悪女の定義

悪女の定義ネタバレ37話最新話と感想!重すぎるレジーナ争い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」37話のネタバレと感想をまとめてみました!

カイロン家の過去を知り驚く芙美。

しかし事態はさらに複雑なようです。

悪女の定義37話のネタバレと感想を紹介します!

悪女の定義ネタバレ37話最新話と感想!重すぎるレジーナ争い

カイロン家と皇太子の関係

カイロン家の支持が第七皇子に移った結果、皇帝は後継者を第七皇子に変更しました。

しかし不幸な水の事故が起こり、初めの予定通り、現在の皇太子が即位することになったそうです。

そのことがあってから、皇太子はカイロン家を冷遇しているのでした。

 

予想よりも複雑で重い事情を知った芙美の表情は暗くなります。

父はこれまで自分のしたことを後悔したことはありませんでした。

 

しかし、皇太子のシャルティアナへの冷たい態度を見て、初めて後悔したのだと言います。

申し訳なさそうな父に、芙美は自分も父が正しかったと思うと伝え慰めました。

皇太子の変化

芙美は少しでも父を励ますため、最近の皇太子は少し変わったようだと言います。

すると父は、緑化事業は本当にシャルティアナの提案なのかと聞きました。

 

知られているとは思わず、芙美はたじろぎます。

父は国会で皇太子がそう言ったのだと伝え、官僚ら偉い人々が大勢いる前で褒めるということは、皇后の素質を認めたことと同じだと言いました。

 

皇太子が本当に変わったのかはわかりませんが、もしそうであれば、人の意見を取り入れないという皇太子の唯一の欠点がなくなってきていることを示します。

その変化のきっかけはシャルティアナかもしれないという父に、そんなことはないと返す芙美ですが、父は本気でそう考えているのでした。

二大勢力について

芙美にはもう一つ気になっていることがあります。

それはラブエルが言っていた、シャルティアナがカイロン家である事の問題についてです。

 

父はそれを聞き、皇帝派と貴族派の二大勢力のバランスが崩れてきていることを話します。

間近5代全ての皇后が皇帝派から出ていることが示すように、貴族派の勢力が弱くなってきているのでした。

 

その状況で、皇帝派のトップであるカイロン家の令嬢シャルティアナが無下に扱われていることは、他の貴族からすれば革命を起こせそうだと考える者もいるそうです。

実際ステナ家を中心に新興勢力が広がっているのだと、父は説明してくれました。

 

丁度そこで父のサポート役であるミハイルから通信が来ました。

怖いという噂通りに父に仕事を迫るミハイルから逃げるように、芙美は部屋を出ます。

 

自室に戻りながら、皇太子はレジーナ争いを利用し、自分を裏切ったカイロン家を潰そうとしているのだろうと考えます。

しかし皇太子が時折見せる優しさも頭にちらつき、混乱した芙美は部屋に戻るなり眠ってしまいました。

悪女の定義37話感想

カイロン家と皇太子の間にある複雑な事情が明らかになりました!

 

カイロン家が支持を変えたことで皇帝の意見も変わってしまったことが恐ろしいですね。

不幸な水の事故さえなければ、今の皇太子は皇太子ではなかったことになります。

それは確かにカイロン家を嫌いにもなるでしょう!

 

しかし全体の勢力を覆そうとしている可能性もあることには驚きました。

そのようなことが起これば、他の皇帝派が黙っていないような気もしますが、事はとても複雑で厄介なようです。

好きな人と結ばれる、といった単純な恋愛物語からはいつの間にかかけ離れてしまいました!

 

この事実を知ることが出来ただけでも、帰省した価値はあったように思います。

後はゆっくり休んで、あたたかい実家を満喫してほしいです!

悪女の定義ネタバレ37話最新話と感想!重すぎるレジーナ争いまとめ

今回は、「悪女の定義」37話のネタバレと感想を紹介しました!

思ったよりも大変な時代の大変なポジションに転生してしまった芙美は、どのような人生を送るのでしょうか。

国全体を巻き込むレジーナ争いがどう進んでいくのか、今後の展開が楽しみです!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!