悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ9話最新話と感想!レンとエルザネスが急接近!

前回は、エルザネスが結婚式で着るドレスを着てレンの元へ現れ、レンがエルザネスのドレス姿に魅了されているシーンで終わっていました。

今回の悪女は変化するネタバレ9話と感想では、エルザネスとレンが急接近をします。

 

まだ出会って間もない2人ですが、こんなにお似合いなんてと感じる方もいるかもしれません。

そういったことを意識されながらレンとエルザネスのやりとりを注文しながら見ていただければと思います。

 

そんな悪女は変化するネタバレ9話と感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ9話最新話!レンとエルザネスが急接近!

レンがエルザネスのドレス姿に魅了されていることを知らずに、エルザネスはドレスはどうかレンに問いかけます。

レンはエルザネスに少し照れながら感想を述べました

 

感想を述べたレンはエルザネスの元へ近づき、エルザネスほどの完璧な花嫁はどこにもいないことを伝えました。

エルザネスはレンのその言葉に少し驚きましたが、嬉しそうにレンにお礼を言ったのでした。

 

そんな2人のやりとりを見ていたデザイナーと助手も、目を輝かせながらエルザネスのドレス姿を褒めます。

次は、披露宴で着るドレスをエルザネスはデザイナーとレンと共に探し、着るドレスを決めていったのでした。

 

デザイナーと助手は、2人がお似合いであることを話しており、デザイナーと助手にはエルザネスとレンはまるで芸術のような2人に見えていたのでした。

ドレスを一通り決め、部屋を後にするとレンがエルザネスに通常であれば一週間ほど迷って決めるドレス選びを即日に決めてしまったことを心配していました。

 

エルザネスは、デザイナーのドレスが気に入ったのもあるのですが、レンがドレスを一緒に選んでくれたことが何より嬉しかったようです。

気に入ったドレスを選べたものの、あれだけのドレスを決めたので金額のことをエルザネスは心配していました。

 

レンはそれに対し問題ないことを伝え、レンにとってもエルザネスとっても人生最後の結婚ということもあり遠慮しないでほしいことを伝えました。

エルザネスはレンのその言葉で思い出したのですが、アマリリス帝国では皇族の一員は離婚できないという決まりがあったのです。

 

エルザネスは、レンが自分と一生を共にする人で本当に良かったと実感しました。

そのとき、執事からレンに予定の時間が迫っていることを伝え、エルザネスと別れようとするのですが、レンは少し困った表情を見せます。

 

そして、エルザネスの赤い髪にキスをし結婚式では最高の花嫁になることを告げました。

その頃、アマリリス社交パーティーを開いており、かなり賑わっていました。

 

社交パーティーに来ていた夫人らはレンが結婚することについての話題を話しているようです。

それはいつかの社交パーティーでも見たエルザネスが「悪女」と呼ばれ、陰口を言われていた光景を思い出しました

 

以前の陰口と違うのは、エルザネスのことだけではなく、レンのことについても話題になっていました。

それを遠くからブルーベルが聞いており、陰口を言う夫人らに嫌気をさしていました。

 

それを夫人らの嫉妬となだめるブルーベルとは正反対の大人しそうな女性。

夫人らの話からブルーベルも実は、レンがロベリア王国の王家ではなく、クロッカス公爵家の娘と結婚するのは意外と感じていたようです。

 

クロッカス公爵家も王家の血筋ではあるのですが、少し遠い血筋のようです。

大人しそうな女性がエルザネスが本当に悪女なのかをブルーベルに尋ねると、ブルーベルは少し言葉を濁し、紅茶を飲むのでした。

悪女は変化するネタバレ9話感想

エルザネスとレンのやりとりを見ていただいたと思うのですが、この2人どんどん急接近しているのがお分かりになりますでしょうか?

最初は手紙だけのやりとりだけだった2人ですが、出会って間もないのにもかかわらずお似合いのレンとエルザネス。

 

デザイナーと助手もレンとエルザネスを芸術のような2人と賞賛するぐらいお似合いなのが伝わりましたね。

エルザネスとレンが別れるシーンも、レンが突然、エルザネスの髪にキスをするところもドキドキしてしまいますよね。

 

悪女は変化するのネタバレ9話を見ている方からしたら共感していただけるかと思います。

けれど、お気づきになったでしょうか?

 

エルザネスはレンのこういった行動に優しい表情はするものの、顔を赤く染めたり照れたりすることは無いのです。

レンはドレスを着たエルザネスを見て頬を赤く染めるなどなっていたのですが、エルザネスにはまだその様子は伺えません。

 

エルザネスはまだレンのことを意識していない可能性があるなと感じたので、今後どのようになっていくか気になりますね。

そして、アマリリス帝国の社交パーティーについてはロベリア王国と同様エルザネスの陰口を夫人らが話しているシーンがありました。

 

この部分を見たときなんだか切なくなった上に、本当のエルザネスのことを知らないのにという感情になりました。

加えて、それはレンも同様のようで、本当にこの2人は似たもの同士だなと感じました。

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ9話でエルザネスとレンは急接近する
  • 悪女は変化するネタバレ9話でエルザネスとレンは同じ境遇だと分かる
  • 悪女は変化するネタバレ9話の感想は、アマリリス帝国でもエルザネスは「悪女」と呼ばれる
  • 悪女は変化するネタバレ9話の感想は、レンもエルザネス同様陰口を言われている
    悪女は変化するネタバレ9話では急接近したレンとエルザネスですが、これからも急接近しそうな予感がしますね。
    早く「悪女」「北方の怪物」という呼び名も変えて欲しいなと切実に願います。
    今後の悪女は変化するネタバレも要チェックです。

 

-悪女は変化する