悪女の定義

悪女の定義ネタバレ115話最新話と感想!ドリームチーム発足

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」115話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリーンが倒れた理由を明らかにしたい芙美。

有能で素直なコーゲン令息の力を借ります!

悪女の定義115話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ115話最新話と感想!ドリームチーム発足

アイリーンのために?

協力を願い出てくれたコーゲン令息に、芙美は体内の毒について調べることは可能かと質問します。

どのような毒で、どのような経緯で中毒を起こしてしまったのかなどがわからず、アイリーンの治療が進んでいないことが心配なのだと説明しました。

それを聞いたコーゲン令息は、以前干ばつが起きて人々が衰弱してしまっていた際に、医療不足を改善させようと試作していた物があると答えます。

 

少し手を加えれば毒についてもわかるかもしれないと話すコーゲン令息に、芙美は素晴らしいと表情を明るくしました。

医学の知識がないことを心配するコーゲン令息に、それについてはなんとかすると答え、できるだけ細かいことまでわかると嬉しいと微笑みます。

その何かを企むような笑顔にたじろぐコーゲン令息ですが、アイリーンのためだと目を輝かせた芙美を見て、心が美しいと褒めてくれました。

夢のチーム!

コーゲン令息との通信を終え、次はマスターシェルメロに通信をかけます。

忙しい中の通信を詫びると、芙美からの連絡ならいつでも大歓迎だと答えてくれました。

その前向きな態度に期待しつつ、新たに行うことになった造船事業について力を貸してくれないかと打診します。

 

マスターシェルメロは詳しいことは聞かず、二つ返事で喜んでと答えてくれました。

世界で初めての試みであることを強調し、前回に引き続き手を借りることを詫びようとしていた芙美は、即答にたじろぎます。

しかしマスターシェルメロのやる気は想像以上に高く、直接来て徹底的にサポートすることを約束してくれました。

 

最後に連絡したシャリアン卿もすぐに快諾してくれたため、芙美念願のドリームチームが現実となります。

有能な人材が集まったことでもプレッシャーは大きいですが、落ち着いて頑張ろうと気合を入れる芙美でした。

新事業開始

アイリーンの容体は回復しないまま、海務省に造船事業用の部屋が用意され、本格的に事業が始まります。

思ったよりも立派な執務室に胸を高鳴らせていると、皇太子が訪ねてきました。

想定外の訪問に呆れていると、皇太子はシェルメロが協力することに心配で仕事が手に着かないと言います。

 

するとタイミングよくシェルメロが到着しました。

実際に会うのは初めての芙美を見て綺麗だと褒める様子に、皇太子は嫉妬を隠せません。

芙美の手に口づけようとするシェルメロを皇太子が牽制すると、シェルメロはただの挨拶だと言って皇太子の手に口づけました。

 

変な雰囲気に芙美が居心地の悪さを感じた時、シャリアン卿とコーゲン令息も到着します。

コーゲン令息が持ってきてくれた機械を見て、芙美は期待を込めたまなざしを浮かべます。

悪女の定義115話感想

芙美が望むメンバーが集まり、造船事業が本格的に始まります。

それに並行し、アイリーンについての調査も進みそうです!

 

夢として選んだ三人が三人とも、芙美のお願いを快諾してくれました!

真面目な姿勢で向き合い結果を残してきた芙美のこれまでの行動の成果でしょう。

過去の関りが生きてくるこの展開は、読んでいてワクワクします!

 

皇太子の嫉妬はいつも通りでしたね!

告白して返事を保留にされている段階なので、仕方がないかもしれません。

初めて会ったマスターシェルメロは思ったよりも癖の強そうな人なので、皇太子の心が折れてしまう前に、芙美にははっきりとして答えを出してあげてほしいです!

 

アイリーンの容態は回復しませんが、その間に状況は刻々と変わっていきます。

コーゲン令息が作った機械で自作自演が判明すれば、芙美にとってはとても良い結果ですね!

ここで新たな危険人物が現れるのも怖いので、自作自演であることを願います!

悪女の定義ネタバレ115話最新話と感想!ドリームチーム発足まとめ

今回は、「悪女の定義」115話のネタバレと感想を紹介しました!

ドリームチームでスタートした造船事業。

この事業がどのように帝国、そして芙美への評価を変えていくのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!