サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

悪女の定義

悪女の定義ネタバレ144話最新話と感想!誘拐事件の背景

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」144話のネタバレと感想をまとめてみました!

事件の裏にいたのは、想像通りの顔ぶれでした。

重大な罪を犯した彼らは、全員が命を落とす結果になります。

悪女の定義144話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ144話最新話と感想!誘拐事件の背景

全員が死刑

別荘が鎮圧されると、召使いたちは一人残らずその場で命を奪われました。

アイリーンとセシリア、セオフェル伯爵だけが生け捕りとなり、彼らの審問を通して事件の顛末は明らかになります。

芙美の予想通り、事件は新興貴族のセオフェル、ノリエン、ロリス三家が計画したもので、マルケル侯爵が資金援助をしていました。

 

マルケル侯爵は新たなレジーナ競合を望んでおり、芙美の命を奪おうとしたのです。

誘い込まれたアイリーンがさらにセシリアを誘い込み、今回の誘拐事件が起きたということがわかりました。

その代償で彼らは勿論、彼らの跡継ぎまでもが全員死刑を言い渡されます。

 

処刑日には広場で国民たちから罵られ、中には石などを投げつける者もいましたが、警備隊はそれを制止しませんでした。

アイリーンは石が頭に当たり、ものすごい形相で処刑台に上がりましたが、最後まで反省していたかはわかりません。

隠されていたこと

数日後ようやく落ち着いた芙美は、皇太子にどうして別荘に誘拐されていることが分かったのかと尋ねます。

気まずそうな皇太子は目を逸らし、怒らないと約束するなら話すと言いました。

 

一体何事かと聞くと、通信具に細工をしていたのだと答えます。

驚いた芙美がどうやったのかと聞こうとしたとき、エスターがお茶を運んできてくれました。

皇太子はエスターにそこに座るよう命じると、エスターはやっと話すのかと笑います。

 

何が起こっているのかわからず慌てる芙美は、侍女の中に密偵がいると疑っていただろうと言われ、エスターが密偵だったことに気が付きました。

どうしてそんなことをしたのかと怒る芙美に、皇太子は通信具を持ち込んだのと同じ理由だと答えます。

お互い様

エスターは落ち着いており、芙美がブレスレットを他のアクセサリーとは別に管理していたことが気になったのだと話し始めます。

調査し非常用の通信具であることがわかると、皇太子が自分の元へ連絡が届くように細工したのでした。

 

もう何も信じられないと言う芙美に、エスターは以前から芙美の味方だったと打ち明けます。

救貧祭の時に不利な条件でも諦めない芙美を見て心を動かされ、皇太子に願い出て密偵を辞めていたのでした。

驚きの事実を知った芙美は、怒ればいいのか喜ぶべきか迷いましたが、通信具を内緒で持ち込んでいた負い目もあり、今回だけは許すと伝えます。

 

もう隠し事はしないと約束したとき、慌てて召使いが部屋に入ってきました。

何事かと聞くと召使いは、皇后が亡くなったと告げます。

悪女の定義144話感想

誘拐事件に携わっていた人物は全員が処刑されることになりました!

またエスターが密偵だったことが明らかにされます!

 

予想通り事件の裏にいたのは、芙美に不満を抱いていた人々でしたね。

誰も違和感がなく、むしろ全員ひとまとめにして処刑できたので良かったかもしれません!

アイリーンは最後の最後までなにも理解できておらず、むなしい人生だったなと思いました。

 

そしてエスターはなんと密偵でした!

悪意のある密偵ではなかったためバレなかったのでしょう。

皇太子とエスターの関係は気になりますが、厄介ごとではなさそうだったので良かったです!

 

敵はほぼいなくなったと言って良い状況になったと思ったら、最後の敵である皇后が亡くなりました。

自ら命を絶ったのか、ストレスかわかりませんが、悪いことをしていた人々はみなろくな最期を迎えないことがわかりました。

教訓にしようと思います。

悪女の定義ネタバレ144話最新話と感想!誘拐事件の背景まとめ

今回は、「悪女の定義」144話のネタバレと感想を紹介しました!

敵はすべていなくなった芙美。

結婚し幸せな結末を迎えることが出来るのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!