悪女の定義

悪女の定義ネタバレ52話最新話と感想!アジト内部

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

バカップル作戦で奴隷商人のアジトへ案内させることに成功した芙美と皇太子。

そこで見た光景に、芙美は計画を成功させることを強く誓います。

悪女の定義52話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ52話最新話と感想!アジト内部

アジトへ向かう

アジトへ向かう馬車の中、2人は先程の自分の言動にダメージを受けて後悔していました。

皇太子は芙美に、演技が手馴れていたが経験があるのかと聞きます。

それに対し芙美が自分こそどうなのかと返すと、皇太子はあんな恥ずかしい真似をした事があるわけないと答えました。

 

恥ずかしさから逃げるように言い合いを続ける二人ですが、マイハニーやダーリンという言葉が口から出る度に記憶が蘇り、ダメージが大きくなっていきます。

アジトへ着くことには自然とこの話はやめることにしました。

アジトの中は

たどり着いた奴隷商人のアジトは、広い土地にぽつんと建てられた普通の建物でした。

しかし中に入ると、そこには奴隷として連れてこられた人々が檻に詰め込まれています。

辛そうな人々を見て、芙美は地獄よりもおぞましいと思いました。

 

商人の頬を殴り責め立てたい気持ちをぐっと抑え、こんなにみすぼらしいものを自分に売りつけるのかと怒り文句を言います。

他の人には良い奴隷を売るくせにとケチをつけ、責任者を呼び立てました。

 

バカップル具合といい、頭のおかしい客だと思った商人は、すぐに責任者を呼びに行きます。

事務室潜入

デヴァンスと名乗る責任者が現れ無礼を謝ると、事務室でもてなすと言われました。

事務室なら目的の取引帳簿があるかもしれず、二人はでヴァンスについていきます。

 

事務室へ向かう途中で金塊を持ってきたコーゲンと合流しました。

芙美がこっそり金塊の状態を確認すると、並の探知機なら大丈夫だが確実ではないと答えます。

 

皇太子は芙美に怪我はさせないと言い、護衛隊も外に待機しているようですが、部屋中に荒々しい男の気配を感じます。

護衛隊はせいぜい10名程度しかいないので、なにかが起これば無事に帰ることが出来ないのは確かでした。

コーゲンも皇太子も口では大丈夫と言いますが、その表情は緊張で固まっています。

 

不安が募る中、ついに事務室へ入ります。

奴隷を連れてくる間に金塊の確認がしたいと言われ、デヴァンスが探知機を手にしました。

金塊のチェックを始めようとするのを、芙美は不安な表情で見つめます。

悪女の定義52話感想

ようやくアジト、そして事務室へ潜入することができました!

アジトには男女問わず沢山の奴隷が収容されていました。

ロニーの姉が連れ去られたことから、勝手に女性の奴隷だけだと思っていたので驚きです。

 

現世から来て奴隷に馴染みのない芙美は、相当ショックだったのでしょう。

妄想のシーンでは本当に殴ってしまったのかと焦りました!

 

馬車での和み具合から一変、後半は暗い表情が多かったですね。

商人も勿論悪いですが、買う客がいるから商売が成り立つので、やはり裏で動いている貴族たちを捕まえなくてはなりません。

 

これまでとは比にならない危ない計画にひやひやします!

探知機の精度は頼りなく、護衛隊も十分ではないまま敵の懐に潜り込んでしまいましたが、なんとか証拠を見つけて無事に帰ってきて欲しいです!

悪女の定義ネタバレ52話最新話と感想!アジト内部まとめ

今回は、「悪女の定義」52話のネタバレと感想を紹介しました!

アジトへ無事潜入した芙美と皇太子。

なんとかいちゃもんを付け責任者を呼び出しましたが、金塊が探知機に引っかかってしまってはすべてが水の泡です。

果たして無事に帰ることが出来るのか、予想外のエトゥスに展開が楽しみです!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!