悪女の定義

悪女の定義ネタバレ108話最新話と感想!激昂する皇太子

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」108話のネタバレと感想をまとめてみました!

事件の犯人に話を持ち掛けることに成功した皇太子。

外に連れ出し制圧を試みます!

悪女の定義108話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ108話最新話と感想!激昂する皇太子

抵抗する犯人

ラティスと皇太子は、第7皇子の命を奪った犯人の男を外へ連れ出すことに成功しました。

制圧するため腰に指していた剣に手を伸ばすと、男がそれに気が付き、何をするつもりかと制します。

ラティスは剣を振りかぶりますが、男は魔法で対抗しました。

 

まさか魔法を使えるとは思わず、ラティスは攻撃をくらいます。

皇太子にも魔法で攻撃しようとする男ですが、人より感覚が優れている皇太子はそれを交わしました。

 

素早さに驚く男の腕を切りつけた皇太子は、ルウェンダーナの祝福を耳にしたことはないかと言います。

皇族しか受けることが出来ないはずだと言った男は、変装魔法で隠している人物が誰なのか気が付きました。

皇太子は男を押さえつけて思い切り殴ります。

映像具のデータ

牢に囚われた男は、国の頂点が直接捕らえに来るとは、人違いではないかと言います。

映像具に残されていた男の言葉を暗唱すると、ようやく表情が引き攣りました。

 

皇族殺害の罪に問われることを伝えると、男は自分の運の悪さに大声で笑いだします。

当時映像具を無くしたことに気がついた男は、すぐに記録を消したつもりでした。

まさか皇室に届いており、今更暴かれるとは思っていなかったのです。

 

映像具の内容は本当に消されているのかと聞くと、男は自分の手を離れれば危ないから本当に消したと答えます。

これでアイリーンが暴露することは出来ないことが確定しました。

皇太子は安堵のため息をつきます。

皇太子になれた理由

男は自分を処罰するのなら、事が明るみになり、皇太子も困るのではと悪い笑みを浮かべます。

汚い口を閉じるよう言い捨て、牢から出ていこうとした皇太子に、男は自分はどれだけ立派なのかと叫びました。

 

皇太子の座につけているのは自分のお陰だと言われ、冷静さを失った皇太子は、怒りに任せて殴りつけます。

ラティスが落ち着くよう止めても、皇太子の怒りは収まりません。

早く宮へ戻りたいと言う皇太子の頭の中には、芙美の姿がありました。

 

後日芙美と宮庭を歩く皇太子は、殴った時の怪我を誤魔化しつつ、新年の宴に一緒に行ってくれないかと誘います。

芙美はなぜアイリーンではないのかと言いかけましたが、わかりましたと答えました。

皇太子は嬉しそうに優しく微笑みます。

悪女の定義108話感想

無事犯人を捕らえることが出来ました!

映像具の内容は消されており、ようやくアイリーンからの解放の兆しが見えます。

 

皇太子はその恵まれた身体を生かし、犯人を捕らえることが出来ました!

部下に戦わせるのではなく、自ら動くところが彼の良いところですね。

 

男が言う通り、皇太子の座につけているのは皇太子の力だけではありません。

しかし今の皇太子は、能力や民を思う気持ちが人一倍あり、芙美のおかげで優しい考え方もできるようになりました。

その事に自信を持ち、侮辱されても交わせるようになって欲しいです!

 

男を捕らえたことで、映像具の中身がないこともわかりましたね。

これならアイリーンの脅しも無効になるのでしょう。

芙美に想いを伝えられる日も、そう遠くないかもしれません!

悪女の定義ネタバレ108話最新話と感想!激昂する皇太子まとめ

今回は、「悪女の定義」108話のネタバレと感想を紹介しました!

犯人を捕らえることに成功した皇太子。

本当にアイリーンから解放されることが出来るのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!