悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す13話ネタバレ最新話と感想!悪女の買い物と予期せぬ訪問者

悪女は砂時計をひっくり返す13話ネタバレ最新話と感想!悪女の買い物と予期せぬ訪問者

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『悪女は砂時計をひっくり返す」13話のネタバレと感想をまとめてみました!

壊れた馬車のことでアリアは機嫌を悪くしつつも、ブローチはいい品が買えて満足です。

黒いマントの男との再会は、予想外に不意打ちでしたが、いったいなぜ姿を現したのか?

悪女は砂時計をひっくり返す第13話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ13話最新話と感想!

オスカーへのプレゼント選び

馬丁は必要ないと言うアリアに、馬丁は顔色を悪化させます。

もし馬車のネジが外れるようなことがあってくれれば、ミエールの仕業と言えるところだったのに、と残念がります。

アリアは従者のひとりに馬車を持ってこいと命じますが、彼が文句を言っている姿に、自分の身分が高ければ有能な護衛を雇えるのに、と腹立たしく感じるのでした。

 

店につき、アリアは、オスカーのために様々なデザインのブローチをお願いし、個室に案内されました。

店主はスタッフに一番いいものを用意させます。

通常、侍女の表情から財力が読めるものなのですが、侍女ジェシーは無表情で、富豪に違いないと推察するのでした。

 

アリアは、社交界で見たこともないような質の良い品を前に感動します。

エメラルドグリーンのブローチを選び、それをプレゼントするところを想像しながら、オスカーが困ればいいのに、とほほ笑むのでした。

 

さらに小さめのブローチを、デザインを書き下ろして、依頼します。

店主は、それがロースチェント家の印章だと気が付き、これがアリアだと推察し、噂とは違うなと感じます。

ミエールをいじめると聞いていたものの、マナーもあり、宝石を選ぶセンスも持ち合わせている様子。

 

5つ頼むと1日でできるというので、明日一緒に受け取ることにしました。

レター用紙も同封を頼むと、店主がサファイアらしき小さなペンダントをプレゼントとして出して見せます。

 

アリアは早速ジェシーに命じてペンダントを身に付けてみました。

アリアは店主を気に入った様子で、これからよろしく、と言うと、部屋の一室で馬車がくるのを待ちます。

不機嫌な悪女は誓いを新たにする

お茶を前にテーブルについていますが、先ほどと打って変わって雰囲気は険悪。

アリアが従者をにらみつけて、馬車を探すよう命じると、慌てて従者が駆けて去っていき、ジェシーがお菓子を持ってくると辞します。

ジェシーが残っていたら、かつてのようにいじめてしまいそうだったので安堵しますが、交代した馬丁、壊れた馬車に誰も気が付かないことに大怒り。

 

ため息を吐きながら窓を開けると、街並みが一望でき、昔は自分も道行く人たちと同じようなボロイ服を着ていたことを思い出すのでした。

這い上がってきたこのチャンスに、ミエールを絶対に潰してやる、と決意を新たにします。

目線の先に見える城壁にミエールやカイン、伯爵などを晒しものにして、一族を根絶やしにしてやる、と想像するのでした。

黒いマントの男との再会

ふ、と目をやった先に、黒いマントの男が目に入りました。

先日修理屋で出会ったあの腕を掴んできた男!

予想外のことだと思っていると、男と目が合ってしまい、しかも男がニヤリと笑いかけてきて、思わずアリアはカーテンを閉めてしまいました。

 

心臓がドキドキし、男が笑っていたことも意味不明で、アリアは恐怖を感じるのでした。

そこへお菓子を持って入ってきたジェシーでしたが、アリアの様子がおかしいことに気が付きます。

馬車の準備ができていることを知り、お茶もとらず帰ろうとするアリア。

 

まだ心臓はドキドキとうるさい中、忘れよう、無視しようと言い聞かせ、逃げるように馬車に乗ろうとするのです。

ドアの開いた馬車を前にすると、いったんは落ち着いたところに、何かが飛び込んできました!

大きな花束です。

 

従者が反応し、アリアが焦っていると、花束が落ちていることに気が付きました。

その後ろに立っていた人物が、プレゼントが汚れてしまったと言って、花束を拾い上げます。

そこには、先ほどの黒いマントの男が、花束を両手に抱えて立っていました!

 

再会を喜んで見せる男は、アリアに向かい、ロースチェントお嬢様、と強調して言います。

アリアは従者に守られながらも顔を引きつらせ、最悪なことばかり起こる、と心の中で叫ぶのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す13話感想

馬車は壊れていたようで、びっくりしました。

というのも、状況的に馬車が壊れているような描写が全然ないままに、アリアのことばだけで進んでいるので。

読者としてもどこまでをどう判断していいのか、だんだんと分からなくなってきてしまいます。

 

アリアの本性が何だかよくわからなくなって感じてくるのは私だけなのでしょうか?

かつての人生の深い痛みと恨みから、強迫観念的な印象を感じました。

そこではちょっと気を抜くと、使用人たちをいじめてしまったり、当たったりしてしまうような感じですよね。

 

そして、黒いマントの男、まさかこんな形で再開するとは、ですね。

ある意味ストーカーちっくな登場に見えなくもないので、冷静に考えれば、アリアの恐怖が分からなくもないような。

花束をもって近くに現れるとか、ちょっと意味不明で恐怖です。

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ13話最新話まとめ!悪女の買い物と予期せぬ訪問者

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」13話のネタバレと感想を紹介しました!

馬車の準備を命じ、アリアは宝石店でオスカーへのプレゼント選びをします。

店主のお上手で少し気分はよくなりはしますが、馬丁が入れ替わり馬車が壊れていたことに対することへの従者たちの警戒心のなさへの怒りは収まりません。

 

窓を開けて、かつての自分のことを思い出しながら、ミエールを筆頭としロースチェント一族への復讐を再度誓います。

 

ふと目をやった先で、いつかの修理屋で出会った黒いマントの男と目が合ってしまい、アリアは恐怖を感じます。

急いで馬車に乗り込もうとしたアリアの前に花束が飛び込み、それを拾ってみせた黒いマントの男にアリアは驚愕を隠せません。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!