悪女の定義

悪女の定義ネタバレ73話最新話と感想!進む計画

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」73話のネタバレと感想をまとめてみました!

着々と穀倉管理のための計画を進める芙美。

疲れもたまり、甘いものに目がありません!

悪女の定義73話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ73話最新話と感想!進む計画

疲れには甘いもの

エディスがたくさんのお菓子を用意してくれました。

華やかなアフタヌーンに芙美は興奮し手が止まりません。

 

昼食もかなりの量を食べたのに大丈夫かと心配するエディスに、午前中働いたのだからデザートは別腹だと返します。

初めて聞く言葉にエディスは引き気味です。

こんなに美しいのだから太っても醜くならないと言う芙美に、すっかり呆れるエディスでした。

皇太子からの通信

楽しく食べていると、皇太子から通信が入ります。

要件は何かと聞くと、先日芙美が提案したトウモロコシを植える話を進めることにしたと報告されました。

 

もっと具体的な報告かと思った芙美は、わざわざ良いのにと思います。

皇太子から食べかすがついていると指摘され、顔を真っ赤にしました。

 

話を変え、奴隷取引をしていた貴族の財産を、西穀倉の救貧事業に充てるのはどうかと提案してみます。

奴隷取引の1番の被害者は西の住民だと言うと、皇太子は二つ返事で承諾してくれました。

 

そしてこのことは南穀倉に伝える必要は無いはずだと言うと、芙美の抜かり無さに皇太子は流石だと言いました。

楽しみだと言われ、芙美は期待して良いと返します。

 

ふと外をみると、そろそろ秋が迫ってきています。

落ち着いたら紅葉狩りに行こうと誘われ、芙美は軽い気持ちで行くと答えました。

魔塔との交渉

カイロン公子が訪れます。

シュークリームを持ってきてくれましたが、ゆっくり食べている暇はなさそうです。

今すぐ魔塔との会議を始めると言われ、芙美は驚きました。

 

兄が魔塔と取引について話した時、反応は良かったのですが、最終的にどうするかは芙美と話してから決めると言われました。

そのことを伝えるために今日向かう途中で通信が入り、本日会議を行いたいと言われたのです。

 

急すぎて無礼だと返したカイロン公子ですが、こちらがお願いする身であるため受け入れました。

結論が早く出た方が良い事もあり、今から30分後に会議を行うことになったのです。

 

急いで資料に目を通しているうちに30分が経ちます。

通信が繋がり、会議が始まりました。

にこやかに挨拶をする芙美は、心の中で絶対に成功させると意気込みます。

悪女の定義73話感想

いよいよ魔塔との交渉が始まります!

芙美はいろいろと困難続きでストレスが溜まっているようですね。

 

甘いものをたくさん食べて幸せそうです。

ストレス発散をしながら頑張ってほしいです!

 

あまり用もなさそうなのに通信をかけてきた皇太子は、芙美と話したかっただけなのでしょう。

わざわざ自分が通信機を渡しに来たのも、これで会えなくても会話が出来ると思っていたのかもしれません!

 

画面越しに仲良く話しながらティータイムを過ごすなんて、現代とやっていることが似ていますね。

芙美の提案を即決してくれたのは安心しました!

 

魔塔との交渉はうまくいくか心配です!

一見穏やかそうな、頭のよさそうなおじさまは、芙美に協力してくれるでしょうか。

兄もいるので心強いですが、芙美次第らしいのでうまくいくことを願います!

悪女の定義ネタバレ73話最新話と感想!進む計画まとめ

今回は、「悪女の定義」73話のネタバレと感想を紹介しました!

急に魔塔との会議が始まりました。

ここの協力を得られなくては、南穀倉との取引が出来ません。

うまく交渉することが出来るか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!