悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す34話ネタバレ最新話と感想!レインの主人はアース

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『悪女は砂時計をひっくり返す」34話のネタバレと感想をまとめてみました!

レインの主人がアースであることが判明し、アリアはアースの招待に乗ります。

アースの正体は不明で不安なままですが、サラと貴族の令嬢たちの間で恋バナが花咲くのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す第34話のネタバレと感想を書いていきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ34話最新話と感想!レインの主人はアース

伯爵は娘を売ろうとする

アリアは、チューリップはレインの主人が庭園で育てた花だということに引っかかっています。

いつものように伯爵も含めて食事をする中、アリアはなぜその国花であるチューリップをプレゼントしてきたのか気になっていました。

伯爵とレインは話をしていて、伯爵が突然アリアに話を振りました。

 

アリアは何のことかわからないまま、伯爵にレインがアリアに気があると言われ、イラっとします。

伯爵がアリアを利用しようとしているのがありありで、母親も注意をするほどで、アリアは伯爵を最低だと思うのでした。

ミエールはここぞとばかりに、アリアにレインの主人を勧めてきます。

 

アリアがミエールにピッタリでないかと言い返すと、ミエールはオスカーがいるからと返し、伯爵とレインの前でぎすぎすした雰囲気に。

ミエールが受け取るプレゼントはイシース公女が贈っているものなのは明らかなのにとアリアは思いますが、ミエールは知らん顔。

レインは話を終わらせようとし、伯爵は心残りそう。

 

そんな娘を売るような伯爵の様子に、アリアは体を震わせて怒り、さすがの母親も内心は腹を立てています。

レインの主人が判明する

自室にてアリアは着替え終え、レインの主人のことと、その身分のこととを考えていました。

そこに、レインがやって来て、返事をいただきたいと手紙を渡してきます。

アースからの手紙で、アリアはビックリ仰天!

 

レインの主人はアースでした!

ミエールに贈っていた大量のプレゼントはアリアに贈りたかったもので、アースはミエールには興味がないと、レインは言います。

アースから罪悪感から渡されたチューリップのことを思い出し、アリアは遠い目に・・・。

 

チューリップを庭園で育てているアースは、お花が大好きなのだろうというアリアに、アースの正体をわかってもらえたかと一瞬喜びかけたレインは残念がります。

アリアの中では、イシース公女の結婚パーティーに皇太子が参加していたことで、二人の結婚は間違いないだろうと思い込んだのでした。

そのため、アースの正体が不明のまま、アリアは逆に手紙への返信をしづらくなりました。

 

自分は賢くないと卑下するアリアに、レインはとても聡明だと言います。

アリアは砂時計を使ったからだと思っていますが、レインはアースとの会話を思い出していました。

情報を客観的に判断しうまく活用できる能力は天性のものであり、そばに置いておきたいと。

レインは、それはアースの一目ぼれではないかと内心で推測しています。

 

アースがいつもと違って弱気だと指摘されて、アリアは参加するという返事をしたのでした。

悪女の恋の相手は?

貴族のお嬢様の集まりで、アリアはひとり考え込んでいました。

かつては非難を聞いてばかりだったので、才能を指摘されて初めて、自分の可能性を閉ざしていた可能性に気が付いたのです。

アリアの元にお嬢様たちが駆け寄ってきて、アリアがサラに伝えたアドバイスについて興味津々のようです。

 

平民だったので恋バナに詳しいのだと言うアリアに、お嬢様たちは目をキラキラさせて教えてくれという様子。

本当はアリアのかつての経験談であり、侯爵は以前からサラに興味があっただけなので成功しただけなのです。

サラと侯爵との関係をみんなは楽しそうに話しています。

 

令嬢のひとりが、アリアの悪いうわさが出回っており、そのひとつはアリアがオスカーを誘惑し、ミエールを悲しませようとしているものだ、と憤慨しました。

本当は真実ですが、アリアが悲しむふりをすると、令嬢たちは味方とばかりにアリアに抱きつきます!

アリアは噂はエマとその仲間たちの仕業だろうと推測します。

 

イシース公女の誕生日パーティーで、オスカーとミエールがいい雰囲気だったので、その噂は消えたとのことでした。

アリアは計画が狂ってしまったので、アースの力を借りようかと考えます。

その物思いな様子から、令嬢たちはアリアが誰か気になる人がいるのではないかと騒ぎ立てます。

 

令嬢たちがアリアが興味を抱く男性について話しているときに、サラは悲しそうな表情でヤキモチを焼いているのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す34話感想

とうとうアリア、アースとレインの主人について気が付くか!?と思ったのですが、そこまでは行きませんでした。

アリアを利用してやろうという、伯爵がかなり腹が立ちますね。

自分の本当の娘でないからっていう態度がありありで、さすがのアリアの母親も腹を立てています。

 

さて、レインが持ってきた手紙で、レインの主人がアースだと判明しました!

それなら、アースが皇太子というところまでつながるかと、レインのように期待してみたのですが、そこもまだ行けませんでしたね。

ちょっと今までの誤解などが積み重なってしまっているので、つながりにくいところなのかもしれませんね。

 

アリアの周りにいる貴族の令嬢たちですが、すっかりアリアの味方になっています!

アリアには悪女的な行動があるのですが、そこは全く気が付いていないあたりは、アリアの演技がよっぽど上手なのか、悪女的なところがあったとしてもアリアの根がいいことなどと関係しているかもしれませんね。

恋バナで盛り上がっているところに、突然暗い表情をしてヤキモチを焼いているサラですが、何にヤキモチを焼くというのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ34話最新話と感想!レインの主人はアースまとめ

今回は漫画「悪女は砂時計をひっくり返す」34話のネタバレ、感想をご紹介しました。

伯爵の身勝手さにアリアは大憤慨。

レインの主人がアースと判明し、アリアはアースの招待を受けることを決めます。

アースの正体が不明で物憂げな様子のアリアに、貴族の令嬢たちが恋バナでアリアをはやしたて、サラはヤキモチを焼くのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!