悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す12話ネタバレ最新話と感想!過敏な警戒心

スポンサーリンク

悪女は砂時計をひっくり返す12話ネタバレ最新話と感想!悪女の緻密さと、過敏な警戒心

「ピッコマ!」で連載中の恋愛まんが「悪女は砂時計をひっくり返す」12話のネタバレと感想をまとめてみました!

オスカーの取り合いバトルは、彼からのプレゼントを前にミエールとアリアの心理戦として繰り広げられます。

ミエールのウソを暴くつもりのアリアは、貴族の令嬢との交流を通じ良いイメージ化に成功はしていますが、常に周りに対しての不信感にさらされているのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す第12話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ12話最新話と感想!

オスカーから届いたプレゼント

オスカーが去っていきます。

母親が荷物を抱え、アリアのところへ飛び込んできました。

オスカーが来ていたことを尋ねられて、刺繍をしていたアリアは週末に来ていたことを答えます。

母親はショッピングに行っていたようで、お土産をアリアに渡します。

 

母親はアリアにまとわりつき、オスカーをお勧めしますが、アリアは刺繍に専念していて話を取り合いません。

母親はいいチャンスと思ったようで、残念がっています。

が、アリアにはうまくいっている確信がありました。

 

プレデリック家から、青いリボンと赤いリボンの箱がプレゼントとして届いたのです!

屋敷で働いている者たちは、大きな箱を2つも送るなんて、オスカーの気持ちは本物だ、などと噂をしています。

お返しは何にするか考え、プレゼントを前にドキドキしているミエール。

 

オスカーからの伝言が述べられているちょうどその時、アリアが侍女ジェシーを連れてやって来ました。

赤いリボンの箱はミエールに、青いリボンの箱はアリアへ、と言うのです!

その場が静まり返り、ミエールはアリアを凝視し、アリアはきょとんとします。

 

母親がアリアもオスカーにプレゼントをもらったことを指摘すると、アリアはニコニコと笑って答えました。

アリアが渡したハンカチのお返しだろう、と。

オスカーがアリアからハンカチを受け取った、ということでザワつく従業員たち。

 

手紙もあって、ミエール、アリア、それぞれに用意されていました。

母親がアリアに手紙の内容を読むように促しますが、アリアはたいした内容ではないだろうから、ミエールに読んでもらいたい、とミエールをチラ見します。

ミエールも、姉であるアリアの手紙を先に読んだほうが、と遠慮を見せます。

 

アリアは、婚約の話が出ているミエールへのラブレターは、みんなが気になると言うのでした。

しぶしぶかのように見せかけ、ミエールは姉も読むことを条件に、手紙を読み始めかけます。

と、アリアが笑って身を振り替えし、母親が冗談なんて言うからと、プレゼントのほうへ足を進めました。

 

オスカーに悪いので大勢の前で勝手に手紙を読むことはしないと言い、プレゼントを開けることをミエールのそばにいた侍女に命じます。

ミエール専属の侍女エマが箱を開ける間、アリアはミエール側からの視線をずっと感じていました。

開かれた箱の中にはピンク色で統一されたドレスやシューズなどが入っており、歓声が上がります。

 

母親がドレスを手に取り、着替えてはどうかとアリアに勧めますが、ピンだけはつけると言って手に取るアリア。

ピンを身に付けたアリアは、ミエールのプレゼントが見えなくて残念と言い残して、にこやかに去っていくのでした。

残されたミエールは、手紙が握りつぶされるほど、手に力が入っていました。

侍女ジェシーから受ける監視

馬車で出かけていくアリア。

プレデリック・オスカーからの手紙を読んでいますが、簡潔なものです。

みんなの前で読まなくて良かったと安心します。

というのも、ミエールに誤解をさせておきたかったから。

 

お返しがドレスだったのは、アリアの格好が可哀想に見えたのだろうと推察します。

屋敷の者たちに、予想通りのいい反応がもらえたことにご満悦。

 

指輪、ネックレス、ブローチなど何がいいかとつぶやくと、侍女のジェシーが反応しました。

一番高い宝石を扱っているお店に寄って欲しいとお願いすると、微妙な反応が返ってきました。

ジェシーの表情を見て、アリアが無駄遣いをすると思っていることを読み取ります。

 

私じゃ買えないから、オスカーへ何を返せばいいのかと、わざとつぶやくと、ジェシーが驚きを見せます。

手持ちが少ないから、身分証を見せたらいいと助言して。

アリアは、安っぽいものをあげるとロースチェント家の評価が下がるから、と告げます。

 

アリアは心の中でジェシーに語り掛けるのでした。

以前のアリアではなくなっており、か弱い女の子を演じているミエールのウソを暴いてやるのだ、と。

悪女は些細な違いも見逃さない

以前お茶会で出会った貴族の令嬢たちに囲まれ、金色のバラのピンに注目が集まりました。

アリアは、それぞれの家の印章を入れたハンカチをプレゼントします。

感謝が告げられ、家族のものもアリアに会いたいと言っていたという声も上がりました。

 

アリアはよいイメージで話をしてもらっていることを感じられます。

が、解散するときになると、アリアは疲れ果てていて、意味のない集まりだとシミジミ感じるのでした。

サラの手前参加するわけですが、イライラするし、ずっとは無理そうです。

 

と、中に見慣れない、帽子をかぶった男に気づき、アリアは誰何します。

男は帽子を取り、アタフタして見せますが、アリアは馬丁が違うと指摘。

腹痛で交代したと語る男と、今気が付いたと驚く周囲の従者たち。

 

アリアは交代の状況を事細かに聞き出します。

従者に確認を命じると、名はイクレト、30年以上働いており、もうじき定年とのこと。

確認できたからと言って容赦はせず、さらに詰め寄るアリア。

バレないと思って言わなかったのか、私を誰だと思っているのかと厳しく追及。

 

気が付かなかったらどうなっていたか、とアリアは恐怖に駆られます。

この男がナイフを隠し持っていて、殺されていたかもしれない。

過去には、ミエールによって侍女たちに騙され、バカなことをしでかしたことがあることが脳裏に浮かびます。

 

ミエールならなんだってやりかねないという恐怖。

従者たちは使えないやつらで、アリアのことを簡単に危険に晒してしまいます。

もしかして、ミエールがナイフをこの男に渡していたらどうなるのか、と妄想してしまうのです。

 

処刑所で顔を突きつけ合わせたことを思い出すアリア。

ミエールは想像をはるかに越える悪女なのかもしれない、と。

自分が成長をしているように、ミエールも本性を出してきたのだ、という心の叫びがあふれるのでした!

悪女は砂時計をひっくり返す12話感想

オスカーのプレゼントが届きましたが、届いたことでこんなにも大騒ぎになるとは、と思いましたが、それくらいオスカーは名門で、オスカーとミエールの関係が注目を浴びているということなのでしょう。

予想外だったのは、ミエールだけではなく、アリアにも届いていたということ。

屋敷中がさらに興味津々になってしまうわけです。

 

ここでのちょっとした心理的なやり取りが秀逸ですね・・・。

ミエールは手紙を読みたくて仕方なかったということは、なにやらいいことが書いてあった可能性もありますが、うまいこと読むことが叶わず、アリアの手紙の内容も知ることがないまま終わってしまうわけです。

結局アリアへの手紙の内容も大したことがなく、勝負にはならなかった可能性がありますが、心理戦でミエールはやり込められた形になるわけ。

個人的には、ミエールへの手紙の内容は知りたかった・・・。

 

貴族のお嬢様とのお付き合いは無事続いているようですが、アリアには向いていないのかドッと疲れている感じが、無理をしているのが伝わりますが、この辺は誰もが共感できるとこなんじゃないかな。

最後の馬丁が変わっていたことに対するアリアの過剰な反応は、正直怖いです。

アリアの周囲への不信感がありありと描き出され、ちょっと病的なまでですが、過去のおぞましい思い出があってこそで、こういった描写がストーリーにリアル感を与えてくれているように感じました。

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ12話最新話まとめ!過敏な警戒心

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」12話のネタバレと感想を紹介しました!

オスカーから、ミエール、アリア別々にお返しのプレゼントが届き、誰もが興味津々で、特に添えられていた手紙の内容を知りたがります。

うまいこと手紙を読まないようにすり抜けたアリアは、送られてきたプレゼントがドレスであることを確認すると、ピンだけを身に付けて、外出するのでした。

 

アリアとしてはミエールに誤解をさせることができたことに満足で、オスカーへのお返しの贈り物を選ぼうと思案しますが、侍女ジェシーが見せる懸念に対し、ミエールのウソを暴く誓いを固めるのです。

 

サラに紹介してもらった貴族のご令嬢とはうまく付き合いを継続できていますが、アリアは精神的に疲労してしまいます。

その疲れの中でも、馬丁が変わっていることに気が付き、ミエールは何でもやりかねないという可能性がこびりつき、警戒心が過敏になっているのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!