悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ44話最新話と感想!レンの過去

スポンサーリンク

前回の悪女は変化するネタバレと感想では、バレンシアの過去が明かされ、ついにウインナーナイト家でのバケーションが始まりました。

バレンシアはレンがまだ自分に未練があると思っているのですが、実際のところどう思っているのか気になりますよね。

 

今回の悪女は変化するネタバレ44話と感想では、レンが「北方の怪物」と呼ばれるようになった原因が判明します。

そして、レンとエルザネスの関係性がさらにいいものになりますので注目していただきたいです。

 

そんな悪女は変化するネタバレ44話と感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ44話最新話!レンの過去

バレンシアは用意された自分の部屋で侍女に髪の毛の染め直しをお願いしていました。

エルザネスから感じた輝きがバレンシアにとっては気に食わず、とても機嫌が悪い様子。

侍女がウインナーナイト家のことなどについての印象などを話していると八つ当たりするように返答するバレンシア。

 

すると、ドアの方からノック音が響きました。

そこにいたのはバルでした。

 

バルと分かると先程までの不機嫌なバレンシアはどこかにいき、笑顔で心配してきてくれたバルに話しかけるバレンシア。

バレンシアは心の中でレンよりバルの方が良いと思っている様子。

 

一方、その頃厨房ではロバートが中心になり大忙しの模様。

そんな厨房の様子を覗きにきたエルザネス。

 

エルザネスがロバートと話しているとレンが美味しいお酒を仕入れたからと言ってやって来ました。

エルザネスはレンも協力しておもてなしをしてくれていることに喜びを感じていました。

 

レンもまたエルザネスが一生懸命になっておもてなしをしている様子から何か手伝いたいと思った模様。

そんなレンにエルザネスは優しく口付けをしました。

 

そして、エルザネスとレンは腰掛けお茶をしているときレンがバレンシアのことで気分を害していないかエルザネスに尋ねました。

エルザネスは全くそんなことは思っておらず、レンの方が気まずかったのではないか尋ねます。

 

ですが、レンは過去に辛い思いをしたときに比べれば全く問題ないことをエルザネスに伝えました。

レンの過去の辛い思いをしたことについて尋ねるエルザネス。

 

レンが爵位を受ける前アカデミーで一緒だったバレンシアは誰にでも優しくとても人気者だったようです。

その頃のレンとは正反対の人物だったので、バレンシアに魅了されたとのこと。

 

バレンシアの態度は曖昧だったのですが、他の人に比べ自分と親しくしてくれるためそれで満足していたレン。

バレンシアが望むものを全て叶え、いつかは自分の気持ちに応えてくれるとレンは信じていました。

 

ですが、アカデミーの祭りの日に学生に変装したアルンデルがバレンシアを人質にとり、脅していたとのこと。

レンは当時は冬の魔法を完全に受け継いだわけでなかったため、勝てる保証がありませんでした。

 

ですが、愛するバレンシアが助けを求めているのを放っておくわけにはいきませんでした。

レンは自分の力でアルンデルに勝ちバレンシアの元へ近づこうとすると、バレンシアはまるで恐ろしいものを見たのかのように叫びながら怯えている様子。

 

そしてレンのとこを周囲に怪物のように恐ろしかったということを泣きながら説明し、レンはそこから「北方の怪物」と呼ばれるようになったのでした。

レンはただ、愛するバレンシアを助けたかっただけだったのにバレンシアには怯えられ、周囲には恐れられ次第に孤立したようです。

 

そして、自分がウインナーナイト家であるということは愛する人をアルンデルとの戦いに巻き込んでしまうということに気づいたレン。

だからレンは、自分が「愛」などを求めてはいけないと心から誓ったとのこと。

 

そして、レンはエルザネスに出会い本当の「愛」を知ることができたのでした。

全てを聞いたエルザネスは、いきなり立ち上がり、アルンデルから皆んなを守ったレンのことを誇りに思うことを伝えました。

 

そして、力一杯抱きしめ合うレンとエルザネスなのでした。

悪女は変化するネタバレ44話感想

レンが「北方の怪物」と呼ばれるようになったのはバレンシアが原因ということが分かりましたね。

バレンシアにとって、当時のレンの姿は怯えてしまうくらい恐ろしい姿だったのかもしれません。

 

ですが、レンは愛するバレンシアのために命をかけて助けただけだったにもかかわらず、周囲の人々にレンを「怪物」として噂を立てたバレンシア。

命を助けてもらってそんな最低なことができるだなんて信じられませんよね。

 

レンが「愛」を求めないといった理由にも納得できます。

それだけ辛い思いをしていれば、次の恋だなんてできるわけがありませんよね。

 

ですが、エルザネスに出会ってそういう考えが変わったレン。

本当にエルザネスとレンが出会えて良かったと心の底から思います。

 

対するバレンシアは、八方美人なところがかなりあるようですね。

バルの前では良い人を演じていますが、後々は気づかれてしまうのではないのか?と考えられます。

レンの過去を聞いてエルザネスはどんな気持ちになっているのか注目しないといけませんね。

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ44話で、レンが「北方の怪物」と呼ばれるようになったのはバレンシアが原因ということが分かる
  • 悪女は変化するネタバレ44話でバレンシアが八方美人であることが分かる
  • 悪女は変化するネタバレ44話の感想はバレンシアに心から怒りを感じる
  • 悪女は変化するネタバレ44話の感想はレンの過去を知ったエルザネスの気持ちが気になる

レンの過去を知り、優しく抱きしめたエルザネス。

またレンとエルザネスの関係性が良くなりました。

 

次回の悪女は変化するネタバレ44話と感想も要チェックです!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!