悪女の定義

悪女の定義ネタバレ104話最新話と感想!賭けましょう

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」104話のネタバレと感想をまとめてみました!

鉄で船を作るのはどうかと提案した芙美。

鉄が水に浮くはずがないと笑う伯爵に、賭け事を提案します。

悪女の定義104話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ104話最新話と感想!賭けましょう

賭けの内容

セオフェル伯爵は顔をしかめ、何か裏があるのではといぶかしがります。

しかし自信がないのなら断っても構わないと挑発すると、強気な態度で賭けに乗ると言いました。

証人を皇太子に頼むと、皇太子は賭けに参加したいと言い、芙美に賭けると宣言します。

 

伯爵が賭けに勝てば、皇太子はセオフェル領に限り鉄規則を撤廃し、芙美は伯爵に謝ることになります。

欲張りすぎているその要求に呆れながらも、ふたりは受け入れました。

 

芙美が勝った場合は、カイエンと修好を結び、セオフェル領を通る商談に限り通行を許可することを約束させます。

皇太子の望みは大したものではないため、賭けが終わってから伝えると言います。

 

嬉しそうな伯爵に、皇太子は殺伐とした目を向け、無礼を見逃すつもりはないと忠告しました。

賭けの結果は新年のパーティーで確認するとし、話はまとまります。

信じてもらうこと

伯爵と離れ、皇太子は鉄が水に浮くのかと改めて芙美に聞きます。

確信なく賭けに乗ったことに驚くと、皇太子は芙美が言ったのだから確信はあったと微笑みました。

 

鉄の船を考え諦めたことがあると話す皇太子は、芙美のことを本当に素晴らしいとキラキラした目を向けます。

その視線に、アイリーンや第五皇子のことで憂鬱だった気分が晴れていくのを感じました。

 

信じてもらえることの喜びを感じていると、アイリーンと自分を比べ勝手な噂をする声が聞こえます。

上がった気分がまた落ちていくのを感じ、悲しい顔をしていると、皇太子が一緒に踊ってくれないかと手を差し出してくれました。

 

踊る気分になれず、体調が万全でないと断ると、皇太子は芙美を心配して顔を近づけます。

一緒に医者に見せに行こうと言われ、その距離の近さに芙美は慌ててその場を去ってしまいました。

誘いを受け入れる

情緒の安定しなさに落ち込む芙美が、下を向いて歩いていると、人とぶつかってしまいます。

咄嗟に謝り見上げると、避けていた第五皇子の姿がありました。

嬉しそうな顔をする第五皇子に、よりによってと思いながらも、そんなことを思うのは辞めようと微笑みます。

 

今日も美しいと褒めた第五皇子は、一曲踊ってくれるかと手を差し伸べます。

あっさりとした提案ですが、その瞳の奥が揺れているのを見た芙美は、抱いていた疑惑が確信に変わるのを感じました。

断るべきとはわかりながらも、その切ない表情に動かされ、手を取ってしまいます。

悪女の定義104話感想

伯爵と賭け事を取り付けた芙美。

しかしさまざまな問題が重なり、心は晴れません。

 

伯爵と絶対に勝てる賭け事をすることが約束されましたね!

無礼な姿を堂々と晒し、物事を自分の有利にしか捉えない伯爵は、どうやって伯爵にまでなれたのか疑問です。

新年のパーティーで伯爵が慌てる姿を見るのが楽しみです!

 

芙美はいじめることに成功しましたが、周りからの言葉や、置かれた状況から精神が安定しません。

命の危機にさらされたショックも拭えず、負担の大きさに心配になってしまいます!

 

第五皇子が誘ってくれたシーンでは、レジーナお披露目パーティーを思い出しました。

あの時とは二人の気持ちは大きく違い、芙美は迷惑に感じてしまっています。

第五皇子のことを考えると、切ない気持ちでいっぱいです!

悪女の定義ネタバレ104話最新話と感想!賭けましょうまとめ

今回は、「悪女の定義」104話のネタバレと感想を紹介しました!

伯爵を追い詰める準備をした芙美。

様々な問題に追われ、いつになったら一息つくことが出来るのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!