悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す40話ネタバレ最新話と感想!悪女は次なる投資を開始

スポンサーリンク

「ピッコマ!」で連載中の恋愛まんが「悪女は砂時計をひっくり返す」40話のネタバレと感想をまとめてみました!

砂糖で成功を収めたアリアは、次に香油に目を付けます。

ボブーン男爵のお店を訪れ、香油事業の可能性を確認するのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す第40話のネタバレと感想を書いていきます!

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ40話最新話と感想!悪女は次なる投資を開始

砂糖の次は?

カフェの主人が砂糖を30倍で売却したという侍女アニーに、アリアは目立ちたくないので自分は関わらなかったと答えます。

投資は欲張りすぎず、分散投資が必要と言っているアリアの言うことを、理解できないアニー。

アリアは、ベリーを呼び止めて、お茶の濃さや砂糖の入っていないクッキーなどを指摘し、仕事ができないと文句を言います。

 

砂糖に合わせはちみつなども価格が高騰しており、食べものが美味しくないので、以前代わりに香油を買ったことを思い出すアリア。

一時期流行っていたので、ボブーン男爵のお店で買ったのでした。

アリアが掃除をするようベリーに命じると、ベリーは階段へと飛んで行きます。

悪女は香油への投資を始める

ボブーン男爵のところで香油を買った理由の記録を調べるアリア。

男爵の事業は資本金が少なく小規模であり、他の貴族に人気を奪われてしまう前に購入していたことを思い出します。

 

そこで、アリアはボブーン男爵にビジネスチャンスの手紙をしたためるのでした。

ボブーン男爵は、店内に立ち、砂糖の供給不足の影響で、客足が伸びていることを確かめていました。

投資家Aからの「収益の30%を報酬に巨額の投資の提案」が書かれた手紙を受け取っており、男爵としては願ったり叶ったりだったのです。

 

数週間後、侍女ジェシーが帳簿を手にしているアリアに、手紙と小包を渡します。

男爵の素早い仕事ぶりに喜ぶアリアが受け取ったのは、ボブーン男爵の感謝の手紙と贈り物でした。

小包の中には、ネクタイが・・・!

 

どうやら投資家Aを男性だと思い込んでいる様子の男爵。

小包は香水でいい香りがしています。

アリアは、このままにもしておけない、と出かける準備をし、ドレスを見に行くと言いました。

戦略的に姿を現す悪女

ボブーン男爵のお店にたどり着いたアリアは、大きな帽子とマントで体を覆っています。

店員が要件を尋ねると、ボブーン男爵に会いたい、と言って帽子を脱ぐアリアは、ネクタイを身に付け、パンツ姿できめていました。

初めて対面するアリアと男爵ですが、男爵はアリアのことは誰かわかっていない様子。

 

ロースチェントの名前を出すと、男爵はアリアが15歳だと思い出して焦った様子を見せます。

未成年の子にデレデレしてしまったことに最悪感を感じているのを理解し、アリアは兄カインよりは正常な意識の持ち主だと判断します。

アリアは、男爵に、香油の流行が長続きしない可能性があるが新たな戦略は立てているのか、と質問を始めました。

 

実際にはアリアは香油の人気が続くことを知っています。

男爵は、貴族用の商品の継続はするが、香油の濃度を薄め貴族に憧れる庶民へ安価な商品の提供を模索しているとのことでした。

アリアは、意外なアイディアマンだと男爵を評価します。

 

初対面の人にそのようなことを話していいのかとアリアが詰めると、男爵はアリアに信頼感を抱いてしまったというのです。

投資家Aとイメージが被る、と。

アリアは、身に付けていたネクタイを外して見せました。

 

外したネクタイを、サイズが大きすぎた、と男爵に付け替えます。

男爵はそのネクタイに気が付きました。

アリアは、ネクタイを返す、と言うのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す40話感想

アリアは、砂糖ではカフェの店主に大儲けを譲り、自分はそれなりの収益で満足をしています。

経済を理解しているアリアは、分散投資の大切さを理解していたのですね。

なので、次なる手を打つ必要性もわかっていました。

 

次に目を付けたのは、香油ですね。

こうやって見ていくと、アリアのビジネスウーマンとしてのセンスが分かっておもしろいです。

庶民だった経験、過去で貴族として散財した経験、経営をしている伯爵家、アリアが今回の人生で学んでいる経済学、などいろんな要素が絡まっての戦略性を感じます。

 

個人的には、このあたり、ワクワクしながら読めました。

そして、ネクタイを贈られたアリアの行動が気になります!

一般的に投資をするのは男性、という時代ですから、そこをどうひっくり返そうとするのかがとても見ものなところ。

 

ボブーン男爵を訪れたアリアは、からだを覆ってわかりにくくしているのですが、脱ぐとネクタイを付け、パンツ姿、というのはとってもユニークでした。

15歳であるアリアが大人びて見えるのは、砂時計の力を使ってきたこともあると思いますが、ビジネスの話を平然とする15歳の女性は、現代においても予想外すぎますよね。

ネクタイから投資家Aがバレていくところと思いますが、次のアクションが気になってしかたありません。

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ40話最新話と感想!悪女は次なる投資を開始まとめ

今回は漫画「悪女は砂時計をひっくり返す」40話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アリアは、侍女ベリーいじめをしながら、砂糖に続く次の投資のネタを探していたところ、ふと香油に目を付けます。

香油事業のボブーン男爵を思い出して、投資家Aとして投資を開始、男爵が投資家Aを男性と思っていることを逆手に取り、実際に男爵の元へと商談に訪れ正体を明かそうとします。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!