悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す33話ネタバレ最新話と感想!チューリップの男

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『悪女は砂時計をひっくり返す」33話のネタバレと感想をまとめてみました!

アリアと侍女二人がお茶をしているところにアースが現われ、アリアとアースはお茶を一緒にします。

アースはアリアの聡明さを評価し、個人的な集まりに招待するのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す第33話のネタバレと感想を書いていきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ33話最新話と感想!チューリップの男

チューリップを持って現れる

侍女ジェシーとアニーの家族のことを聞くアリア。

アニーの兄は23歳、広場近くの旅館の経理担当とのことで、アリアは買いだめ作戦の役に立ちそうと、アニーをカジノに連れて行こうかと検討しています。

カーテンからチューリップを突き出し、アリアに声をかけるアースの姿。

 

アリアはあまりにビックリ、侍女アニーがアースをどこかで見たと思い巡らします。

アースはアリアをお茶に誘い、アリアはお祭りのときに助けてもらったのにお礼も言っていなかったことを思い出しました。

そこでアニーが思い出し、アースがずっとカフェの下でこちらを見ていたということをアリアに囁きかけます。

 

アリアは侍女二人に別のテーブルに移るようにお願いし、アースとお茶をすることにしました。

少し離れたテーブルでアニーは心配であれこれ言っているのですが、ジェシーは騎士が待機していると落ち着いた様子。

アースとのお茶会

アリアは見ず知らずの人に何度も会うのは嬉しくないと伝えると、アースはほんとうに偶然だと返します。

レインに渡されたこともあるチューリップですが、チューリップは皇居内で育てたものを調達している皇居付近の花屋でしか売っていない、との情報を得ていました。

皇居にしか咲いていないはずの花だけど、皇居は遠いので偶然のはずがないと示しながら、自分には分かっていると言い切るアリア。

 

アースはニコニコと、アリアを見つけて偶然買っただけと強調しますが、アリアは信じません!

はじめて渡したチューリップをアリアがうっかり落として踏みつけにされたというのに、その花を覚えていてもらえるとは、気に掛けてもらっている証拠だと言うアース。

誤解されたくないアリアは、プレゼントでもらった種類と同じだっただけと言いますが、アースはチューリップは国花だと反応するだけ。

 

アリアは笑っているだけのアースにイラつき、今までの男性経験からもアースの目は単に楽しんでいるだけであることは分かっています。

アリアは邪魔くさく感じて、砂時計の箱を持って離席しようとしました。

そこにアースが、ロースチェント伯爵が始めた毛皮の事業の助言者であることを話題に出します。

 

アリアの様子を伺うアースの目を前に、アリアはレインがバラしたと思うのです。

アリアの様子からアースは本当の話だと察してしまい、アリアは過去の記憶をよく思い起こして、自分がはめられたことに気が付きました。

砂時計に手を伸ばすアリア。

 

アリアは、レインがアースにあれこれ報告していると読み取ります。

アースは、自分が主催している小さな集まりに招待したいと告げ、ニコリとほほ笑みかけました。

 

アリアは砂時計に手を伸ばし、アースの評判が下がる可能性があるのに、女性にも参加させるのかと尋ねます。

男性ばかりの場だが、アースはアリアの聡明さを信じているようで、偏見を持つ人は排除していると言うのです。

社会・政治・経済に関する知識を共有する場だから、アリアの意見を共有してほしいとのこと。

 

アリアはそんな場に呼ばれたことに緊張を感じながらも、そこでなら女性が得にくい、将来のための知識が得られると思うのです。

すばらしいチャンスであることは分かりますが、アースが信じられるかが問題でした。

アースはそれもわかっているかのように返事を待つと。

 

返事は伯爵家に送る侍従に伝えるように言うアースに、アリアが悩んでいると、アースが手を伸ばしてアリアの髪の毛をひと房掴みます。

くっついていた花びらを手に取って、きざなセリフを吐くと、アースは去っていきます。

 

ジェシーとアニーが、アリアを心配してやって来ました。

アリアは、アースは変わりもののようだがしっかりしているところがあると思い直します

チューリップが育つ庭園

レインが大きな花束を二つ抱えて、またもやロースチェント家にやって来ました!

ミエールにユリの花束を渡しているところを目撃するアリア。

ご主人の庭園で育てた花だと言っているレインのそばを通り過ぎようとしているアリアに、チューリップの花束が差し出されました。

 

レインはご主人の庭園で育てた花だと繰り返しのように言っています。

それを聞き、アリアは驚きの声をあげるのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す33話感想

まさかのアース、お茶会の場に姿を現すとは・・・でした!

ここまで来るとストーカー!と私でも感じてしまったように、アリアと侍女二人も大層警戒をしています。

 

一方、アリアが理解しているように、アースはアリアに興味津々で、一緒にいて非常にうれしそうですよね。

イシース公女の誕生日パーティーで会えなかったことを払しょくするかのように、噂やレインの報告や誕生日パーティーで確認したことやらを整合性を合わせ切ったようで、非常に満足そうです。

しかし、チューリップのことはしらを切っている状態ですが、チューリップはどこで準備しているんだろう?とふと思いました。

 

アース、キザですね・・・。

アリアには効いていないというか、まったくの逆効果っぽいので笑ってしまうのですけど、アースがんばれ、って感じです。

イケメンだし、ふつうなら胸キュンとかになるところなんでしょうけど、アリアからの塩対応のせいでなんだかさえない感じに終わってしまっています。

 

さて、いよいよチューリップをとっかかりにして、アリアはレインの主人の正体に気が付いたような感じですね!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ33話最新話と感想!チューリップの男

今回は漫画「悪女は砂時計をひっくり返す」33話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アリアと侍女二人のお茶会に姿を現したアースは、アリアと二人でお茶をし、カジノの助言をしたミエールはミエールではなく、毛皮の事業を予見したのはアリアと、会話を通じて検証をしているようです。

アリアをアースの知的な集まりに招待し、アリアはまたとない機会と感じるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!