悪女の定義

悪女の定義ネタバレ128話最新話と感想!皇后を告発

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」128話のネタバレと感想をまとめてみました!

鉄船事業をすすめる芙美。

その傍ら、皇室は大変なことになっています!

悪女の定義128話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ128話最新話と感想!皇后を告発

穏やかな日々

皇太子が裁判に向けて準備を進める一方、芙美は穏やかな数日間を過ごしていました。

鉄船開発事業に集中することが出来たため、話はどんどん進んでいきます。

 

芙美は船に関する知識をあまり持っていませんでしたが、使えそうな前世の知識を提供し、仕事がスムーズに進むよう気を配っているだけで役割は果たせました。

優秀な人材が集まったおかげで、芙美が特別なことをしなくても良かったのです。

ついに告発

ある日会議が終わると、慌てた様子でエディスが待っていました。

皇太子がついに皇后を告発したと報告を受けます。

話によると、思ったよりも大胆な方法でしたようで、高位貴族や皇帝がいる場を選び、弁解の余地を残さず告発したようです。

第7皇子が命を落とした背景に皇后がいるという皇太子の主張に、聞いていた貴族たちはつい反発しました。

しかし証拠があると睨み、元々が不可解な事件だったと返すと、人々は唖然とした様子で黙り込みます。

 

貴族だけでなく皇帝がいる場で告発した理由は、確実に裁判に繋げるためでした。

この事件を明らかにすることを望まない人が多いため、皇帝が裁判を開くことを決定しないことには、話が流れてしまう可能性があったのです。

当時ショックを受けたこの事件を有耶無耶にすべきではないと進言すると、皇帝は頭を抱えつつも、その言葉に同意しました。

皇太子の告発が事実とは異なっていれば、それも裁判で明らかになるだろうと言う皇帝の言葉に、逆らえる人は誰もいません。

裁判開始

多くの国民は混乱し、皇太子を避難する声も聞こえましたが、裁判前に容易に連絡をとることは出来ませんでした。

裁判当日を迎えても、実の母を告発した皇太子への避難の声が飛び交います。

皇帝が場を収め、皇后に認めるかと聞きますが、皇后はきっぱりと否認しました。

 

皇太子は証人として、犯人の男を連れてきます。

自分が手をかけたことを認め、皇后から指示されたことだと供述しますが、皇后は男を見たこともないと否定します。

取り乱す皇后を見た男は、もう何もかも終わりだと笑い、正直に吐けばいいと言いました。

 

皇后を侮辱した男の口を魔法で塞ぎ、第2の証人として現れたのはシェルメロです。

証人は沢山いると言う皇太子を、皇后は怒りを込めた目で見つめます。

悪女の定義128話感想

芙美は鉄船開発事業を進めます。

皇太子はいよいよ皇后の罪を暴く裁判を始めました!

 

皇室の状況は大変なことになっていますが、芙美は船の事業をすすめています。

事件があったからと言って時間が止まらないのがリアルですね。

早く船が完成し、皇太子と一緒に見学する未来があるといいです!

 

皇太子はようやく皇后を告発しました。

良い思い出がないとはいえ、母親を告発するのは辛いものがあったでしょう!

葛藤しながらも自分の身も守る準備もしなくてはならず、皇太子の心労はものすごいと思います。

 

犯人の男とシェルメロ以外にも証人を用意しているみたいですが、誰のことでしょうか。

これまでわがままを貫き通してきた皇后なので、恨みを抱えている人も少なくなさそうです。

追い詰められた皇后が、どんな顔で罪を認めるのか楽しみですね!

悪女の定義ネタバレ128話最新話と感想!皇后を告発まとめ

今回は、「悪女の定義」128話のネタバレと感想を紹介しました!

準備を整え、皇后を告発した皇太子。

皇后がどう裁かれ、どんな罰を受けるのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!