悪女の定義

悪女の定義ネタバレ125話最新話と感想!シェルメロが味方に

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」125話のネタバレと感想をまとめてみました!

重要な味方にシェルメロはどうかと提案する芙美。

心強い味方は、思ったよりも身近にいるようです。

悪女の定義125話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ125話最新話と感想!シェルメロが味方に

身近で意外な人物

芙美が思いついたキーパーソンとなる存在は、マスターシェルメロのことでした。

意外な人物の名前に皇太子は驚きますが、シェルメロは魔法専門家であるため、彼の陳述は魔道具を扱った事件で有効な証拠になります。

 

また古代魔道具に関して大きな関心を持っている様子から、シェルメロにとってもこの事件は重大なものでしょう。

シェルメロの知りたい情報が、古代魔道具の出どころであれば、既に皇太子はその人物を捕まえていました。

その情報を伝える代わりに、事件を公にしても皇太子が影響を受けないよう、協力をお願いするのはどうかと提案します。

協力者確保

芙美の提案を聞いた皇太子が賛成すると、さっそくシェルメロが部屋を訪ねてきました。

皇太子がいることに驚くシェルメロですが、どうやって古代魔道具がアイリーンの手に渡ったのか調査するのかと聞かれると、そのつもりだと答えます。

 

芙美はシェルメロに、その情報は自分たちがすでに持っているが、大きな事件が関係しているため話せなかったと伝えます。

そして協力を約束してくれるのなら、情報を渡すと交渉してみました。

急な展開にシェルメロは戸惑いますが、ふたりが危険な目に合って欲しくない気持ちは本心だと微笑み、協力を約束してくれました。

探していた男

予想通りスムーズに味方になってくれたシェルメロは、皇太子の話を聞き、捕らえた男に会いに行きたいと目を輝かせます。

会いに行く日時まで決めてしまい、芙美はそのスピード感が気になりますが、皇太子は芙美に男と会わせたくない気持ちがありました。

 

芙美はあまり気にしていませんでしたが、皇太子は芙美のことを傷つけようとした人物と、芙美を対面させたくないと言います。

皇太子の言葉に配慮の気持ちを汲み取り、通信具を持っていくことを約束させ、芙美は二人を送り出しました。

 

捕らえられた男は、皇太子を見るなり、忘れられたのかと思ったと言います。

反省の様子を全く感じさせない態度の男でしたが、シェルメロが現れると表情が一変しました。

男の顔を見たシェルメロは、まさに自分が探していた人物だと微笑みます。

悪女の定義125話感想

皇太子を守るため味方につけようと考えた人物は、マスターシェルメロでした。

シェルメロと一緒に、犯人の男に会いに行きます!

 

頼りになる人は、思ったよりも身近な存在でしたね!

西部地域の緑化事業で出来た人脈が、ここまでふたりを支えてくれるとは思いませんでした。

 

シェルメロが探していた男が、皇后事件の犯人の男と言うのは、偶然ではないでしょう。

この男をたどって行けば、皇后が事件を依頼した記録や、当時の決定的な証拠となる古代魔道具が出てきそうです!

そうすればただ皇太子に有利ではなく、魔塔にとっても有益になるので良いなと思います!

 

芙美を心配する皇太子は、少し過保護なところがありますが、好きな人が命を狙われている状況では仕方ないでしょう。

なんとか物事をスムーズに進め、芙美から皇后を引き離したい気持ちが強く伝わってきますね!

返事はまだですが、ふたりの互いを尊重し想い合っている姿は癒されました!

悪女の定義ネタバレ125話最新話と感想!シェルメロが味方にまとめ

今回は、「悪女の定義」125話のネタバレと感想を紹介しました!

犯人の男の元へ向かう皇太子とシェルメロ。

魔塔にとっても重要人物だったこの男の正体は何なのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!