悪女の定義

悪女の定義ネタバレ38話最新話と感想!カイラードのお見舞い

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」38話のネタバレと感想をまとめてみました!

予想よりも複雑な事情に疲れてしまい、休憩する芙美。

目が覚めると、カイラードから見舞いの手紙が届いていました。

悪女の定義38話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ38話最新話と感想!カイラードのお見舞い

招待状の山

眠って頭を休めた芙美が目を覚ますと、随分時間が経っていました。

後回しにしていた招待状の山に目を通さなくてはいけません。

物凄い量の手紙に手をつけようとした時、ばあやが一通の手紙を持ってきます。

 

それは宮廷からのものでした。

皇太子から戻るようにという手紙かと思い一瞬焦りますが、差出人は第五皇子でした。

体調を崩したと聞いたので見舞いに行きたい、というカイラードらしい簡潔な手紙に、芙美は微笑ましさを感じます。

 

パーティーの1件からカイラードと関わることを警戒するばあやですが、断ることも出来ません。

明日はどうかと言う芙美に、準備があるから無理だと答えるばあやですが、芙美は明日と書いて手紙を返します。

お見舞い

その翌日、本当にカイラードが見舞いに訪れました。

準備が出来ないと言っていたにもかかわらず、テーブルはばあやが用意したスイーツで溢れています。

 

体調はどうかと聞くカイラードに、ただの郷愁病だから大丈夫だと答え、心の弱さを見せてしまい恥ずかしいと言います。

それを聞いたカイラードは、シャルティアナのことを強い人だと言い、誰でも常に気を張ることは出来ないと慰めてくれました。

気持ちは嬉しいですが、仮病なため心が痛みます。

 

カイラードにも心が弱くなる時があるのかと聞くと、いつもそうだと一言答えて黙ってしまいました。

話したくないのだろうと察した芙美は、本題に入ります。

カイラードの目的

芙美はカイラードに頼みたいことがありました。

体調が良くなったので、そろそろパーティーに顔を出そうと思っていると伝えます。

 

するとカイラードは、芙美が頼むより先に、良ければ自分にエスコートさせて欲しいと言ってくれました。

その反応に芙美は微笑みます。

 

これで芙美からする話は終わったので、カイラードにも要件があったのではと話を振ります。

するとカイラードは、パーティーの1件があったにも関わらず、自分とまた一緒に行ってくれるのかと言いました。

 

その言葉を聞き、芙美は混乱します。

気にしていたのなら、なぜ今日堂々と見舞いに来たのか、その意図がわかりません。

どんな返答を求められているのかわからず、黙ってしまいます。

悪女の定義38話感想

久しぶりの第五皇子の登場でした!

 

ばあやの仕事の出来具合はすごかったですね。

芙美はパーティーに参加するためにエスコートを早く頼みたかったのはわかりますが、カイラードもよく翌日に来ることが出来ました。

 

2人の空気は穏やかで、カイラードはシャルティアナに特別な感情があるように思います。

芙美がお願いする前に意図を汲み取って自分から申し出る姿が、カイラードらしくてかっこよかったです!

 

しかし彼は時々暗いような、何か言えない事情があるような態度を見せますね。

カイロン家と皇太子の間の複雑な事情を知ったばかりなので、カイラードともなにか複雑な事情があるのではないかと心配になります。

もう少し考えを伝え、芙美を安心させて強い味方になってほしいです!

悪女の定義ネタバレ38話最新話と感想!カイラードのお見舞い

今回は、「悪女の定義」38話のネタバレと感想を紹介しました!

体調不良のうわさを聞き、カイラードがお見舞いに来てくれました。

しかし彼の意図が何なのかわからず、芙美は混乱してしまいます。

帰省期間中に貴族たちからの支持を集める作戦はうまく行くのか、展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!