悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ61話最新話と感想!急ぎ、ロベリアへ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は変化する」61話のネタバレと感想をまとめてみました!

ロベリアのカレス皇子の婚約式に出席することになったレンですが、目的は他にもありました。

居なくなった騎士や、国王の怪しい動きを調べる為、出発を急ぐのでした。

「悪女は変化する」61話のネタバレと感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ61話最新話と感想!急ぎ、ロベリアへ

急ぎの出発

レン達は屋敷に戻ってすぐ、その日のうちに出かける為、準備を急ぎます。

ワープゲートを使って、一番早い方法でロベリアに向かいます。

レンがここまで急ぐ理由は、他の使節団が到着する前に、失踪した騎士のジンジャーについて調べなければいけないと思うからでした。

 

ジンジャーの失踪に、もしアルンデルが関わっているとしたら、無事でいる可能性は低いと予想する二人。

その話になった時は、重い沈黙が流れました。

 

レンは、嫁いでから初めての里帰りにゆっくり準備をさせてあげられなかった事を気遣います。

そして、クロッカス家に滞在する事が大丈夫かを心配していました。

エルザは心配しないようにレンに伝えます。

 

エルザにとっての過去の苦しみは、この間のレンの抱擁によって全て消えていました。

微笑み合う二人は、終始互いを思いやるのでした。

 

そしてレンは、普段使えるタイプの、指輪のアーティファクトを取り出します。

何が起こるか分からない今回の旅路に備えて、エルザの為に用意した物でした。

 

指輪をエルザに付けてあげるレンは、自分がエルザを守ると宣言をします。

エルザも、何があっても一緒に乗り越える事を誓うのでした。

リリエルのパーティ

煌びやかな宝石を身につけて、リリエルは主催するカクテルパーティーに出ていました。

皆から婚約を祝われ、リリエルが率いる未来を期待されます。

 

リリエルは、これからのロベリアについて話しだしました。

身分を否定し、贅沢に溺れる貴族には未来がないと言うリリエルは、王妃になったら貴族の特権を取り上げる事を宣言します。

ロベリアの全ての民が平等である国を目指すリリエルに、拍手が巻き起こるのでした。

 

そんな中、リリエルの友人プリッケは、貴族の特権を取り上げるという事についてリリエルに問いかけました。

今開いているカクテルパーティも、貴族だから出来ている事ではないかと疑問を投げかけます。

会場は一度、シーンと静まり返りました。

 

リリエルはクスリと笑い、無知な民にはリーダーが必要なのだと切り返しました。

地位に相応しい人格や実力を備えたのであれば、ロベリアの未来のために動かなくてはいけないと語ります。

そこへ、リリエルに賛同しながら、カレス皇子が現れました。

 

一同は、揃って頭を下げます。

そして、皇子と婚約者リリエルの人柄等を絶賛します。

会場には、称賛されて幸せそうなリリエルと、対照的に暗い表情をしているプリッケの姿がありました。

 

陛下と会ってきたカレス皇子も、暗い表情をしていました。

カレス皇子は、最近の父の様子がおかしく感じて、とても心配のようです。

リリエルは気にしすぎだと言って散歩に誘い、心配しすぎないように促すのでした。

 

散歩をして離れていく二人を見て、さっきまで絶賛していた人々は、こぞってリリエルの批判を始めました。

自由と平等を掲げるリリエルでしたが、やっている事は、ロベリアで一番の権力と贅沢を手に入れようとしています。

リリエルに対して、裏では軽蔑し、陰口を叩く人ばかりになっていました。

 

そんな光景を離れて見ていたプリッケは、本人の前では何も言えない彼らを滑稽だと思うのでした。

パーティの夜

寝る準備をするリリエルと侍女のサラは、談笑をしていました。

明日から王宮に入って婚約式の準備をする為、リリエルはサラに、荷物をまとめてあるかを確認をします。

もちろんしてあると言うサラは、お供ができない事を残念がります。

 

リリエルはサラの事を最高の侍女と認めていました。

1番の親友たとサラに伝えます。

サラも、使用人にまで親切なリリエルに仕えることができて、幸せだったと答えるのでした。

 

ベッドに入るリリエルに、サラは婚約式にエルザが来る事を伝えました。

手紙一つくれなかったエルザが来る理由が分からないと話すサラ。

いつもリリエルの邪魔ばかりしていたから、婚約式もぶち壊しに来るのじゃないかと懸念します。

 

リリエルは、そんな事を言うサラに、社交界に忙しいのだとフォローします。

サラは、今も派手なドレスを着て、贅沢な社交界を飛び回ってるのだろうとため息をつきました。

リリエルは申し訳なさそうに、向こうに嫁いだ姉にはそれしか楽しみがないから、仕方がないと言うのでした。

 

姉の結婚を気の毒に思っているリリエルは、サラに姉には優しくしてあげるようにお願いをします。

そして、幸せそうな自分の話もしないように注意を添えて。

サラは、エルザに酷い目にあってきたのに、優しすぎると話すのでした。

 

一人になったリリエルは、姉は、自分がカレス皇子と婚約するとは思いもしなかっただろうと笑います。

久しぶりに会えると聞いて、懐かしさが込み上げてくるのでした。

悪女は変化するネタバレ61話感想

レンは、集中してジンジャーの件を調べられるように急いでいたのですね。

おそらく殺害されている可能性が高いこの件が、無事に解決するといいのですが…。

 

指輪のアーティファクトはいいですね!

確かに、あの豪華なネックレスはいつもつけるのは難しそうです。

大代受け継がれている大事なものでもありますしね。

 

外で問題がありながらも幸せそうな姉ですが、妹は相変わらず二人を酷い目で見ていました。

リリエルなりの姉への気遣いを見せていますが、やっぱりどこかバカにしているようにも思ってしまいます(汗)

パーティでも言ってることとやっていることがめちゃくちゃで、カレス皇子の悩みにも真剣に向き合っていませんでした。

 

どうしても彼女には、自分本位の身勝手さがあるように思えてしまうのですが、それが甘やかされてきたツケなのでしょうか。

今一番優しくしてくれる侍女のサラを、今度は一番の親友と言い始めたリリエルでした。

一番の親友だったはずのプリッケも離れてしまっているのを、やはり肌で感じているのかもしれませんね。

 

自分より下に見ている姉の幸せな姿を見てしまったら、彼女が壊れてしまいそうで怖いです。

紆余曲折有りそうですが、姉妹が本当に仲良く、打ち解けられる日が来ることを心から祈りたいです。

悪女は変化するネタバレ61話最新話と感想!急ぎ、ロベリアへまとめ

今回は漫画「悪女は変化する」61話のネタバレ・感想をご紹介しました。

 

レン達は一刻も早く調査する為、ロベリアに急ぎます。

明日より王宮で準備を始めるリリエルは、婚約式にエルザが来ることを知るのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!