悪女の定義

悪女の定義ネタバレ106話最新話と感想!勝ち続けることはできない

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」106話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇后とアイリーンに虐められる芙美を助けに来た皇太子。

そんな皇太子の行動に、芙美の心はまた不安定になります。

悪女の定義106話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ106話最新話と感想!勝ち続けることはできない

救世主

発言権も与えられず、ただ侮辱された芙美は、大人しく引き下がる気になれません。

しかし皇后に歯向かい騒ぎを起こせば、芙美の方が立場が弱いことは明らかです。

なにかしら言い返そうと口を開いたとき、現れたのが皇太子でした。

 

皇后とアイリーンが焦って引き留めようとする中、皇太子は黙って芙美の手を取りエスコートします。

皇太子の腕の中はとても居心地が良いと言って微笑み、芙美は皇太子とその場から去っていきました。

すれ違うふたり

アイリーンだけでなく皇后にまで背いて自分の味方をしてくれた皇太子に、芙美は感謝と申し訳なさを感じます。

部屋に送ってもらった芙美は、伝えたい言葉が沢山ありましたが、口から出てきたのは必ず皇后になるという一言でした。

 

皇太子は芙美の目を見て、自分の皇后だと思っていると伝えます。

嬉しい言葉ではありますが、先ほど会場で耳にした、皇太子の心はアイリーンの方へ向いていると言う言葉が頭に浮かびます。

 

意外だと返した芙美は、皇太子がどちらを支持しているのかよくわからないと、正直な気持ちを返しました。

皇太子はもう少しだけ待っていてほしいと言い、部屋を出ていきます。

 

皇太子が部屋に戻ると、ラティスが男の居場所に目途がついたと報告に来ていました。

すぐに向かうのは危険だと止めるラティスですが、男の声を覚えている皇太子が直接聞かなくては、確認することはできません。

これ以上伸ばせないと言う皇太子に、ラティスは準備を始めます。

悩みの種

祭儀が終わり、ラブエルとエスターが部屋に戻ってきました。

芙美が退場した後は、芙美の肩を持つような声が多かったと言います。

しかしアイリーンは、本来の祭儀にはない締めくくりの儀式まで行い、会場の人々に強い印象を残していました。

 

芙美はその報告を聞き、今回は負けを認めるしかないと返します。

厳しい表情を浮かべる芙美ですが、ラブエルは常に勝ち続けることはできないと励ましてくれました。

初めの頃の劣勢を覆し、必死に成し遂げてきたことが消えるわけではないと激励するラブエルの言葉が、芙美の心に刺さります。

 

話がひと段落すると、第五皇子が訪ねてきたとエスターが伝えに来ました。

誘いを受けた時の後悔を思い出し、芙美は体調が優れないため帰ってもらうように伝えます。

第五皇子を帰し戻って来たエスターは、大きくきらびやかな箱を持っていました。

 

中には狩猟大会で捕らえた、プラタシルベールの毛皮が入っています。

捕らえるのが難しく、貴重な毛皮です。

芙美は美しい毛皮を撫でながら、好意を向けられているかは確かではないにしろ、悩みの種だと感じます。

悪女の定義106話感想

皇太子のおかげでうまく退場できた芙美。

侍女たちからの励ましの言葉が胸に沁みます!

 

皇太子はまたも芙美の救世主になってくれましたね!

こういう時に、何も言わずに手を引っ張ってくれる存在は、とても頼もしいです。

 

想いをストレートに伝えてくれる芙美に返せない皇太子は、心が苦しいでしょう。

男を見つけた後、どうやってアイリーンからの枷を外すつもりなのか気になります!

早めに外し、芙美に想いを伝えられたらいいですね。

 

第五皇子からの贈り物も、胸が切なくなりました。

芙美が迷いを抱えていないのが救いですが、最初に助けてくれた彼が報われないのは本当に読んでいて辛いです!

悪女の定義ネタバレ106話最新話と感想!勝ち続けることはできないまとめ

今回は、「悪女の定義」106話のネタバレと感想を紹介しました!

事件の犯人に目途が立った皇太子。

どのように事件を解決していくのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!