悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す39話ネタバレ最新話と感想!悪女の大撃侵

スポンサーリンク

『ピッコマ!』で連載中の恋愛まんが『悪女は砂時計をひっくり返す」39話のネタバレと感想をまとめてみました!

イシースは貴族としてのミエールを認め、憎たらしいアリアを馬鹿にしようとして失敗します。

貴族派の貴族たちの動きを尻目に、アリアは砂糖の価格をどんどん高騰させるのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す第39話のネタバレと感想を書いていきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ39話最新話と感想!悪女の大撃侵

イシース公女と思い通りのミエール

ピゲー子爵がカジノを買収という報告を聞いたイシース公女は大激怒。

皇太子を抑圧したいと思っているイシース公女にとってはいい話ではなく、だれか皇太子に味方が付いたこと、高級品を狙っているのも皇太子と推測します。

馬車から降りたイシース公女を出迎えたのはミエールでした。

 

イシースはクランベル地方の夏用の紅茶をミエールにプレゼントし、二人はお茶の席に着きます。

イシースはミエールがオスカーにもらったという青のブローチを褒め、オスカーもミエールのことを想って似たものを買ったという話をします。

お揃いと思い驚くミエールに、イシースは鼻で笑いました。

 

実際にはアリアがオスカーにプレゼントしたブローチを許せなかったので、そういう話にしておいただけなのです。

イシースは、喜ぶミエールが実際にはオスカーのプレゼントではないことを分かっていることを見抜いており、さすが貴族だと心の中で褒めました。

怒りは売春婦と結婚した伯爵に対して向けられており、そんな伯爵と手を組まないといけないことが許せません。

 

アリアが挨拶に来ないので、イシースはミエールが止めるのも構わず、自分が注意をするとアリアを呼びつけました。

イシース公女とすり抜ける悪女

アリアは美しく礼をし、イシースも2年の間にマナーを身に付けたことを認めます。

何よりとてもまぶしいアリア。

 

イシース=狼とアリア=チワワの言葉の応酬が始まります。

アリアは砂時計の箱を持ちこんでいました。

イシースが伯爵家を悪く思っているという噂があると口にし、アリアはイシースとミエールがつくった噂だと心の中でムカムカしています。

 

最近一人でいるようにしていたアリアを気遣って侍女アニーが公女が来たということを言い損ねていたのでした。

家門の恥とならぬようにとくぎを刺したイシースですが、自分を前に緊張しないアリアが気に食いません。

イシースは、自分が持ってきた紅茶の味が分かるかとまたもや鼻で笑うのですが、アリアはクランベル地方の夏用の紅茶であると言い当ててしまいました。

 

イシースが内心驚きますが、アリアは砂時計を使ったのでした。

挨拶できたから戻っていいと言われて、アリアは礼を伝えます。

上級貴族をせせら笑う悪女

部屋に戻ったアリアは、ため息をついて、砂時計をひっくり返す前にはバカにされていたことを思い出します。

イシース公女のことをつくづく危険だと思うのでした。

 

アニーが謝ってくるのを優しく対応すると、アニーは涙目になって兄アンドリューから連絡があったと報告します。

カフェ・フラワーマウンテンの主人と取引し、今までの10倍の価格にて先行発売を開始したとの報告でした。

アリアが予測したとおり、カフェには砂糖を求める人が集まってきます。

 

買わせろと強い口調の貴族たち。

店主は、貴族たちが独占し下級貴族に高く売っていたことを知っていたので、絶対に売らない、と決めていました。

 

砂糖が入っていないため、出されたデザートがなかなか食べ進められないミエール。

伯爵は皇太子の許可がなかなか下りないと言い、ミエールは国民が困っているのにとぼやいています。

アリアは、独占し高値で売って高級品になってしまった原因は、貴族たちであるのに、それを国のせいにする愚かさを腹立たしく思います。

貴族派の家にいるアリアですが、自分が皇太子であるなら、伯爵のような貴族のことなどは考慮に入れたりしないだろうと思うのでした。

 

カフェ・フラワーマウンテンの店主のところにアンドリューが訪れており、今10倍で売っている砂糖を20倍で売ってほしいと依頼されています。

アンドリューの主人が20倍の価格で大量に供給をするので、そのあとは何倍の価格で売っていいという提案。

30倍の価格でも上級貴族は買うだろうという期待に、店主は砂糖を全部買うと言いました!

 

数日後、カフェには争うように砂糖を購入する貴族たちが溢れかえっていました。

いくらでもお金が入ってくるのです。

アリアは、そんな貴族たちを可哀そうだなどとは一切思わないのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す39話感想

女の腹の探り合い的な会話が、むっちゃいや~っていう感じでした。

イシース公女はもちろん頭がいいわけですが、権力が好きなので、貴族としてわきまえた振る舞いをしているミエールは都合が良い感じなのですよね。

 

一方、売春婦と再婚した伯爵は気に食わないし、連れ子であるアリアも腹立たしくてしかたないので、伯爵は無理でもアリアをいじめて気分をスッキリさせようとしたのでしょう、アリアを呼びつけました。

が、思ったよりもアリアは自分の思い通りにいかないタイプのようだったみたいですね。

まだまだチワワ程度のアリアでしたが、砂時計のおかげで難を逃れます。

 

もっと面白くなってくるのは、アリアのビジネスウーマンとしての躍進です!

デザートを食べないミエール、皇太子にぼやいている伯爵、と、アリアでなくても私でも地位にあぐらをかいて、嫌なやつらだと思ってしまいます。

そんな貴族たちのプライドと動きを読んで、砂糖を高値で売るのですが、30倍というものすごい高騰ぶりにびっくり・・・。

 

アリアの過去から受けた貴族への恨みだったり、今度の人生で経済を学び賢く生きていることなどが上手く反映していっていて、気持ちがいいかもです。

貴族の自業自得なので、こういう復讐は嫌な感じがしませんね。

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ39話最新話と感想!悪女の大撃侵まとめ

今回は漫画「悪女は砂時計をひっくり返す」39話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イシース公女がミエールを訪れ、ミエールの従順さを評価しますが、アリアが一筋縄ではいかなさそうなことを確認します。

アリアは貴族派の貴族たちの傲慢さに腹立たしく感じながら、砂糖の独占と高値での取引に成功していくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!