悪女の定義

悪女の定義ネタバレ55話最新話と感想!ふたりのモヤモヤ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」55話のネタバレと感想をまとめてみました!

取引を長引かせるために言った皇太子の悪口が聞かれていたことに気づき焦る芙美。

皇太子も気にしているようです。

悪女の定義55話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ55話最新話と感想!ふたりのモヤモヤ

ロールキャベツ男子

いよいよ奴隷商人たちのアジトへ攻め入る時が来ました。

皇太子は部下を集め、証拠があるから遠慮はいらないと言って鼓舞します。

突入部隊が向かおうとした時、数人を呼び止め、ロールキャベツ男子の意味がわかるかと聞きました。

しかし誰もわかりません。

 

その様子を遠くから見ていた芙美は、ルウェンダーナの祝福について考えていました。

皇太子は、自分が聞こえていたことを芙美が知っていることを知りませんし、作戦だとわかっているため責めることも出来ません。

 

難しい顔をしている芙美を見たコーゲンは、奴隷商人が皇太子の悪口を言っていたのかと聞いてきました。

それなら罰をと熱くなるコーゲンに本当のことは言えず、その場を離れます。

皇太子との関係

部屋へ向かう途中、チャンドラムに出会いました。

作戦は成功したのに元気がなさそうだと心配されますが、理由は話せません。

そんな芙美に対し、ダーリンやハニーと呼びあっていたことが恥ずかしいのかと冷やかします。

 

他の人に聞かれていたことを知り赤くなる芙美ですが、チャンドラムはあの作戦が出来たのも仲が良いからだと続けます。

皇太子にはアイリーンがいるため心配していたが、必要なかったと言いました。

皇太子は芙美を「大切にしている」と表現したチャンドラムの言葉が引っかかります。

 

確かに以前とは違い、弱った時は慰めてくれるまでの関係になったことを考えると、今の状況もそこまで悲観しなくて良いかもしれないと思いました。

明日の予定は

部屋に戻った芙美は、これまでの疲れからベッドに横になりました。

チャンドラムが思っているような、皇太子が自分に恋愛感情を持っている可能性はないだろうと考えます。

また前世の終わり方を思い出し、恋愛ごとはお断りだと思いました。

 

そのまま眠ってしまい、夕飯の席でも疲れた様子の芙美を見て、皇太子は明日予定していた海岸宮はやめようと言います。

それに同意した芙美は、明日は何もしない日にしようと提案しました。

 

時間の浪費だと驚く皇太子に、何もしないで一日を過ごしたことがないのかと芙美も驚きます。

皇太子は、怠惰は罪だと言いますが、休養のために来たのだからと芙美に返され、渋々承諾しました。

 

なにもしないことの楽しさを教えてあげようと芙美は意気込みます。

悪女の定義55話感想

部隊も突入し、奴隷問題は解決に向かっていますが、芙美と皇太子はモヤモヤしているようです!

 

突入部隊が向かおうとしているのに、皇太子の頭の中は芙美から言われた悪口でいっぱいな様子でしたね。

ロールキャベツ男子になりたいのでしょうか。

出発直前に呼び止められた部下たちが少し可哀想でした。

 

皇太子もですが、このエトゥスで心境が大きく変化したのは芙美の方だと思います。

これまでなら気にもしなかったはずなのに、芙美の頭の中も皇太子のことでいっぱいです!

 

第5皇子はもう影もありませんね。

前世では嫌な目にあっているので、どちらと結ばれようと幸せになれるならそれでいいです!

皇太子は性格に難アリですが、チャンドラムの言う通りお似合いだとも思います。

皇太子にどう思われているかより、皇太子をどう思っているかをはっきりさせて欲しいです!

悪女の定義ネタバレ55話最新話と感想!ふたりのモヤモヤまとめ

今回は、「悪女の定義」55話のネタバレと感想を紹介しました!

互いの言動にモヤモヤするふたりは恋人のようです。

奴隷問題も落ち着き、ようやく本格的に休む時間が出来ました。

何もしない楽しさをどう教えるのか、芙美の計画が楽しみです!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!