしたのですが、リリエルは水分が多い食品を準備していたようで、チャリティーイベントが始まる前に食品を腐らせてしまったとのこと。

そのことが原因で貧民たちはたった二切れのパンを貰う為に何時間も並ばされたそうです。

 

チャリティーイベントの為に集めた募金は数万セナほど。

それにもかかわらず、こんなことがあっていたという事実に夫人らは驚いていました。

 

一人の夫人が振り返ると若い3人の男たちが夫人らを見つめ後ろめたそうな表情を浮かべていました。

若い貴族たちはリリエルを尊重している人らがほとんどなので、夫人らのような年上の貴族にかなり警戒しているようです。

 

さすがの夫人らでも好きではないエルザネスに対しても若い3人の男たちのような態度はとらないと話していました。

そして、エルザネスがリリエルに対し意地悪をしているという噂が本当は事実ではないことであることが判明

 

夫人らでも知らないことがエルザネスとリリエルにはあるのではないかと疑問に感じたのでした。

一方そのころアマリリス帝国では、エルザネスのアマリリス帝国での作法指導を行っていました。

 

エルザネスは短時間でアマリリス帝国での作法を完璧にマスターしていたのです。

さすがの指導者もエルザネスの優秀さにかなり驚かされたようです。

 

アマリリス帝国での作法の指導の後は、沐浴をしその後は自由時間と執事に伝えられ、エルザネスは明日に控えている結婚式があるので夕食は要らないことを伝えました。

その後、執事にお礼をいい自室で夕日を眺めていました。

 

その時、エルザネスはロベリア王国でのことを振り返っていました。

それは、エルザネスにとってかなり昔のことのように感じているようです。

 

ロベリア王国では、あまりいい思い出がないエルザネス

アマリリス帝国で新たな人生を送っていけるのか不安になっていました。

 

そんなことを考えるとドアのノック音が部屋に響きました。

そこに立っていたのはレン。

 

レンはエルザネスを庭園に連れていき他愛もない話をしていました。

レンは急に真面目な顔で、以前の食事の席でお互いに愛を求めるのはやめようという話をしたことについて話しました。

 

レンは、リリエルからエルザネスが花嫁に変わったと聞いたときこの結婚には、同盟の為の使命によるものなので、どうでもいいと思っていたことを正直にエルザネスに伝えます。

けれど、その気持ちは今はないことも同時に伝えます。

 

レンはエルザネスが例え愛を捧げることができなくても、自分と生涯共にする人がエルザネスで良かったと思っていることをエルザネスの手をとりながら話しました。

そして、エルザネスがウィンターナイト公爵家で満足に暮らして貰えるように生涯のパートナーとして最善を尽くすことを意思表明したのです。

 

その言葉にエルザネスはレンの手を握り返し、自分もレンの生涯のパートナーとして最善を尽くすことを意思表明しました。

エルザネスはレンとならうまくいくと信じ、先程の不安は消えていったのでした。

悪女は変化するネタバレ10話感想

悪女は変化するネタバレ10話の感想は、最初のロベリア王国の社交パーティーでの夫人らのやり取りから、やはりエルザネスは誤解されているということが分かりました。

それと併せて、リリエルはあれだけ社交パーティーを優先させたエルザネスに対し激怒していたにもかかわらず、仕事は失敗していることに矛盾を感じました

 

それを信じ続ける若い貴族たち。

何がそこまでリリエルを讃えているのかまだまだ不明なところがたくさんですね。

 

そして一方エルザネスは、アマリリス帝国でも相変わらずの優秀ぶりでしたね。

エルザネスはロベリア王国では「悪女」と呼ばれ続け、人々に意味嫌われていましたがアマリリス帝国でも同じようになるのではないかと不安になっていたように感じました。

 

けれど、それをかき消してくれたレン。

とてもいいタイミングでエルザネスの前に現れてくれたと思いました。

 

以前の気持ちと違うと話していたレンですが、やはりここでも「愛」は捧げれないと伝えていることから、そこは変わらないことが分かりますね。

この2人にこれ以上の変化はないのでしょうか?

 

リリエルのこと、レンとエルザネスの関係に疑問をかなり感じるところになりますね。

以上が悪女は変化するネタバレ10話の感想になります。

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ10話で、エルザネスとリリエルの関係に謎があることが分かる
  • 悪女は変化するネタバレ10話で、エルザネスとレンが障害のパートナーとして最善を尽くすことを約束する
  • 悪女は変化するネタバレ10話の感想は、リリエルの行動に疑問を感じる
  • 悪女は変化するネタバレ10話の感想は、レンとエルザネスの「愛」を捧がないという意思は固い

エルザネスとリリエルの関係の謎とレンとエルザネスの関係性まだまだ変化がありそうですね!

今後も悪女は変化するネタバレを要チェックです!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!