悪女の定義

悪女の定義ネタバレ30話最新話と感想!関係変化の兆し

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」30話のネタバレと感想をまとめてみました!

緑化事業が決定し、芙美に感謝する皇太子。

距離が縮まったように感じますが、そこにアイリーンが現れます。

悪女の定義30話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ30話最新話と感想!関係変化の兆し

皇太子との食事

芙美は恒例の皇太子とのディナーをとっていました。

馬車の時とは打って変わり、愛想も表情もありません。

 

からかいすぎて気を損ねたのかと思い顔を伺うと、ふと目が合い、皇太子がお礼を伝えたいと言います。

芙美の提案通り樹木を調べたところ良い結果が出たため、干ばつ問題が解決しそうだと、笑顔で説明しました。

芙美はそれを聞いて、結果的に皇太子を助けてしまったことに複雑な気持ちになります。

少しの変化

そんな芙美の表情を見た皇太子は、国民のために知恵を分けてくれたことにただ感謝を伝えたいだけだと言います。

その言葉を聞き、シンプルにお礼を言われているだけなのだと気がつきました。

思いついたことを話しただけだと返すと、これまで見た事もない優しい表情で微笑まれドギマギしてしまいます。

 

皇太子は、お礼にエトゥスは好きな所を選んでいいと言いました。

ラブエルがオススメしていた水晶宮も気になりますが、芙美は干ばつ問題で苦しむ西部地域へ行きたいと答えます。

日程を最小限にし、市民に混ざって暮らしてみたいと申し出ると、皇太子は驚きながらも承諾しました。

エスコート

ディナーが終わり席を立つと、皇太子が手を差し伸べてきました

レジーナ宮の方へ向かう様子に、まさか送ろうとしているのかと芙美は驚きます。

エスコートされていると、偶然アイリーンと遭遇しました。

 

2人の様子に少し驚きながらも、アイリーンは表情を戻し、皇太子との食事は義務だと言ってエスコートされている芙美を牽制します。

それに対し芙美は、黙って皇太子へ寄り添いにっこり微笑みます。

 

アイリーンは、以前皇太子が頭痛に悩まされていたことを心配し、頭痛に効く茶葉を手にしたので今から部屋でお茶でもしないかと誘いました。

ここで置いていかれてしまうと、芙美は周りからとても惨めな視線を向けられてしまいます。

しかし皇太子は一応彼氏なので、断るはずがありません。

芙美はこの状況にしてやられたと感じます。

悪女の定義30話感想

皇太子と芙美の雰囲気が少し良くなりました!

 

緑化事業に的確な助言したという理由だけかもしれませんが、前回の食事に比べて非常に雰囲気が柔らかくなったように感じます。

常に人を見下し、悪意のある言動しかしなかった皇太子とは別人のようです!

第五皇子のことを考えると、皇太子との仲が良くなるのは嬉しくないのですが、悪化するよりはマシかもしれません。

 

そんな態度の急変にドギマギしながらも、芯のある受け答えをする芙美は立派でしたね。

水晶宮も素晴らしいところなのでしょうが、ここで西部地域に行きたいという発言は、人としても皇后候補としても満点だったと思います!

ここまで頭が良く計算もできる芙美が、なぜ前世では浮気をするような彼氏と性格の悪い友人しかいなかったのか、不思議で仕方ありません。

 

芙美とアイリーンの関係もいよいよバチバチになってきて、女の戦い感が強くなってきました!

皇太子はアイリーンについていくのか、シャルティアナを送り届けるのか、どちらの展開になるのか気になります!

悪女の定義ネタバレ30話最新話と感想!関係変化の兆しまとめ

今回は、「悪女の定義」30話のネタバレと感想を紹介しました!

緑化事業を経て距離が縮まった芙美と皇太子。

それを阻止しようとするアイリーンの行動に、皇太子はどう出るのでしょうか。

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!