悪女の定義

悪女の定義ネタバレ54話最新話と感想!なぜか不機嫌

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」54話のネタバレと感想をまとめてみました!

取引記録を手に入れるため、別部屋で時間を稼ぐ芙美。

無事に取引記録を手に入れることはできるのでしょうか。

悪女の定義54話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ54話最新話と感想!なぜか不機嫌

時間稼ぎ

皇太子とコーゲンが取引記録を見つけられるよう、芙美は時間を稼ぐ役割です。

皇太子の悪口や好みのタイプまでいろいろなことを話し、奴隷の条件を適当に並べて話を伸ばします。

金額にも文句をつけ、デヴァンスの表情に苛立ちが見える限界まで粘り、取引を成立させました。

 

二人が取引記録を見つけていることを願い部屋を出ますが、皇太子の表情は暗いです。

失敗かと思いコーゲンを見ると、笑顔で親指を立てていました。

計画は成功したようです。

 

探知機は壊し、記録の偽物を魔法で作り置いてきたので、しばらくはばれる心配はありません。

皇太子に計画が成功して良かったと言いますが、どこか不機嫌そうな態度を取られ、芙美にはよくわかりませんでした。

奴隷たちの今後

連れてきた奴隷たちは元気がなく、酷い状態でした。

彼らをどうするのかと皇太子に尋ねると、自らを売った罪を償わないといけないと答えます。

 

芙美が望むのなら解放しても良いとは言いますが、芙美は罰として労役を課すのはどうかと提案しました。

皇太子はそれに同意し、まじめに労働し稼いでいる人々と過ごせば感じるものもあるだろうと返します。

寛大かつ厳格な処置だと芙美は褒めますが、皇太子の反応は薄く、つれない態度です。

 

デヴァンスと部屋から出てから皇太子の様子がおかしい事から、芙美は会話が聞こえていた可能性に気が付きます。

ルウェンダーナの祝福

確かめるために芙美はコーゲンの部屋へ向かいます。

とても集中して作業をしていたようで、芙美が入って来たことにも気が付きませんでした。

取引記録を記した帳簿には強い魔法がかけられており、間違えると内容が消えてしまうそうで、集中して少しずつ魔法を解いていたのでした。

 

何の用かと聞くコーゲンに、自分がデヴァンスと話している間、盗聴のような魔法は使っていたかと聞きます。

そんな魔法は使っていないと答えるコーゲンは、必要だったのかと焦ります。

もし会話の証人がほしいのならば、皇太子へ聞いてみてほしいと言いました。

 

コーゲンの話によると、皇太子はルウェンダーナの祝福を受けたようです。

女神ルウェンダーナに選ばれた子供のみ、身体能力の強化や治癒能力を授かる儀式のことで、あの程度の壁であれば聞こえていたはずだと話します。

 

それを聞いた芙美は不機嫌な理由を確信し、真っ青になってしまいました。

悪女の定義54話感想

無事に取引記録を発見し持ち出すことに成功しました!

 

わがままシャルティアナを演じて時間を稼ぐ芙美の役割は大成功でしたね。

誰かが傷つくこともなく無事に帰ってこれたことが本当に良かったです!

あちらの世界はいろいろ大変そうですが、充実していて楽しそうだと思ってしまいました。

 

しかし会話が聞こえていた皇太子が何やら不機嫌な様子ですね。

作戦のためだと割り切れないところから、最初の頃の子供な皇太子を感じました。

不能扱いは辛いかもしれませんが、そもそもそのような関係になっていないので、適当に話していることくらいわかるはずです。

皇太子はプライドが高そうなので、厄介ですね。

 

これまでは皇太子に冷たい態度を取られてもツンとしていた芙美が、今回は慌てていることから、芙美の中での皇太子の立ち位置が変化したことを感じました。

些細な問題ですが、芙美の大きな目標は皇后になることなので、早めに皇太子と仲直りしてほしいです!

悪女の定義ネタバレ54話最新話と感想!なぜか不機嫌まとめ

今回は、「悪女の定義」54話のネタバレと感想を紹介しました!

取引手帳を手に入れ、無事に帰宅することが出来た芙美。

しかし皇太子を怒らせてしまったようです。

一難去ってまた一難、今後の展開も気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!