悪女の定義

悪女の定義ネタバレ34話最新話と感想!完全勝利

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」34話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリーンから売られた喧嘩を買った芙美。

エトゥス目前で、2人のレジーナの関係はどうなるのでしょうか。

悪女の定義34話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ34話最新話と感想!完全勝利

お茶会

芙美の一言で険悪な雰囲気になったお茶会ですが、アイリーンはまるでご褒美を頂けたようだと返し落ち着いています。

それに対し芙美は、水晶宮はこれから飽きるほど行くことになる場所だから、エトゥス後に感想を聞かせて欲しいと言いました。

皇后になるのは自分だと決まったかのような発言に、流石のアイリーンも表情が強ばります。

 

セシリアはそれを聞き、そんな発言をして大丈夫なのかとエディスに耳打ちしました。

エディスは余裕の表情で問題ないと返し、成行きを見守ります。

協力してね

アイリーンはシャルティアナに対し、民を思う皇后になる未来を確信したのですねと言います。

芙美はその発言から、皇后になる資格が自分にあると思っているのかと聞かれたように感じました。

自分に資格があるとは思いませんが、アイリーンにもあるとは思いません。

 

芙美は、自分はカイロン家のシャルティアナなのだから、それだけで理由は充分だろうと返します。

そしてアイリーンが以前皇后に興味が無いと言っていたことを持ち出し、協力して欲しいと伝えて席をたちます。

 

アイリーンは完璧な善人の仮面を被らなくてはなりませんが、シャルティアナは悪女で通っていたのでその必要はありません。

芙美はその点で有利だと考えているのでした。

ホームシック作戦

部屋に戻った芙美は寝室にこもります。

ばあやが心配して訪ねると、体調が悪いと答えました。

そんな嘘はばあやには通じません。

 

エディスも呼び、貴族の支持を集めるために作戦を実行することを伝えます。

その作戦とは、アイリーンのエトゥス中に家に帰ることでした。

どのように支持を集めるかは説明しませんでしたが、2人に協力を頼みます。

 

2人の協力のもと、無事具合が悪く寝込んでいる噂を流すことに成功しました。

エスターを呼び、自宅で療養したいと皇太子に伝えてとお願いします。

しかし伝えに行ったエスターはなかなか帰ってきませんでした。

悪女の定義34話感想

アイリーンから急に挑まれたバトルは、芙美の完全勝利に終わりました!

 

アイリーンも芙美も動じず、鋭い言葉を投げ合う様子は、非常にピリピリしていましたね。

こんなお茶会、絶対に参加したくありません。

 

芙美の言う通り、アイリーンは完璧な善人のイメージを貫かなくてはなりません。

むしろパーティーでの一件から、今までよりも善人のイメージを周りにアピールすることが大切になってきます。

その状態で芙美と戦うのはハンデが大きすぎるでしょう。

状況は芙美にとって有利なものになってきているように感じました!

 

また、アイリーンは本当に皇后の座に興味がないのでしょうか。

芙美よりも執着しているように見えますが、彼女は何を望んでいるのでしょう。

思惑が絡まり合ってドロドロしており、本当に昼ドラのようです!

 

物語が進むにつれて、2人の間のわだかまりは大きくなる一方ですね。

また、芙美はアイリーンのエトゥス中にも何か企んでいるようです。

お互いがエトゥスでどのような行動に出るのか気になります!

悪女の定義ネタバレ34話最新話と感想!完全勝利まとめ

今回は、「悪女の定義」34話のネタバレと感想を紹介しました!

アイリーンとのバトルで勝った芙美は、次の行動に移ります。

一体何をしようとしているのか、貴族の支持を集めることはできるのか、今後の展開が楽しみです!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!